月刊 こがっぱ通信 旧 “こがっぱ観察記” 続編


旧【こがっぱ観察記】で、わが子ながら極めて面妖に思えて仕方ない『こがっぱ』に親しくしてくださった皆さん、御無沙汰いたしておりました。一部の方の強力なリクエストにお応えして、新たにこがっぱ本人が“日本語”でつづるブログとして再スタートさせていただきます。どうかこの不思議な生き物と、慣れ親しんでくださいませ。また初めてこちらへお越しいただいた方のために、以前のプロフィールも下に残しておきます。あらためまして、ヨロシクお願いいたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私はDr.MANA。パリ在住の日本人皮膚科専門医です。こちらのブログでは、パリのど真ん中、セーヌ河にほど近い古いアパルトマンに棲息している珍しい子河童の生態を観察し、報告していこうと思います。彼の名前は『kei』。人になぞらえるなら、性別は男。男3人兄弟の末っ子としてこの世に誕生し、2009年1月現在14歳。パリっ子としてすくすく小粋に育つ予定だったのに、若干11歳の時点で毎週土曜日に欠かさず碁会所に通うほどの老成ぶり。気づけば日ごとに面妖な行動を見せるようになり、本人も自分のことを河童であると信じている様子。人生の90%以上をパリで過ごしているというのに、いったいどうして河童……? 私、河童を生んだ覚えはないんですけど……。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Dr.MANA公式ホームページ『南仏通信
パリ発 Dr.MANAの公式ブログ『はだぢから開発室・分室

おいで河童の森☆

main-sashikae.jpg

すでに何回か登場してますが、
こがっぱのお気に入りのゲーム『おいで動物の森』。
妙に頭に残る雨音や足音に平和なBGM♪
そして住人達の早回しのような不思議な会話、
なんとなくサブリミナルなように眠気を誘うその画面。

もちろんこがっぱのお気に入りの
河童ライク(そのものかどうか未確認なため)なキャラも
しっかり存在している様子。

ねぇねぇ、こがっぱ。
その河童、どんな顔しているの?
出して見せてくれる?

いーよー。タクシーの運転手なんだ。まっててね。
 あれーーー。へんだなーー。うん


あーー。こがっぱ、フリーズしちゃったかなー。
私は忘れた振りをして師走の仕事を片付けにかかりました。

もう。いなくなっちゃってるよ。へんだな。
 、、、!!
 あーーーそっかぁ。こうしちゃえばいいんだ!


何をひらめいたんだか、ひとりでぶつぶついってニヤニヤしてます。
私はいよいよ見て見ぬ振りして、仕事に集中することにしました。

15分くらいたった頃でしょうか。

ママー! できたよ! はぁ大変だった

よかったわねぇ。
河童ひとつみつけるのも難儀なのね。

彼が差し出した画面をみて、私は思わずのけぞりました!!
こっっ、、、これは、、、!
この河童の大群は!!

ついでにみんなつくっちゃったよ。
 河童エクスプレス
777の仲間だよ

なんでも、部屋の壁紙やじゅうたんや傘や帽子や
ちしゃつ(Tシャツ)や絵など、
それぞれ自分で創作したキャラクターのマークを
画面にうつし入れることができるらしいのです。



それから数日、、、
例によって“動物の森”で遊んでいるこがっぱ。

みてみてーー!
 キャラクターのちしゃつの柄を
 777のみんなにしちゃったんだ。
 ぼくもママもいるよ。河童が一番多いけどね


確かにそこには、見たような顔
こがっぱオリジナル・キャラのちしゃつになってます。
新手ののっとり作戦でしょうか。

一瞬、こがっぱの大いなる策略、
『河童世界制覇大作戦』の一端をかいま見たようで、、、
おへそで湯がわきそうになりました。

それにしてもこの子ってば、、、
どうしてこんなに河童ラブになっちゃったのかしら。。。

日記 | 投稿者 dr.mana 23:04 | コメント(7)| トラックバック(0)

メリークリスマス☆2006

noel01.jpg

こがっぱ観察記にご訪問の皆様、
日頃の感謝をこめて、
こがっぱからメッセージです。

じゃん!! \(^O^)/

noel02.jpg

ところで、
あれは今月のはじめだったかしら。

『サンタさんにお手紙だすと、
 お返事がくるらしいわよ。
 まぁ内容によるみたいだけど♪』

って悪友がいうので、半信半疑のまま、
こがっぱをけしかけて手紙をかかせました。

封筒の宛名には
『サンタさんへ』(Le Pere Noel)
とだけ書いて投函すればいいらしいのです。

それで本当にお返事が、、、?
夢があっていいわねぇ、、、と思っていました。

そうしたら忘れた頃に、
本当にお返事が届いたのです!

なんだかとっても幸せな気分♪

こがっぱも大喜びです。
でも、少しすると何かに気がついたように、
ちょっと不服そうな顔に。。。

ママ、、、これだけ?

、、、??

「これだけ? って、、、十分でしょ。
 こがっぱ、中身、なんて書いたの?」

サンタさん、寒いけど頑張ってね、とか?
うちでホットココア飲むといいよ、とか?
気がきいたこと、書けたのかしら。

、、、と思っていたら、

Wii ください

、、、くれないっつーの。

日記 | 投稿者 dr.mana 03:39 | コメント(10)| トラックバック(0)

河童メーター☆

car01.jpg

あれから数カ月。
壮大な宇宙観のもとに描かれた一大巨編
河童鉄道777』は、
いまだに海王星に停泊したままです。

しかもストーリーは不条理かつ
ikiataribattari 』系。
日記といってもいいような
ストーリー展開となってきました。

いったい、このストーリーには
結末があるのかしら。

尋ねてもにやにや笑うだけのこがっぱ。
( ̄ ̄ー ̄ ̄)

訊くだけ無駄だったわ。
彼にもわかってないに違いないし。

起承転結でいうなら
起承転てんてんてんてんてん、、、.
序破急でいうとすれば
序破はっはっはっはっはっはっ、、、
、、、はぁ。

それに登場人物に既出コメンターの方々のほか、
自分で勝手に名前をつけて使ってる
わがプチ妖怪屋敷の日常生活用品まで登場する始末。

さて、今日の展開は。。。?

巨木をパイナップルに変えることで、
ヒト(正確には海王星人?)を3人救った錬金術師のTJさんに、
ポリスのぷくぷく長官から特大のプレゼント
(なんていうのかしら?? 御祝儀じゃなくて、
ご褒美じゃなくて、賞品じゃなくて、、、)が贈られます。

開けてびっくり、スーパーカー!! 
エンブレムにもご注目。

TJさんは丁寧にお礼をいって、
さらなる窮地にいる河童を救いに颯爽と走り去るのですが、、、

そのクルマのメーターを見て、
私は椅子から転げ落ちそうになりました。

500km/h!! それにものけぞりましたが
くちばし、、、いったい、
なんのためにここに、、、くちばし、、、?
こんなところに“隠し河童”がいたとは。

結局こがっぱは、河童らぶなのねぇ。
ストーリーが全方位にパラレルに展開して
はちゃめちゃな広がりを見せている中、
河童へのらぶだけは忘れないこがっぱに、
なぜかほっとする私でした。
日記 | 投稿者 dr.mana 15:42 | コメント(19)| トラックバック(0)

こがっぱのウィークエンド☆

ngo01.jpg

ただいまー! ただいまー! ただいまー!
土曜のお昼。いつもきっちり定刻に帰ってくるこがっぱ。
水曜日がお休みで“在宅こがっぱ”である代わりに、
土曜日に授業が半日あるのです。

そして午後からはいつもの囲碁教室。
それにくわえて、今日は大きなイベントがあるのでした。
パリ囲碁名人戦に出場したときに自動的に登録となった、
会員制囲碁倶楽部へいく初日なのです。

最初なので私も一緒に行ってみることにしました。
メトロでとある住宅街の駅について歩きだすと、、、

ママ、ここ、来たことあるかもしれない

そういえばこがっぱ、以前に
囲碁教室のあとに誰かに誘われて囲碁カフェ?
みたいなところで一局打ってきた、
と嬉しそうに言ってたことを思い出しました。
そして碁会所に到着してみると、、、

、、、へ( ゚ o ゚ )

なーーーに、ここ、、、?
若い男の子ばっかり(長老系が、ひとりいるけど)。
これが囲碁倶楽部のメンバーなわけ?

「あっ、ケイ、ケイじゃないか」
「ケイって、あの結構スジのいい、ケイ?」
「おぉ、名人戦以来じゃない?」
「一局やろうぜぇ」

こがっぱは忘れていた(!)ようですが、
お兄ちゃん達は顔見知りのようです(^_^;)
さっそく一局、、、となりました。

ngo02.jpg

ぷぷぷーーー。
ふたりとも同じポーズで対戦してる。
それぞれにそれぞれの囲碁じぃさんが、
降りてきているって感じだわ。

それにしても、結構なイケメン揃いです(*^_^*)

ここだけの話、、、パリには実は
かっこいい男性ってあんまりいないのです。
なのに、ここのイケメン密度の濃さといったら!
まさかウィークエンドの午後に、
普通の若い男の子たちにとってデートで忙しいはずの
土曜日の午後に、、、しかもアムールの街で、
この一角に集って地味に碁を打っていたとは。。。
いったいぜんたいどうして、、、んご
別の意味でこがっぱもそうだけど、
パリの囲碁天狗たちの生態、、、実に不可解です。

ともあれ、こがっぱは
相手をかえて一局ずつ打って、1勝1敗。
満足げに帰路につきます。

あそこね、卓球台もあるんだよ。嬉しいねぇ。
それに駅前にフランプリ(スーパー)もあるんだ。
あ! みてみて! このパン屋さん。
ショコラパンが1個で0.90ユーロで、
5個で1.50ユーロだって!! すっごいサービスだねぇ。


こがっぱ、やたらと饒舌になってます。
話の内容はまるでおばさんですが、超ご機嫌です。

家に帰ると、こがっぱは、
いきなり『自転車こぎ』をはじめました。

ふっ! ふっ! ふっ! ふっ!
囲碁に勝つためには、、、ふっ!
やっぱり、、、ふっ! 体力もつけないとね!


そして100回こなしてふらふらしながら奥の院に入り、
夕食を食べたり『777』を描くのに出てくる以外は
ずっと自分の部屋で静かにしているこがっぱ。

囲碁教室に会員制囲碁倶楽部に自転車こぎ
いくら好きでも、さすがにつかれたのね。
もう寝たかしら、、、と思った夜も12時近く、
私は椅子から転がり落ちるかと思いました。

、、、じゃらじゃら、、、スパーン
、、、じゃらじゃら、、、パシーン

この快音、、、何とこがっぱ、一人碁を打ちながら
今日の対局の復習をしているのです。

12歳のこがっぱの週末は、並み居る囲碁じぃさんよりも
はるかに囲碁づくしなのでした(;^_^A

日記 | 投稿者 dr.mana 09:20 | コメント(10)| トラックバック(0)

バキュームこがっぱ☆

naruto

ある日の夕方近くのこと。
まるでサラリーマンのように
いつもどおり学校から定刻に帰ってくるなり、
はぁ。くぅたびれたぁ、、、
と、すたすた奥の院にはいっていったこがっぱ。

しばし、しぃんと静寂。

そして夕食ができたので呼びにいってみたら、
果たしてこがっぱは……寝コケてました。

ふとんに頭だけつっこんで、
まるでタコつぼのタコのような姿で熟睡です。

これは、、、と思ってカメラをとりにいってくると、
何か気配を感じたのか、寝返りをうって、
ふつうのただのすごい寝相姿になってました。

こがっぱは、非常にしばしば、、、
常人では考えられない寝相・寝姿を見せてくれます。
アイマスクに耳栓のおやじスタイルだったり、
ミイラのようだったり、エリマキトカゲだったり。。。

そういえば、半年前の昼寝のときも圧巻でした。
水玉模様のぶあつい布団、ピンク色のカーテンの裾、
それに小さな猫のマスコットまで、
まるでブラックホールかNARUTOの渦潮のように、
写真のとおりありとあらゆるものを
顔のまわりに巻き込みながら、
すーぴーと気持ちよさげに寝ているのです。

呆気にとられるやらおかしいやら。。。
それより何より、、、苦しくないのでしょうか。。。

そのときの写真が出てきたので、
こがっぱに尋ねてみました。

ねぇねぇ、こがっぱ。
こういう格好で寝てて苦しくないの?


僕、寝ている間によくいろんなものが、
 なぜかくるくる巻きつくんだよね。
 でも大丈夫、慣れてるから


ふぅーーん、、、慣れて、、、るのね。。。

にやにやしてるこがっぱを前に
私はふと思いついて、いつものように
彼の承諾を得ようと試みることにしました。

ねぇねぇ、この写真、
こがっぱブログに載せてもいぃ?


もちろんいいよ。で、、、
 いつ、でるの? ねぇねぇ、いつ?

 
さらににやにやするこがっぱ。
しかも、ちょっと得意げです。
もしかしてかっこいいと思ってる?

こがっぱ、、、大物なのか
ネジがどこか20本くらい抜けているのか、、、
日記 | 投稿者 dr.mana 03:07 | コメント(20)| トラックバック(0)
<<  2006年 12月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
Twitterはじめ…
11/24 02:46
【観察人より】かっぱ…
11/01 04:49
おともだち☆
09/29 04:15
かっぱ作かっぱ☆
09/13 04:21
河童マスク☆
09/11 16:06
有田の久保田さん☆
09/07 00:56
月刊こがっぱ作品☆
09/01 02:35
こがっぱの日本滞在中…
08/15 01:15
鳥オルガン☆
07/21 02:28
かっぱのお皿ごはん☆
07/03 01:15
最近のコメント
かっぱ@ロスCAPP…
こがっぱ 02/08 09:39
南カリフォルニア在住…
かっぱ@ロス 02/08 02:42
しばらく更新してない…
みむ 12/28 15:21
twitterで#K…
こがっぱ 12/27 04:30
TJさんでは、今…
こがっぱ 11/25 00:32
Twitterでつぶ…
TJ 11/24 11:59
かっぱみたい。こ…
こがっぱ 11/11 05:04
まぎーさんへ…
こがっぱ 10/03 22:13
こがっぱくん。パ…
まぎー 10/03 20:16
TJのともだちは、へ…
TJ 09/30 02:18
ホビダス[趣味の総合サイト]