月刊 こがっぱ通信 旧 “こがっぱ観察記” 続編


旧【こがっぱ観察記】で、わが子ながら極めて面妖に思えて仕方ない『こがっぱ』に親しくしてくださった皆さん、御無沙汰いたしておりました。一部の方の強力なリクエストにお応えして、新たにこがっぱ本人が“日本語”でつづるブログとして再スタートさせていただきます。どうかこの不思議な生き物と、慣れ親しんでくださいませ。また初めてこちらへお越しいただいた方のために、以前のプロフィールも下に残しておきます。あらためまして、ヨロシクお願いいたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私はDr.MANA。パリ在住の日本人皮膚科専門医です。こちらのブログでは、パリのど真ん中、セーヌ河にほど近い古いアパルトマンに棲息している珍しい子河童の生態を観察し、報告していこうと思います。彼の名前は『kei』。人になぞらえるなら、性別は男。男3人兄弟の末っ子としてこの世に誕生し、2009年1月現在14歳。パリっ子としてすくすく小粋に育つ予定だったのに、若干11歳の時点で毎週土曜日に欠かさず碁会所に通うほどの老成ぶり。気づけば日ごとに面妖な行動を見せるようになり、本人も自分のことを河童であると信じている様子。人生の90%以上をパリで過ごしているというのに、いったいどうして河童……? 私、河童を生んだ覚えはないんですけど……。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Dr.MANA公式ホームページ『南仏通信
パリ発 Dr.MANAの公式ブログ『はだぢから開発室・分室

科学者☆こがっぱ

boul

かのアイザック・ニュートンが、
リンゴが木から落ちるのを見て『万有引力の法則』を
発見したという逸話は世界的に有名だ。
その話を広めたのはフランスの著名な哲学者であった
ヴォルテールだといわれているけれど、
その後になって生まれてきた様々な説の中には、
ニュートンが自分の発想を確かめるために
枝をつついて何度もリンゴを落としては考え込む姿を見て、
事情を知らない近所の人が「バカじゃないの?」と
嘲笑していたという本当が嘘か判らないような話もあり、
私は幼い頃、「おもしろいなぁ」と思ったものだった。

ある日の夕方、キッチンにやってきたこがっぱは、
おもむろに朝食のケロッグス用のボウルを取り出すと、
そこにお湯をなみなみ注いだ。

そして冷凍庫を開けて氷をひとつ入れると、
指でかき回し始めたのだった。
溶けていく氷、、、

、、、??
学校の理科の授業で何か習ったのかしら。

さらにまたひとつ氷を追加。
ゆびでくるくるくる、、、
こがっぱ、一人でにやにやにや。

そしてさらにまたひとつ氷を追加。
ゆびでくるくるくる、、、
こがっぱ、さらににやにやにや。

いったい何を考えてるのか、
こがっぱは何度も同じことを繰り返す。

ずいぶん冷たくなってきたんじゃないかしら、、、
こがっぱ、何をどうしたいのかな?

その時であった。

こがっぱは、いきなり前のめりになると、
無言でパシャッとボウルに顔をつけたのだ。

!?

「ぷはーーーーーーー!!」

数秒後に満足気な表情で顔をあげた、こがっぱ。

「あれ? 前髪がぬれちゃった」

こがっぱはひとことそういうと、
あっけにとられて見ている私なんかおかまいなしで、
いそいそと洗面所に向かっていったのだった。

、、、こがっぱ。
きっと顔の皮膚で温度の変化を感じ取りたかったのね。

こがっぱがアインシュタインのような科学者になりたい
という希望を持ってることを、私はよく知っている。
偉大な科学者になるためには、時にとっぴすぎて、
凡人には理解不能な実験も必要なのかも知れない。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 07:32 | コメント(7)| トラックバック(0)

こがっぱのお気に入り☆

funny-car

ある時、サロンでiMacに向かっていたこがっぱが、

「ママ、ネットの調子どうぉ??
 おもしろサイト見つけたから送るね」

と、妙にはずんだ声でいう。
こがっぱ、うれしそうにニヤニヤ。

私は経験で知っている。
こがっぱが果てしなく楽しそうな表情を浮かべてる、
しかも上目遣いに私を見る、
こういうシチュエーションでは、注意しなくてはいけない。

ほどなくしてすぐ隣にいるこがっぱ、
例のnaruto-man@le.boss.xxのアドレスから、、、
とあるHPのURLをメイルしてきた。
少しひるみながらそのHPにアクセスしてみると、、、

、、、???
、、、!!!!!!!!

私が呆然と固まっているのを
「なぜ?」というような意外そうな表情で眺めながら、
画面と一緒に声高らかに唱ってる、こがっぱ。

「Ahahahahahahaha♪」

「なぜ?」と問いたいのはこっちのほうだわ。
きっと今夜は眠れない、、、

そのHPはこちらですわ。

注1:Macの場合はサファリではなく
 エクスプローラーで開いてください。
注2:オフィスでクリックするときはボリュームにご注意を☆
注3:破壊的ではありますが、ウィルスではありません。
注4:フランス語でいろいろ尋ねられますが選択肢はありません。
 とにかく飽きるほどクリックしてください。

日記 | 投稿者 dr.mana 19:17 | コメント(9)| トラックバック(0)

もうひとつの迷作☆

tasto002

こがっぱは、、、
実は不条理かっぱ囲碁マンガのほかにも、
兄である“不死身龍”の要望(命令?)で
描いたと思われる
もうひとつのマンガの作者でもある。

ぱらぱらとめくってみる。
、、、ふぅーーーん。
チョコボールに手足が生えたような
ちょっとかわいらしいキャラが、
どういうわけか刀をさしている。
随分コマ割が細かいわねぇーーー。
ほっほぉーー。
これはコンバットものなんだわーー。

そして最後まで読み終えてページを閉じた私は、
最初のページのスミに、、、
スタッフ・クレジットを見つけた。

脚本:Kei
編集:Kei
作画:Kei
by:Kei
協力:Yu

脚本も編集も作画も協力も、、、まぁわかるわ。
でも、ねえねえ、、、こがっぱ。
『by kei』っていったい、、、、???
日記 | 投稿者 dr.mana 08:05 | コメント(8)| トラックバック(0)

続☆Bossになりたい

kogappunch

ある夕方、iMacのデスクトップ上に置いた
『kei le Boss』のフォルダの中を整理をしている、
こがっぱがいた。

そこにはfreeで獲得した、
こがっぱのメルアド一覧があった。

kappamus@xxxxxx.xxx
keikappa@xxxxx.xx
kappados@xxxxxxx.xx.xx

こがっぱたら、こんなにたくさん作っちゃって。
ちゃんと管理できているのかしら、、、
しかも、、、ぜんぶ“かっぱ”モノ。。。

にやにやしている、こがっぱ。

その中に、私は見つけてしまった。

その名も、、、

naruto-man@le.boss.xx

鳴門男@ザ・ボス. xx!!!!!

naruto-manっていうのはこがっぱの好きな
人気マンガにちなんだものなのは想像できるけど、
その字ヅラだけ見たらかなり男らしいわ。

やっぱり男らしいBossになりたいのね、こがっぱ。。。

そして、ついついさっきのこと。

珍しく上のお兄ちゃんふたり、
日夜抗争を繰り広げてる盆栽と不死身龍が
仲良くつるんで奥の院でゴソゴソモソモソ。
しばらくすると、盆栽のアジトでもある
メインのコドモ妖怪部屋から
聞き慣れた音が聞こえてくる。

パスパスパスパス♪

ん? これは、、、
パンチングボールの音だわ、、、?
盆栽と不死身龍はずっと奥の院のはずなのに
おかしいわね、、、?

ドアをあけてそーーーっと様子をうかがうと、、、

「えーーーーい!」
「とりゃーーーー!」

かけ声は立派なのに
パンチはパスパス♪ と軽いこがっぱ。

碁にばっかり興味あるように見せかけて、、、
ケンカに強いお兄ちゃん達がいないのを見計らって
パンチングボール相手に戦うお稽古。

やっぱり強いBossになりたいのね、こがっぱ。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 09:24 | コメント(9)| トラックバック(0)

パンチ☆ ……ングボールがやって来た日

ball

長男の盆栽と次男の不死身龍、
そしてこがっぱが日夜繰り広げる
ケンカの打開策として、
経験者から教えてもらったのが、、、

パンチングボール♪

なんでも思春期の男の子のありあまるエネルギーを
昇華(消化)させるのにいいらしい。

それが、わがコドモ妖怪屋敷に届いた日。。。

なんだかおとぼけなその風貌。
こんなんで果たしてケンカ解消という
壮大な目的が叶うのかしら、、、?

いえいえ、信じることが大切だわ。

盆栽と龍は、、、さっそく
子供部屋に設置したパンチングボールに
奇声をあげながら夢中になっている、、、

、、、あれ? こがっぱは???
さっきまでここにいたのに、、、
どこにいったのかしら?

こがっぱはそんなお兄ちゃんたちと
パンチングボールなんかには見むきもせず、
ひとり、サロンの床に座っていた。

静かに、そして真剣なまなざしで、
“ひとり囲碁”に没頭している。

この落ち着きっぷり、、、この背中とこの手つき、、、
やっぱりどうみても囲碁じいさんだわ。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 23:29 | コメント(8)| トラックバック(0)

☆水やりこがっぱ☆

mizuyari

朝、サロンのベランダにあるお花のお水やりを
こがっぱに頼みました。

ふんふんふん♪

鼻歌を歌いながら、、、
窓をあけてひとつひとつのお花に水をあげている、こがっぱ。

ふんふんふん♪

なぜだかご機嫌な、こがっぱ。
ひととおりお花にお水がいきわたったのか、
なぜだかうれしそうに、キッチンに向かっていきます。

ふんふんふん♪

ふと見ると、サロンのテーブルに
新顔のぬいぐるみ、kappadosが。。。
こがっぱもさっきまで
「ちょっとぶちゃいく、だけどkawaii」って
にやにやながめてたっけ。

ん? kappadosのすぐ横に水滴が、、、

、、、???

、、、もしや!!!

kappadosのやわらかなお皿は、、、
水でしっとり濡れてました。
日記 | 投稿者 dr.mana 21:33 | コメント(10)| トラックバック(0)

kappamanの謎☆

kappaman

こがっぱ作の例の不条理マンガには、
主人公のkeikappaとkappamusのほかに
何匹(何人?)かの河童が登場する。
それぞれそれなりに個性が強いのだけど、
中でもダントツなのは『kappaman』。

妖怪動物界囲碁会では、kappamanは
kappamusの最強のライバルという設定。
でもkappamusの囲碁祝賀会ぱーちぃには、
サプライズでかけつけるなどの
お茶目なところもあるようだ。

彼はマントを羽織るとジェット機並の速さで
空を飛ぶことができるそう。
superkappaman!
また、彼はちょっとニヒルな
白目がちな目の持ち主。

そしてさらなる特徴は
“ひな頭”であるということ。
普段はお皿で隠れてるけど、
それをとるとぽしゃぽしゃのひな頭が表れる。

「、、、ん? ねえねえ、こがっぱ。
 どうしてお皿がとれるわけ?? 河童なのに、、、」
「あのね、これはベレー帽なの

そうか、、、だからほかの河童達に比べて
お皿が盛り上がっていたわけね。
って、、、お皿じゃなくてベレー帽!?
河童がなぜお皿の代わりにベレー帽を、、、???

うーん。。。。
想像を絶する。こがっぱの頭の中。
私ももういいかげん慣れなくちゃだわ。
日記 | 投稿者 dr.mana 13:03 | コメント(5)| トラックバック(0)

こがっぱの語学力☆

7-3wake

こがっぱの最近のお楽しみ。
みなさんからいただいたコメントにお返事すること。
のんきな表情で、うれしそうににやにや笑いながら
キーボードをちゃかちゃか。。。

ところが先日、
こがっぱのあるコメントを見て
あまりの驚きに目をまんまるくした。

『ぼくはフランス語と日本語とイタリア語と
英語と河童語を話すんだ』

!!!
こがっぱったら、、、
挨拶くらいができればそれはもうその言語を話せる、
と思っているのに違いないわ。

それにしても
、、、河童語???
それはいったいどんな言葉?

でも、もうこればっかりはしょうがない。
私もいいかげん慣れなくちゃいけないわね。

そういえば、こがっぱ。
学校でちゃんと英語を習いはじめて、少なくとも2年。
わずか11歳で髪をピチッと7:3に分けた
英国貴族の留学生、エドワードともなかよしになったし、
去年の夏にはロンドン郊外で3週間ホームステイもしたっけ。
いったい、どれくらい英語ができるようになったのかしら、、、?

私は思いたって、
彼のアドレスに短いメイルを送ってみましたの。

Hello !
How are you ?

そして翌日、
こがっぱメイルのお返事が、、、

> Hello !
> How are you ?
I'm think, and you ?

あいむしんく、あんどゆぅ???

はぁぁぁーーーーーーーーーーー。
こがっぱ。。。

髪型だけエドワードのまねしても
ダメなんだってば、、、
日記 | 投稿者 dr.mana 02:59 | コメント(7)| トラックバック(0)

こがっぱオヤヂ☆

mimisen

ひとつ上の兄、
自称『不死身龍』ことdragonと一緒に
通称・奥の院に寝る、こがっぱ。
夜も更けて、そろそろ就寝の時刻の頃、、、
しゃがれてひくい歌声が聞こえてきた。

ん??
これはdragonの声だわ。
そろそろ遅い時間だし、注意しなくちゃ。

さっそく奥の院に向かった私。

扉をあけて、、、
いっちゃん先に目にはいってきた光景に固まった。

お兄ちゃんのベットの上で、
どこから見つけてきたのか
アイマスクと耳栓をして眠っている、こがっぱ。
しかもアイマスクが大きすぎて、
鼻栓になっている。

dragonの歌がうるさかったのねーーー。
でもさーーー。
こういうのって、、、
おじさんとかがするものじゃない??

この歳の男の子なら、
普通はかっこ悪くて使えないって思うはずよね。
なのにためらいなしにあっさり使っちゃう、こがっぱ。
わらける、、、

若干11歳。なのに、、、
オヤヂへの道一直線のこがっぱであった。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:26 | コメント(4)| トラックバック(0)
<<  2006年 3月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の記事
Twitterはじめ…
11/24 02:46
【観察人より】かっぱ…
11/01 04:49
おともだち☆
09/29 04:15
かっぱ作かっぱ☆
09/13 04:21
河童マスク☆
09/11 16:06
有田の久保田さん☆
09/07 00:56
月刊こがっぱ作品☆
09/01 02:35
こがっぱの日本滞在中…
08/15 01:15
鳥オルガン☆
07/21 02:28
かっぱのお皿ごはん☆
07/03 01:15
最近のコメント
かっぱ@ロスCAPP…
こがっぱ 02/08 09:39
南カリフォルニア在住…
かっぱ@ロス 02/08 02:42
しばらく更新してない…
みむ 12/28 15:21
twitterで#K…
こがっぱ 12/27 04:30
TJさんでは、今…
こがっぱ 11/25 00:32
Twitterでつぶ…
TJ 11/24 11:59
かっぱみたい。こ…
こがっぱ 11/11 05:04
まぎーさんへ…
こがっぱ 10/03 22:13
こがっぱくん。パ…
まぎー 10/03 20:16
TJのともだちは、へ…
TJ 09/30 02:18
ホビダス[趣味の総合サイト]