月刊 こがっぱ通信 旧 “こがっぱ観察記” 続編


旧【こがっぱ観察記】で、わが子ながら極めて面妖に思えて仕方ない『こがっぱ』に親しくしてくださった皆さん、御無沙汰いたしておりました。一部の方の強力なリクエストにお応えして、新たにこがっぱ本人が“日本語”でつづるブログとして再スタートさせていただきます。どうかこの不思議な生き物と、慣れ親しんでくださいませ。また初めてこちらへお越しいただいた方のために、以前のプロフィールも下に残しておきます。あらためまして、ヨロシクお願いいたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私はDr.MANA。パリ在住の日本人皮膚科専門医です。こちらのブログでは、パリのど真ん中、セーヌ河にほど近い古いアパルトマンに棲息している珍しい子河童の生態を観察し、報告していこうと思います。彼の名前は『kei』。人になぞらえるなら、性別は男。男3人兄弟の末っ子としてこの世に誕生し、2009年1月現在14歳。パリっ子としてすくすく小粋に育つ予定だったのに、若干11歳の時点で毎週土曜日に欠かさず碁会所に通うほどの老成ぶり。気づけば日ごとに面妖な行動を見せるようになり、本人も自分のことを河童であると信じている様子。人生の90%以上をパリで過ごしているというのに、いったいどうして河童……? 私、河童を生んだ覚えはないんですけど……。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Dr.MANA公式ホームページ『南仏通信
パリ発 Dr.MANAの公式ブログ『はだぢから開発室・分室

ダブル『奥の院』☆

sotoshime.jpg
普段は固く閉じられている扉。

こがっぱの『大江戸神社仏閣探訪+
じぃさんばぁさん商店街巡りの旅2008
』、
締めくくりは成田山の奥の院です。
7月7日から9日(今年はその前の週末も含む)のみの
御開帳に、幸運にも日程が重なったこがっぱ。
待ち合わせの駅を危惧した通りに
ちゃんと乗り越していったこがっぱを
なんとか連れ戻してご案内していただいた
TJさんのおかげで、拝観することができました。

sando.jpg
立派な参道に導かれるこがっぱ。

sotoaki.jpg
聖なる洞窟の入り口。

naibu.jpg
不動明王の本地仏、大日如来像が安置されているそうです。

mikoshi.jpg
祇園会の大神輿。

naritakame.jpg
たくさんの亀に喜ぶ?こがっぱ。



さて、そしてこちらはパリ・サンジェルマンの奥の院。
何かしらの気配を感じて
参道ともいえる渡り廊下からふと内部を覗きますと、、、

kooni01.jpg

なっなに、、、、!? (゚0゚)
こがっぱ”ならぬ“こおに”が
占拠しているではありませんか。

kooni02.jpg

よくよく見たら、お兄ちゃんのヘアディップで
髪をいたずらされた
こがっぱでした ( ̄▽ ̄)

同じ“奥の院”でもえらい違いです。。。

日記 | 投稿者 dr.mana 00:23 | コメント(8) | トラックバック(1)
<<  2008年 7月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
Twitterはじめ…
11/24 02:46
【観察人より】かっぱ…
11/01 04:49
おともだち☆
09/29 04:15
かっぱ作かっぱ☆
09/13 04:21
河童マスク☆
09/11 16:06
有田の久保田さん☆
09/07 00:56
月刊こがっぱ作品☆
09/01 02:35
こがっぱの日本滞在中…
08/15 01:15
鳥オルガン☆
07/21 02:28
かっぱのお皿ごはん☆
07/03 01:15
最近のコメント
かっぱ@ロスCAPP…
こがっぱ 02/08 09:39
南カリフォルニア在住…
かっぱ@ロス 02/08 02:42
しばらく更新してない…
みむ 12/28 15:21
twitterで#K…
こがっぱ 12/27 04:30
TJさんでは、今…
こがっぱ 11/25 00:32
Twitterでつぶ…
TJ 11/24 11:59
かっぱみたい。こ…
こがっぱ 11/11 05:04
まぎーさんへ…
こがっぱ 10/03 22:13
こがっぱくん。パ…
まぎー 10/03 20:16
TJのともだちは、へ…
TJ 09/30 02:18
ホビダス[趣味の総合サイト]