月刊 こがっぱ通信 旧 “こがっぱ観察記” 続編


旧【こがっぱ観察記】で、わが子ながら極めて面妖に思えて仕方ない『こがっぱ』に親しくしてくださった皆さん、御無沙汰いたしておりました。一部の方の強力なリクエストにお応えして、新たにこがっぱ本人が“日本語”でつづるブログとして再スタートさせていただきます。どうかこの不思議な生き物と、慣れ親しんでくださいませ。また初めてこちらへお越しいただいた方のために、以前のプロフィールも下に残しておきます。あらためまして、ヨロシクお願いいたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私はDr.MANA。パリ在住の日本人皮膚科専門医です。こちらのブログでは、パリのど真ん中、セーヌ河にほど近い古いアパルトマンに棲息している珍しい子河童の生態を観察し、報告していこうと思います。彼の名前は『kei』。人になぞらえるなら、性別は男。男3人兄弟の末っ子としてこの世に誕生し、2009年1月現在14歳。パリっ子としてすくすく小粋に育つ予定だったのに、若干11歳の時点で毎週土曜日に欠かさず碁会所に通うほどの老成ぶり。気づけば日ごとに面妖な行動を見せるようになり、本人も自分のことを河童であると信じている様子。人生の90%以上をパリで過ごしているというのに、いったいどうして河童……? 私、河童を生んだ覚えはないんですけど……。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Dr.MANA公式ホームページ『南仏通信
パリ発 Dr.MANAの公式ブログ『はだぢから開発室・分室

シソの葉仮面☆

kappachio.jpg

おなじみサンジェルマン・プチ妖怪空中プチ農園は、
豊穣の秋を迎えています。
今回は、、、巨大シソ。

気持ち悪いくらい大きいんです。



ねぇ、こがっぱ、
これで原始仮面つくってみない?

えーーー。うーーーー
(とかなんとかいって、きっとまたママは記念写真撮って
 ブログにのっけるんだろうなー、という疑いの目)

あらーーー気がのらないのなら
別にいいのよぉ (⌒-⌒)

とにかくシソの葉っぱをこがっぱに渡して、
しばらくほっておいたら案の定、、、
好奇心には勝てなかったらしく、
狙いどおり仮面にしてキッチンを散策してました。

すかさずパシャッ (^▽^ケケケ

shisokamen.jpg

見た目はおばけのような巨大な姿ですが、
お味も香りもおいしいフツーのシソでした。
サラダや和風スパゲティ、
和風ハンバーグのおともになってくれてます。
日記 | 投稿者 dr.mana 21:09 | コメント(6)| トラックバック(0)

こがっぱの策略☆

schu.jpg

私の前回の超短期ハイパー帰国の最中に、
こがっぱが誕生日を迎えることになりました。

プレゼントに欲しいものをリストにしなさいね、
といってももじもじにやにや。。。
なかなかはっきりしません。
そして、とうとう出発当日。

あとで、、、コレ読んで!

と、幾重にもたたまれた紙を渡されたのでした。
空港へ向かうタクシーの中で、
どれどれ、、、?

hukuro.jpg

最初に視界にはいってきたのは、
TVの漫画タイトルのような巨大な脱力系袋文字。

こがっぱのたんじょうび

(´ρ` ) 

そして中味を見てみると、、、

nakami.jpg

『たんじょうびに日本のプレゼントは
 DSライトです。』
 
うるうると黒目がちのかわいい河童に、
満身の笑みのヒトデ頭のこがっぱが
描かれているではありませんか。

どういうわけか、語尾は完全な断定です<(`^´)>

ん?? そういえば、これ、、、
なんだかデジャヴだわ。。。



日本で友人たちにこれを見せたら、
みんな、びっくりするくらい同じ反応でした。

かわいいもんじゃないの。
お留守番もしていることだし、
買ってあげたらいいんじゃない?

もし、私がこれを買わないで帰ったら
まるで「あなたは鬼母だわ」みたいな言いよう、、、
こういうものに人は抗えないってことを、
きっとこがっぱはよーく知ってるのです。本能で。。。
まったくずるい (^◇^;)

けど、、、確信犯こがっぱ。
意外にみどころあるわね。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:46 | コメント(6)| トラックバック(0)

世界のこがっぱ その1☆

旅先やもちろん日常でも、
いきなり“こがっぱっぽい”光景に
出会うことがあります。

河童やみどり色関連、
そして多くは“ぶちゃかわ”系であるわけですが、、、

neko.jpg
クレイジークロック。

kappa.jpg
、、、まんま!

karimero.jpg
先住民族のこがっぱ、その1。

niyaniya.jpg
先住民族のこがっぱ、その2。

pack.jpg
この見事な“まれまれ”感。

pokupon.jpg
河童のぽくぽん。

binkao.jpg
ワイン3兄弟のようです。

umihotaru.jpg
そこはかとなくマリーン系。

inukao.jpg
こんな人、いますよねぇ。

、、、と、正体不明(?)の
思わず「、、、ふっ」と短く笑わされてしまう存在は、
別に意識して探さなくてもあちこちにあるのです。
こがっぱとの共通キーワード
笑い癒しまれまれ感。
それがこんなにもたくさんあるっていうことは、
もしかして、、、もしかして、、、
こがっぱも社会に必要とされているのでしょうか(・_・?

まさか、、、ねぇ(^◇^;)
日記 | 投稿者 dr.mana 04:05 | コメント(7)| トラックバック(0)
<<  2007年 9月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最近の記事
Twitterはじめ…
11/24 02:46
【観察人より】かっぱ…
11/01 04:49
おともだち☆
09/29 04:15
かっぱ作かっぱ☆
09/13 04:21
河童マスク☆
09/11 16:06
有田の久保田さん☆
09/07 00:56
月刊こがっぱ作品☆
09/01 02:35
こがっぱの日本滞在中…
08/15 01:15
鳥オルガン☆
07/21 02:28
かっぱのお皿ごはん☆
07/03 01:15
最近のコメント
かっぱ@ロスCAPP…
こがっぱ 02/08 09:39
南カリフォルニア在住…
かっぱ@ロス 02/08 02:42
しばらく更新してない…
みむ 12/28 15:21
twitterで#K…
こがっぱ 12/27 04:30
TJさんでは、今…
こがっぱ 11/25 00:32
Twitterでつぶ…
TJ 11/24 11:59
かっぱみたい。こ…
こがっぱ 11/11 05:04
まぎーさんへ…
こがっぱ 10/03 22:13
こがっぱくん。パ…
まぎー 10/03 20:16
TJのともだちは、へ…
TJ 09/30 02:18
ホビダス[趣味の総合サイト]