月刊 こがっぱ通信 旧 “こがっぱ観察記” 続編


旧【こがっぱ観察記】で、わが子ながら極めて面妖に思えて仕方ない『こがっぱ』に親しくしてくださった皆さん、御無沙汰いたしておりました。一部の方の強力なリクエストにお応えして、新たにこがっぱ本人が“日本語”でつづるブログとして再スタートさせていただきます。どうかこの不思議な生き物と、慣れ親しんでくださいませ。また初めてこちらへお越しいただいた方のために、以前のプロフィールも下に残しておきます。あらためまして、ヨロシクお願いいたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私はDr.MANA。パリ在住の日本人皮膚科専門医です。こちらのブログでは、パリのど真ん中、セーヌ河にほど近い古いアパルトマンに棲息している珍しい子河童の生態を観察し、報告していこうと思います。彼の名前は『kei』。人になぞらえるなら、性別は男。男3人兄弟の末っ子としてこの世に誕生し、2009年1月現在14歳。パリっ子としてすくすく小粋に育つ予定だったのに、若干11歳の時点で毎週土曜日に欠かさず碁会所に通うほどの老成ぶり。気づけば日ごとに面妖な行動を見せるようになり、本人も自分のことを河童であると信じている様子。人生の90%以上をパリで過ごしているというのに、いったいどうして河童……? 私、河童を生んだ覚えはないんですけど……。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Dr.MANA公式ホームページ『南仏通信
パリ発 Dr.MANAの公式ブログ『はだぢから開発室・分室

いかっぱ♪☆

ikappa.jpg

こがっぱの幼少時。
年子の3番目ということで、
その成長の過程はに包まれています。

いつ寝返りして、いつはいはいして、
いつあんよができたのか、
親族誰にも、記録も記憶もされず。。。

いつの間にかしゃべりはじめ、
そのうちにおむつもとれ、、、
こざる”や“ピテカントロプス”、
武士の嫁”の時代を経て、
気がつけば河童ラブの面妖なじぃさんに成長、、、
というか老化しておりました。

そして、冒頭の写真です。

なぜこがっぱだけ
こんなふうにフードをかぶってるのか、
やっぱりそれもに包まれてるのですが、
うん、なんだかイカっぽいというか、
もっとそっくりな何か、、、に似ている。

(゚0゚) はっ!
これだわ。これに間違いない。

呼子。。。

ゲゲゲの鬼太郎にでてくる呼子は
“こだま”や“やまびこ”の仲間です。

そういえば、、、こがっぱの特徴といえる
何たべるぅ、、、何たべるぅ、、、何たべるぅ
どこいくぅ、、、どこいくぅ、、、どこいくぅ
という繰り返し。
これは、まさしく“こだま”。
その源流はここにあったのね。
<(`^´)>

またひとつ、
が解き明かされた?こがっぱでした。

日記 | 投稿者 dr.mana 14:07 | コメント(8)| トラックバック(0)

ダブル『奥の院』☆

sotoshime.jpg
普段は固く閉じられている扉。

こがっぱの『大江戸神社仏閣探訪+
じぃさんばぁさん商店街巡りの旅2008
』、
締めくくりは成田山の奥の院です。
7月7日から9日(今年はその前の週末も含む)のみの
御開帳に、幸運にも日程が重なったこがっぱ。
待ち合わせの駅を危惧した通りに
ちゃんと乗り越していったこがっぱを
なんとか連れ戻してご案内していただいた
TJさんのおかげで、拝観することができました。

sando.jpg
立派な参道に導かれるこがっぱ。

sotoaki.jpg
聖なる洞窟の入り口。

naibu.jpg
不動明王の本地仏、大日如来像が安置されているそうです。

mikoshi.jpg
祇園会の大神輿。

naritakame.jpg
たくさんの亀に喜ぶ?こがっぱ。



さて、そしてこちらはパリ・サンジェルマンの奥の院。
何かしらの気配を感じて
参道ともいえる渡り廊下からふと内部を覗きますと、、、

kooni01.jpg

なっなに、、、、!? (゚0゚)
こがっぱ”ならぬ“こおに”が
占拠しているではありませんか。

kooni02.jpg

よくよく見たら、お兄ちゃんのヘアディップで
髪をいたずらされた
こがっぱでした ( ̄▽ ̄)

同じ“奥の院”でもえらい違いです。。。

日記 | 投稿者 dr.mana 00:23 | コメント(8)| トラックバック(1)

TJさんとご対面☆

tjj.jpg

先日、こがっぱ憧れのTJさんと、
溜池の某ホテルのカフェでご対面しました。

小さなショルダーポーチに
健脚長寿守りをアクセサリー代わりに、
上から下まで黒いいでたち、
かっぱ橋での戦利品が入った白い紙袋を
大事そうに抱えたこがっぱに、
TJさんがひと言。

「こがっぱくんてば、謎の留学生って感じですね」

その後のふたりの会話は
あんまりかみ合ってるとはいえないように思えましたが、
初対面なのにどういうわけか、
心の深い部分で
理解し合えてるような気が……(^^;)

たとえば、こがっぱがカフェを出て
トイレにスタスタと向かっていったとき、、、

「きっと電話がかかってきますよ
 こがっぱくんから」

、、、チャラリララン♪
と私のケータイが鳴るので見てみると、
表示には Keikappa と。。。

えーーーっ!? (^^;)

もし。わたしトイレみつけた('◇')

(´ρ` )

ひとしきりビックリした数分の後、、、

「こがっぱくん、
 また電話してきますよ

、、、チャラリララン♪

えーーーっ!? (^^;)

な”────っ
 わたしトイレ終わった。。。

( ´ρ`)。o ○

あげくにカフェを出て帰るときに、
親切な TJさんが、電車にひとりで乗るこがっぱを
“この地点まで見送ればぜったいに間違えず
実家のある駅に到着するはず”というところまで、
送ってくださることになりました。

「それでもきっとこがっぱくんは
 間違えそうな気がするなぁ、、、」

見事に予言通りになりました。
普通に考えたらあり得ない間違え方で。はい(^^;)

TJさん、いったいなぜに
どうしようもなく面妖なこがっぱの
行動パターンが判るのでしょうか、、、?

同じ惑星の宇宙人としか思えません。

TJさん! お忙しいところ、
本当にありがとうございました。

日記 | 投稿者 dr.mana 00:42 | コメント(3)| トラックバック(0)

実録! こがっぱSms☆

kogappa_sms.jpg

わたし、ひとりで東京でいろいろでかける。
 電車もひとりでのる

今回の日本へのひさしぶりの帰国にあたって、
なぜか強行にそう主張していたこがっぱ。
出発前に東京ガイドをゲットし、
ローマ字で書かれた路線図を穴のあくほど見ておりました。

わたしひとりでだいじょーぶ

根拠はどこにもないんだと思いますが、
こがっぱもじぃさんっぽいとはいえ、そこは男の子。
冒険心はおおいに結構です。

が、私は仕事ぎゅうづめなので都心のホテル滞在が基本。
子供たちと一緒に帰ってきたときには、彼らは
郊外にあるおじいちゃん&おばあちゃんの家に居候です。
移動距離がそれなりにあるし乗り換えも必要だし、
日本語もがんばってはいるけど、まだかなり妙です。
、、、だいじょうぶかしら(^^;)?

そんなことをこがっぱのこともよく知ってる
旧い知人になんとなく相談したら、
「ケータイと、あとはSuicaやPasmoがあれば、
 今の日本ならまだだいじょーぶでしょ。うん」

おまけに使っていないケータイがあるから、、、と、
こがっぱに貸してくれることになったのでした。

私と私の実家、そして念のために都心に住む
その知人・ユキさん(仮名)の番号だけ登録して
Nokia のケータイを手渡すと、
こがっぱ、ぱぱぱと操作してまたたくまに
そのケータイの使い方をマスターしました。
こういうところはすごい才能です。じぃさんなのに。

これでちょっと安心かな……と思っていたら
なんと! 私の知らないところで
ひそかに事件は起きていた
のでした(-_-)

仕事の忙しさなら東京でもトップクラスといえる
ユキさんに、こがっぱはなんと! 遠慮会釈なしに!
意味もなくSMS? ショートメイル? を
ばんばかと送りつけていたのです。(^o^;)

【第1日目】

おやすみなさい、かっぱ。
「おやすみ、こがっぱ。ユキさんより。」
「とどいてますか?」

【第2日目】

とどいてをどのうみですか?
 かっぱより。
どうしてママにSmsをかきなれないぬ。。。
「ママのでんわはSmsができないんだよ。
 ユキさんより。」
わかっぱです。かっぱより。
「こがっぱは、きょうはなにをしてますか?」
ねた、買い物をした、たべた。てれびをみた。
 かっぱより。
「日本はたのしいですか?」
たのしくてきれいなくにですでも
 あんまりうぼけないだから
 ざんねんですよー_ー”。かっぱより。
「これからかっぱというおみせで、ごはんをたべます。
 いつかこがっぱも、つれていってあげたいです。」
はいはいよろしくかっぱ。
 おやすみなさい。かっぱより。
「おやすみかっぱ。またあした。」

【第3日目】

おはようゆきかっぱ。けんきですか?
 かんじのべんきょうしています。
「おはよう。こがっぱはげんきですか?
 かんじはむずかしいけど、おぼえたらカッコイイです。
 べんきょう、がんばってください。」
「こがっぱはきょう、ずっとおべんきょうですか?」
いいえ、あさくさにいった、
 ふくをかったそしてうちにもどった。かっぱより。
「よかったですね。あさくさはどんなところでしたか?」
にぎやかで楽しいなまちですけどあんまり
 きれいなまちではありません。
「こがっぱは、あしたはなにをしますか?
 たのしい1日になるといいですね。」
「今日は雨ふりですね。ユキさんはオフィスでしごとです。
 この雨は、こがっぱがふらせたのですね?」

【第4日目】

今日は買い物をするとパソコンをとりにいく。
 それからおはようございます。かっぱより。
「きのうは雨だったけど、今日は河童です。
 こがっぱはなにをする日ですか?
 そういえば、おはようございます。」

【第5日目】

今日はホテルに行って
 あしたかっぱばしに行きます。
「こがっぱはホテルでなにをしてあそぶんですか?」
ホテルにそとに行って、
 おいしいなものをたべて、
 おなかいっぱいになった。
「おなかっぱ、ですね。」
なああああ
 おなかっぱあああああでした。
 かっぱより。おやすみかっは
「はやねはやおきは、とてもいいことですね。
 おやすみ、かっぱじさん。」

【第6日目】

はいはい、ホテルはよかった、
 かっぱばしもよかったTjを合って
 もうすぐかえりましょう

、、、(^^;)
こがっぱの日本語がだいぶ妙なのもオカシイですが、
それでも日本のケータイでメイルを打てるところまで
上達したことを思うと、ホメてあげなければいけません。
ところどころ本格じぃさんっぽい日本語が見られるのは
あまりホメたいとは思えないのですが。

それよりも、土日も朝も夜もなく仕事ばかり、
仲間内でメイルをしてもまず返ってこないことで有名な
スーパーサラリーマンのユキさんが、
こがっぱに返事をしてるだけでなく、
こがっぱからの返事がないことを心配したのか
続けてメイルを送っていたり、
こがっぱに妙に影響されてたりするのが、
もうおかしくておかしくて(^o^)

やっぱり、こがっぱは
変な具合に中毒性があるのかも知れません。

というのも、かわいくて若い娘でもなく
ただのこがっぱだっていうのに、
「会いたい」「会わせろ」というお方が
たくさんいらして。。。今回の日本帰国では、
こがっぱ、大人気なのです、、、(^◇^;)

次回はいよいよTJさん登場なるか!?
日記 | 投稿者 dr.mana 21:50 | コメント(11)| トラックバック(0)
<<  2008年 7月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
Twitterはじめ…
11/24 02:46
【観察人より】かっぱ…
11/01 04:49
おともだち☆
09/29 04:15
かっぱ作かっぱ☆
09/13 04:21
河童マスク☆
09/11 16:06
有田の久保田さん☆
09/07 00:56
月刊こがっぱ作品☆
09/01 02:35
こがっぱの日本滞在中…
08/15 01:15
鳥オルガン☆
07/21 02:28
かっぱのお皿ごはん☆
07/03 01:15
最近のコメント
かっぱ@ロスCAPP…
こがっぱ 02/08 09:39
南カリフォルニア在住…
かっぱ@ロス 02/08 02:42
しばらく更新してない…
みむ 12/28 15:21
twitterで#K…
こがっぱ 12/27 04:30
TJさんでは、今…
こがっぱ 11/25 00:32
Twitterでつぶ…
TJ 11/24 11:59
かっぱみたい。こ…
こがっぱ 11/11 05:04
まぎーさんへ…
こがっぱ 10/03 22:13
こがっぱくん。パ…
まぎー 10/03 20:16
TJのともだちは、へ…
TJ 09/30 02:18
ホビダス[趣味の総合サイト]