月刊 こがっぱ通信 旧 “こがっぱ観察記” 続編


旧【こがっぱ観察記】で、わが子ながら極めて面妖に思えて仕方ない『こがっぱ』に親しくしてくださった皆さん、御無沙汰いたしておりました。一部の方の強力なリクエストにお応えして、新たにこがっぱ本人が“日本語”でつづるブログとして再スタートさせていただきます。どうかこの不思議な生き物と、慣れ親しんでくださいませ。また初めてこちらへお越しいただいた方のために、以前のプロフィールも下に残しておきます。あらためまして、ヨロシクお願いいたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私はDr.MANA。パリ在住の日本人皮膚科専門医です。こちらのブログでは、パリのど真ん中、セーヌ河にほど近い古いアパルトマンに棲息している珍しい子河童の生態を観察し、報告していこうと思います。彼の名前は『kei』。人になぞらえるなら、性別は男。男3人兄弟の末っ子としてこの世に誕生し、2009年1月現在14歳。パリっ子としてすくすく小粋に育つ予定だったのに、若干11歳の時点で毎週土曜日に欠かさず碁会所に通うほどの老成ぶり。気づけば日ごとに面妖な行動を見せるようになり、本人も自分のことを河童であると信じている様子。人生の90%以上をパリで過ごしているというのに、いったいどうして河童……? 私、河童を生んだ覚えはないんですけど……。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Dr.MANA公式ホームページ『南仏通信
パリ発 Dr.MANAの公式ブログ『はだぢから開発室・分室

Twitterはじめたかっぱ☆

twitter.jpg

みなさま、
とうとうわたし kogappa は
Twitter をはじめました。
じぃさんですが
つぶやくのはなかなか大変です。
フォロワーさん大募集です。
どうぞ宜しく御願いします。

http://twitter.com/kogappa
日記 | 投稿者 dr.mana 02:46 | コメント(6)| トラックバック(0)

【観察人より】かっぱハウス☆

kappa_house.jpg

京都への出張のときに
ついうっかり見つけてしまいました。

これぞ“こがっぱの理想の家”♪

日記 | 投稿者 dr.mana 04:49 | コメント(1)| トラックバック(0)

おともだち☆

otomodachi.jpg

サンジェルマン大通りで見つけました。

へん。

いっぱいいます。
これは河童のおともだちです。
日記 | 投稿者 dr.mana 04:15 | コメント(5)| トラックバック(0)

かっぱ作かっぱ☆

kappa_touge.jpg

わたしがはじめてつくった
河童と河童のお皿です。

河童にまゆげ。
ちょっとへん。

シェンカーさんのところにいます。
河童パーティの時は、
お皿と河童の間にきゅうりを並べましょう。



shishiodoshi.jpg
こがっぱ作に獅子脅しを合体させてみました。
ちょうどお皿に水が落ちるように・・(from TJさん)

日記 | 投稿者 dr.mana 04:21 | コメント(2)| トラックバック(0)

河童マスク☆

kappa_ask.jpg

くちばしの形がえらべます。
あなたに合った河童マスクをどうぞ。

わたしはこの黄色いのが欲しいです。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090902-OYT1T00880.htm?from=navlp
日記 | 投稿者 dr.mana 16:06 | コメント(2)| トラックバック(0)

有田の久保田さん☆

kappa_onaji.jpg

陶芸でお世話になった有田の久保田さんに
パリで会いました。

かっぱのおきものをもらいました。
どうもありがとうかっぱ!

kappakappakappa.jpg

すごくかわいいかっぱ。
奥の院にかざってます。

またあそびにきてください。
日記 | 投稿者 dr.mana 00:56 | コメント(7)| トラックバック(0)

月刊こがっぱ作品☆

わたしが日本でつくった作品です。

666_and_mayu.jpg
シェンカーさんとまゆさん。

ferrari_kappa.jpg
フェラーリです。
ちょっとへん。

茶坊主もつくりました。

シェンカーさん、まゆさん
いろいろありがとうかっぱ。

陶芸教室にもたくさんいきました。
わたし、ちょっとじぃさんみたい。

cup_kappa.jpg
かっぱ。かっぱ。かっぱ。

cup_overview.jpg
上からみたとこ。

kei_kokuin.jpg
うら。


かっぱ。かっぱ。かっぱ。

chawan_overview.jpg
上からみたところ。

itadakimasu.jpg
うら。

久保田さん、いろいろありがとうかっぱ。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:35 | コメント(4)| トラックバック(0)

こがっぱの日本滞在中途報告☆

keitai_kogappa001.jpg

わたしは電車に1時間のって
陶芸教室にかよってます。
河童をつくってます。
この前はこうらをつけるのをわすれたので
あしたつけにいきます。

わたしは道をまちがえるので、
日本でつかうけえたい電話をママがくれました。

ほかの日はグーパパ(グランパ)と囲碁をしたり
かっぱ橋でフェラーリをつくって
アルバイトしています。

かっぱ。

keitai_kogappa002.jpg
日記 | 投稿者 dr.mana 01:15 | コメント(7)| トラックバック(0)

鳥オルガン☆

with_onesan.jpg

わたしはシェンカーさんのところで
アルバイトしています。
まゆさんといっしょです。
今日は鳥オルガンをつくりました。

tori_organ.jpg

ひょろひょろ音がでます。
ちょっとへん。

かっぱオルガンつくりたいです。
もっとへん。へん。へん。へん。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:28 | コメント(8)| トラックバック(0)

かっぱのお皿ごはん☆

kogappa_meshi.jpg

五目御飯を炊きました。

ぽっぽっぽっぽ

ふたをあけたら
かっぱのお皿になってました。

なんでかっぱ?

日記 | 投稿者 dr.mana 01:15 | コメント(6)| トラックバック(0)

へんカード♪☆

card_665

おもて、フランス語です。

card_omote.jpg

メリークリスマス

あめましておめでとう2009。

card_naka.jpg

なか、なぜしょうゆ?
へん。へん。へん。
かっぱ。
日記 | 投稿者 dr.mana 22:38 | コメント(7)| トラックバック(0)

きゅうりマスク☆

mask_cucumba.jpg

かっぱっくを楽しみにしていたのに
夕食にきゅうりがでました。
半分とっておいたのに。
わたしのきゅうりマスク。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:35 | コメント(7)| トラックバック(0)

うしかっぱ☆

ushikappa.jpg

わたしはすぐにおなかっぱになります。
でもなんども食べます。
いつももぐもぐしてます。
わたしうしみたい。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:13 | コメント(10)| トラックバック(0)

みどり男☆

midoriotoko.jpg

わたしのお気に入り。
だってみどり男だから。
よく頭がとれます。
いつも一緒に歩いてます。

日記 | 投稿者 dr.mana 01:07 | コメント(8)| トラックバック(0)

かっぱっく☆

cucumber.jpg

本物のきゅうりを使います。
はじをちょっと食べました。

zombie.jpg

すごくきもちよかっぱ。
少しねました。
おわったら河童肌。
ニキビもよくなりました。
また来週“かっぱっく”します。

☆こがっぱの観察人より、ひとこと☆

こがっぱが語ると「へん」なだけ、
世間一般的にはふざけてる部類にしか思えませんが、
実はきゅうりのパック、
韓国ではアカスリの仕上げ時など
古くからポピュラーな
ナチュラル美容として親しまれています。
ただし、シミの元になる成分があるので
くれぐれもするなら夜、
日差しは避けてください。
手順はこちら → ◎ に記しておきますので、
どうかいちど、お試しあれ。
日記 | 投稿者 dr.mana 14:52 | コメント(10)| トラックバック(0)

キュウリパック初体験☆

kappack01.jpg

キュウリパックを試しました。
20プンそのままでした。
河童のにおいがしました。
気持ちよかっぱ。

kappack02.jpg

今度は本物のキュウリで
やってみたいです。

日記 | 投稿者 dr.mana 20:29 | コメント(5)| トラックバック(0)

IL KOGAPPA♪☆

urs_kogappa01

わたしは
IL DIVOのウルスに
似ているといわれます。
でもわたし歌うとじぃさんです。

urs_kogappa02

☆こがっぱの観察人より、ひとこと☆

キアヌ・リーブスのファンの方に引き続いて、
イル・ディーヴォのファン
ならびにウルスのファンの皆さま。
本当にゴメンナサイ(^^;)
こがっぱ、だいぶ調子にのってるようです。
本物のウルスと違って歌うと果てしなく、、、
いろんな意味でズレてるくせに。
それに、へんな酢コンブをもらって
喜んでペロッと食べちゃうじぃさん系ウルスなんて、
どこにもいませんよねぇ(^o^)

日記 | 投稿者 dr.mana 01:22 | コメント(4)| トラックバック(0)

天河童の岩戸♪伝説☆

amanokogappa01.jpg

機嫌が悪いと閉まります。
by こがっぱじぃさん

amanokogappa02.jpg

こがっぱの観察人より、ひとこと

廊下(老化?)の突き当たりにあるのが、
こがっぱの巣である通称『奥の院』です。
自分に不都合なことがおこったり、
何らかの理由でスネたりすると、
こがっぱ、しばらくは扉を固く閉じて出てきません。
どんなに呼んでもなだめてもおどしても、
そこから絶対に出てこないのです。

amanokogappa03.jpg

なのに食事の時間になると、、、
いつのまにか扉が開いて出てくるのです。
いったいどこまで単純な。。。
┐('`;)┌

これを、、、
『天河童(=あまがっぱ)の岩戸』と呼んでます。

日記 | 投稿者 dr.mana 01:41 | コメント(2)| トラックバック(0)

キアヌ・きゅうリーブス♪☆

kiuri_kiuri.jpg

私のシャワージェルは
きゅうりがはいってます。
これを使うと河童のにおいがします。

あなたもひとつ、いかがですか?
日記 | 投稿者 dr.mana 00:44 | コメント(8)| トラックバック(0)

こがっぱの春☆

kogappa_kappa.jpg

春になると花が咲きます。
春になると河童の髪もよくのびます。
春になると河童じいさんになります。

こがっぱの観察人より、ひとこと

先日、親子ともどもお世話になっている方が、
こんなことをおっしゃっていました。

「こがっぱくん、ずいぶん大きくなって。。。
 なんだか、あの俳優さんに似てきたわね。
 、、、ええっと、キアヌ・リーブス?」

(・。・)

こがっぱ、快挙です d(>◇< )
こんなふうにホメていただいたことはありません。

ちょっとキアヌ・リーブスを見る目が
変わっちゃいましたけど。
そういえばあの方もどこか「へん」な感じが。。。(^^;)

日記 | 投稿者 dr.mana 18:03 | コメント(11)| トラックバック(0)

東京カッパプール☆

kappa_pool.jpg

ドラゴン兄の日本語の教科書でみつけました。
カッパじぃさんにあいたいです。
1000metresはくたびれるので、
アルバイトでなく泳ぐがいいです。

東京カッパプール、中野にあるのですか?

こがっぱの観察人より、ひとこと

こがっぱ、どうやら本気で
東京カッパプールにいきたいらしく、、、
どこにある? としつこく訊ねること訊ねること。

それが落ち着いたと思ったら
このイラストをじっと眺め、
「この指、わたしみたい。。。」と
ずいぶんうれしそうな顔でにやにやしていました。
今さらいうのもなんですが、
ほんっとーに、、、「へん」な子です (^^;)


日記 | 投稿者 dr.mana 21:36 | コメント(9)| トラックバック(0)

こがっぱ、ベルギーへ行く at 2009/2/23☆

belgique.jpg

こんにちわあああ
かっぱです。
今ベルジックにいます。bruxelle
カーナバルでオレンジひろったかっぱ。
小さい町にいろいろおもしろかった。
へんなUSBほしいです。
おげんきで、さようなら。

picnik00.jpg
日記 | 投稿者 dr.mana 20:51 | コメント(6)| トラックバック(0)

雪のパリにサラリーマン河童♪

snow_kogappa01.jpg

今日は雪です。
今日から1週間、研修で Company にいきます。
わたしはサラリーマン河童。

道を間違えないようにします。

日記 | 投稿者 dr.mana 22:31 | コメント(5)| トラックバック(0)

かっぱのティッシュ☆

kappa_tissues.jpg

これは河童のチッシュです。
みどりでへんだからです。
ハナがすーすー
ぴりぴり
目がじわじわします。

でもわたしのお気に入り。
河童なにおいだから。

日記 | 投稿者 dr.mana 04:42 | コメント(4)| トラックバック(0)

河童の指☆

sankaku_finger.jpg

わたしの指は三角です。
手袋の先に穴があきます。
河童のゆびみたい。
ちょっとへんです。

わたしみたいに
へんな指の人いませんか?

日記 | 投稿者 dr.mana 15:02 | コメント(4)| トラックバック(0)

かっぱむすと一緒☆

kogappa_suimin.jpg

かっぱむすと一緒にねると
いつも朝はわたしの顔のうえ。

なぜかわかならい。
ちょっとへん。

日記 | 投稿者 dr.mana 21:37 | コメント(6)| トラックバック(0)

さようならかっぱ♪☆

goodbye.jpg

2006年1月から3年弱にわたって続けてきた
『こがっぱ観察記』ではありますが、
このあたりで“観察記録”から、
若干の準備期間をおいた後に
本人発信のブログへと変換して
いこうと思います。

ここまで続けてこられたのは、
ひとえに皆様の温かい愛情の賜でございます。
大変感謝しております。

少年から青年へ。外身は順調に成長しつつ、
精神年齢は相変わらず老人、、、というか、
中身は着々と老化への道を進んでるこがっぱ。('◇')

けれど、経済成長が世界的に頭打ちになって、
周りだとか足元だとかを見つめ直すような時代に進むと、
亀の甲より年の功、ヒューマニズムに溢れた
『お年寄りの時代』到来になるのかもしれません。
ほんのりとした脱力系のお笑いも、
もっともっと大切になっていくのだとも思います。

こがっぱは『河童&老人大国』設立のロマンを胸に秘めつつ、
今日も生涯学習に励みます。

世界平和と皆様の幸福を心からお祈りしつつ。。。
しばしの間、さようならかっぱ。

今までどうもありがとうございました。
('◇') & (@'o'@)

日記 | 投稿者 dr.mana 03:28 | コメント(6)| トラックバック(0)

2008年夏の戦利品大賞☆

こがっぱの棲む奥の院の特別奉納棚は、
この夏の日本帰りの戦利品、
へんなもので溢れています。
キャンプでもらってきたものは、日焼け。

そして、こがっぱの夏休みもいよいよ終わり。

最後のエントリーは、この2点でした。

zenkei.jpg

左手には、懐かしい南仏のマダムからの贈り物
、、、をニヤニヤしながら私から奪っていったもの、
そして右手には、、、

bubun.jpg

サンティアゴ・デ・コンポステーラの
ひょうたん&ほたて付プチ
巡礼というより、まるで謎の錬金術師のようです。
健脚系のおまもり
こんなに似合う14歳は、
ほかに見たことがありません。



堂々の2008年夏の
へん戦利品大賞No1は。。。

\(o⌒∇⌒o)/じゃん!!

suaberu.jpg

河童グリーンの、、、
しゃべるきもかわいい貯金箱
from TJさん でした。
日記 | 投稿者 dr.mana 23:44 | コメント(7)| トラックバック(0)

でか頭、賞賛♪☆

dekaatama.jpg

キャンプ用に、気に入って自分で選んで買った帽子。
どこにいくにも斜めにかむってでかけます。

この前も知ってるおねぇさんに指摘されました。

「いい帽子ねぇ。ちょっとかむらせて」

いいよ、、、はいかっぱ

「ん。。。?
 ケイ君この帽子、、、
 なんだか妙に大きくない

xxl.jpg

ニヤニヤしながら、
サイズのところを黙って指差すこがっぱ。

XL !?

「ずっ、、、ずいぶん大きいサイズねぇ。
 ケイ君小さく見えるけど、、、
 本当は大きいのかな

あっ、傷ついちゃったかな、しまった、、、
という表情をするおねぇさん。

ところがこがっぱ
いよいよ得意満面です。
うんうんとうなづきながら自分の頭を指さして、

私、ちょっと頭おおきい
 だって私、ここ
いっぱい詰まってる('◇')

(^◇^;)

おそるべきポジティブ・シンキング。
そのでかあたまには、
きっとお豆腐が詰まってるんだわ。
┐( -"-)┌

日記 | 投稿者 dr.mana 22:33 | コメント(8)| トラックバック(0)

その先の『へん』☆

1週間のキャンプ生活から長い時間かけて、
無事にバスで帰ってきたこがっぱ。
疲れたついでにと、休む間もなく
再びクルマの旅にでることになりました。

行き先はここ
私の知人夫婦のクルマに同乗しての移動です。

ケイくんのお返事の『な”ーーー』とか
『どぁーーー』とか。
なんだか日本のじぃさんみたいよ。

早々と本質を見抜かれるこがっぱ
こう見えて意外とシャイで人見知り気味なのですが、
しまった、、、というように、鼻の下をのばします。



oo_hashi.jpg

ロワール最下流の大橋を通っては、、、
へん へん へん
 これはへん <( ̄- ̄)>

wara.jpg

藁で作ったシャトーを道路沿いに発見しては、、、
へん へん へん
 これはへん <( ̄- ̄)>

shiohigari.jpg

潮がひいてるだけの砂浜にクルマをおきっぱにして
潮干狩りにいくフランス人を見ては、、、
へん へん へん
 これはへん <( ̄- ̄)>

kao_kao.jpg

顔に見えるありとあらゆるものを見つけては、、、
へん へん へん
 これはへん <( ̄- ̄)>

、、、と、ボソボソ
へんなもの認定大会
勝手に開催しているこがっぱ。

tabemono.jpg

ムール、ギャレット(そば粉のクレープ)に
シードル(軽いリンゴ酒)で
だいぶご満悦の様子です。

ケイくん、なかなか楽しそうだね。
一緒に来てよかったなぁ。


あのぉ、、、

無口がこがっぱがおそるおそるクチを開くので、
オトナ達はどうしたのかと注目します。

どうしたのかなー?
おなかでも空いたのかな? 遠慮せずにいってごらん。


この先に、、、

うん。この先に、、、?

この先に“へん”はありますか?

(´ρ`)。。。
えーっと、、、いちばん“へん”なのは君だよ。


日記 | 投稿者 dr.mana 01:21 | コメント(6)| トラックバック(0)

地の果てのこがっぱ遍路☆

フランス国内をぐんぐんと南下しながら
同年代の若者達と
キャンプ生活を満喫しているはずの、
こがっぱじぃさん

なのに、なぜここにいる、、、?  
┐(´`;)┌

henro.jpg

“サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の最終地点、
“地の果て”フィニステラ岬にいました。
杖にひょうたん、、、
ごがっぱ愛用長寿健脚守り
と同じです。


おまけ

kappanoie.jpg

流し目が憎い、河童の家。ひなびた漁港でめーっけ。

konbi.jpg

右となりの小さい方まで顔に見えたら、、、
おめでとうございます。
あなたのこがっぱ度は50%アップです。
日記 | 投稿者 dr.mana 04:23 | コメント(3)| トラックバック(0)

いかっぱ♪☆

ikappa.jpg

こがっぱの幼少時。
年子の3番目ということで、
その成長の過程はに包まれています。

いつ寝返りして、いつはいはいして、
いつあんよができたのか、
親族誰にも、記録も記憶もされず。。。

いつの間にかしゃべりはじめ、
そのうちにおむつもとれ、、、
こざる”や“ピテカントロプス”、
武士の嫁”の時代を経て、
気がつけば河童ラブの面妖なじぃさんに成長、、、
というか老化しておりました。

そして、冒頭の写真です。

なぜこがっぱだけ
こんなふうにフードをかぶってるのか、
やっぱりそれもに包まれてるのですが、
うん、なんだかイカっぽいというか、
もっとそっくりな何か、、、に似ている。

(゚0゚) はっ!
これだわ。これに間違いない。

呼子。。。

ゲゲゲの鬼太郎にでてくる呼子は
“こだま”や“やまびこ”の仲間です。

そういえば、、、こがっぱの特徴といえる
何たべるぅ、、、何たべるぅ、、、何たべるぅ
どこいくぅ、、、どこいくぅ、、、どこいくぅ
という繰り返し。
これは、まさしく“こだま”。
その源流はここにあったのね。
<(`^´)>

またひとつ、
が解き明かされた?こがっぱでした。

日記 | 投稿者 dr.mana 14:07 | コメント(8)| トラックバック(0)

ダブル『奥の院』☆

sotoshime.jpg
普段は固く閉じられている扉。

こがっぱの『大江戸神社仏閣探訪+
じぃさんばぁさん商店街巡りの旅2008
』、
締めくくりは成田山の奥の院です。
7月7日から9日(今年はその前の週末も含む)のみの
御開帳に、幸運にも日程が重なったこがっぱ。
待ち合わせの駅を危惧した通りに
ちゃんと乗り越していったこがっぱを
なんとか連れ戻してご案内していただいた
TJさんのおかげで、拝観することができました。

sando.jpg
立派な参道に導かれるこがっぱ。

sotoaki.jpg
聖なる洞窟の入り口。

naibu.jpg
不動明王の本地仏、大日如来像が安置されているそうです。

mikoshi.jpg
祇園会の大神輿。

naritakame.jpg
たくさんの亀に喜ぶ?こがっぱ。



さて、そしてこちらはパリ・サンジェルマンの奥の院。
何かしらの気配を感じて
参道ともいえる渡り廊下からふと内部を覗きますと、、、

kooni01.jpg

なっなに、、、、!? (゚0゚)
こがっぱ”ならぬ“こおに”が
占拠しているではありませんか。

kooni02.jpg

よくよく見たら、お兄ちゃんのヘアディップで
髪をいたずらされた
こがっぱでした ( ̄▽ ̄)

同じ“奥の院”でもえらい違いです。。。

日記 | 投稿者 dr.mana 00:23 | コメント(8)| トラックバック(1)

TJさんとご対面☆

tjj.jpg

先日、こがっぱ憧れのTJさんと、
溜池の某ホテルのカフェでご対面しました。

小さなショルダーポーチに
健脚長寿守りをアクセサリー代わりに、
上から下まで黒いいでたち、
かっぱ橋での戦利品が入った白い紙袋を
大事そうに抱えたこがっぱに、
TJさんがひと言。

「こがっぱくんてば、謎の留学生って感じですね」

その後のふたりの会話は
あんまりかみ合ってるとはいえないように思えましたが、
初対面なのにどういうわけか、
心の深い部分で
理解し合えてるような気が……(^^;)

たとえば、こがっぱがカフェを出て
トイレにスタスタと向かっていったとき、、、

「きっと電話がかかってきますよ
 こがっぱくんから」

、、、チャラリララン♪
と私のケータイが鳴るので見てみると、
表示には Keikappa と。。。

えーーーっ!? (^^;)

もし。わたしトイレみつけた('◇')

(´ρ` )

ひとしきりビックリした数分の後、、、

「こがっぱくん、
 また電話してきますよ

、、、チャラリララン♪

えーーーっ!? (^^;)

な”────っ
 わたしトイレ終わった。。。

( ´ρ`)。o ○

あげくにカフェを出て帰るときに、
親切な TJさんが、電車にひとりで乗るこがっぱを
“この地点まで見送ればぜったいに間違えず
実家のある駅に到着するはず”というところまで、
送ってくださることになりました。

「それでもきっとこがっぱくんは
 間違えそうな気がするなぁ、、、」

見事に予言通りになりました。
普通に考えたらあり得ない間違え方で。はい(^^;)

TJさん、いったいなぜに
どうしようもなく面妖なこがっぱの
行動パターンが判るのでしょうか、、、?

同じ惑星の宇宙人としか思えません。

TJさん! お忙しいところ、
本当にありがとうございました。

日記 | 投稿者 dr.mana 00:42 | コメント(3)| トラックバック(0)

実録! こがっぱSms☆

kogappa_sms.jpg

わたし、ひとりで東京でいろいろでかける。
 電車もひとりでのる

今回の日本へのひさしぶりの帰国にあたって、
なぜか強行にそう主張していたこがっぱ。
出発前に東京ガイドをゲットし、
ローマ字で書かれた路線図を穴のあくほど見ておりました。

わたしひとりでだいじょーぶ

根拠はどこにもないんだと思いますが、
こがっぱもじぃさんっぽいとはいえ、そこは男の子。
冒険心はおおいに結構です。

が、私は仕事ぎゅうづめなので都心のホテル滞在が基本。
子供たちと一緒に帰ってきたときには、彼らは
郊外にあるおじいちゃん&おばあちゃんの家に居候です。
移動距離がそれなりにあるし乗り換えも必要だし、
日本語もがんばってはいるけど、まだかなり妙です。
、、、だいじょうぶかしら(^^;)?

そんなことをこがっぱのこともよく知ってる
旧い知人になんとなく相談したら、
「ケータイと、あとはSuicaやPasmoがあれば、
 今の日本ならまだだいじょーぶでしょ。うん」

おまけに使っていないケータイがあるから、、、と、
こがっぱに貸してくれることになったのでした。

私と私の実家、そして念のために都心に住む
その知人・ユキさん(仮名)の番号だけ登録して
Nokia のケータイを手渡すと、
こがっぱ、ぱぱぱと操作してまたたくまに
そのケータイの使い方をマスターしました。
こういうところはすごい才能です。じぃさんなのに。

これでちょっと安心かな……と思っていたら
なんと! 私の知らないところで
ひそかに事件は起きていた
のでした(-_-)

仕事の忙しさなら東京でもトップクラスといえる
ユキさんに、こがっぱはなんと! 遠慮会釈なしに!
意味もなくSMS? ショートメイル? を
ばんばかと送りつけていたのです。(^o^;)

【第1日目】

おやすみなさい、かっぱ。
「おやすみ、こがっぱ。ユキさんより。」
「とどいてますか?」

【第2日目】

とどいてをどのうみですか?
 かっぱより。
どうしてママにSmsをかきなれないぬ。。。
「ママのでんわはSmsができないんだよ。
 ユキさんより。」
わかっぱです。かっぱより。
「こがっぱは、きょうはなにをしてますか?」
ねた、買い物をした、たべた。てれびをみた。
 かっぱより。
「日本はたのしいですか?」
たのしくてきれいなくにですでも
 あんまりうぼけないだから
 ざんねんですよー_ー”。かっぱより。
「これからかっぱというおみせで、ごはんをたべます。
 いつかこがっぱも、つれていってあげたいです。」
はいはいよろしくかっぱ。
 おやすみなさい。かっぱより。
「おやすみかっぱ。またあした。」

【第3日目】

おはようゆきかっぱ。けんきですか?
 かんじのべんきょうしています。
「おはよう。こがっぱはげんきですか?
 かんじはむずかしいけど、おぼえたらカッコイイです。
 べんきょう、がんばってください。」
「こがっぱはきょう、ずっとおべんきょうですか?」
いいえ、あさくさにいった、
 ふくをかったそしてうちにもどった。かっぱより。
「よかったですね。あさくさはどんなところでしたか?」
にぎやかで楽しいなまちですけどあんまり
 きれいなまちではありません。
「こがっぱは、あしたはなにをしますか?
 たのしい1日になるといいですね。」
「今日は雨ふりですね。ユキさんはオフィスでしごとです。
 この雨は、こがっぱがふらせたのですね?」

【第4日目】

今日は買い物をするとパソコンをとりにいく。
 それからおはようございます。かっぱより。
「きのうは雨だったけど、今日は河童です。
 こがっぱはなにをする日ですか?
 そういえば、おはようございます。」

【第5日目】

今日はホテルに行って
 あしたかっぱばしに行きます。
「こがっぱはホテルでなにをしてあそぶんですか?」
ホテルにそとに行って、
 おいしいなものをたべて、
 おなかいっぱいになった。
「おなかっぱ、ですね。」
なああああ
 おなかっぱあああああでした。
 かっぱより。おやすみかっは
「はやねはやおきは、とてもいいことですね。
 おやすみ、かっぱじさん。」

【第6日目】

はいはい、ホテルはよかった、
 かっぱばしもよかったTjを合って
 もうすぐかえりましょう

、、、(^^;)
こがっぱの日本語がだいぶ妙なのもオカシイですが、
それでも日本のケータイでメイルを打てるところまで
上達したことを思うと、ホメてあげなければいけません。
ところどころ本格じぃさんっぽい日本語が見られるのは
あまりホメたいとは思えないのですが。

それよりも、土日も朝も夜もなく仕事ばかり、
仲間内でメイルをしてもまず返ってこないことで有名な
スーパーサラリーマンのユキさんが、
こがっぱに返事をしてるだけでなく、
こがっぱからの返事がないことを心配したのか
続けてメイルを送っていたり、
こがっぱに妙に影響されてたりするのが、
もうおかしくておかしくて(^o^)

やっぱり、こがっぱは
変な具合に中毒性があるのかも知れません。

というのも、かわいくて若い娘でもなく
ただのこがっぱだっていうのに、
「会いたい」「会わせろ」というお方が
たくさんいらして。。。今回の日本帰国では、
こがっぱ、大人気なのです、、、(^◇^;)

次回はいよいよTJさん登場なるか!?
日記 | 投稿者 dr.mana 21:50 | コメント(11)| トラックバック(0)

武士の嫁☆

bushi0001.jpg

先日、ひょんなことから
面白い写真をみつけちゃいました。

そう。なにを隠そう
こがっぱは武家の血筋
の末裔なのです。



こがっぱ、これ、Samurai Nippon
なかなかいいじゃない? きゃはははは (↑◇↑)

んー、、、かっぱ('◇')

こがっぱ、どうやら照れてる様子です。
しばらくにやにやしながら写真を眺めてると思ったら、
ふと気がついたように、、、

わたし、なぜ女みたい

(^◇^;)
ふつう、中学の最高学年あたりの男の子って、
そういうことを考えたりする前に
写真そのものの存在をいやがりそうな気がするけど。。。

こがっぱは大物なのか、それとも
ただへん!なだけなのか。。。(*_*?
日記 | 投稿者 dr.mana 22:28 | コメント(6)| トラックバック(0)

アマテラスこがっぱ☆

01amaterasu.jpg

先日の母の日に、チキチキ龍こと、こがっぱの兄が
お母さん(=私)のため
に描いてくれた
自分自身”のマンガをしげしげ見ていた、
ある午後。

ちょっとした発見をしてしまいました。

ハラジュクシブヤ、、、
ギャルオ!! きゃはははは (^○^)
ん?? ヴィジュアル Kei。。。(O_O)?
、、、なにかしら。これ。

チキチキ龍はでかけています。
そこで奥の院でもそもそしてるこがっぱを呼び出して
訊いてみることにしました。

ねぇねぇ、こがっぱ。
この Kei ってなーに??

ちょっと眉間に皺を寄せて
困ったようなこがっぱ。

わたし、、、
 この Kei しらない。。。

そこで、はたと思い当たりました。
ヴィジュアル Kei(=こがっぱ)ではなくて、
ヴィジュアルケイ(=系)です。間違いありません。

どうもこれや最近の動向を見る限り、
チキチキ龍はビジュアル系が目標のようです。
彼の好きな日本のバンドも、
そういえばメイクばっちりの美少年系なのでした。



お兄ちゃんはビジュアル系、、、
それじゃ、、、こがっぱは、、、(・_・?

ねぇねぇ、こがっぱ。あなたは将来、何になりたいの?
まだ河童('◇')になりたい? それとも、じぃさん?

んーーーーー。かがくしゃ。。。
 だって文学、あんまりできない。
 わたし、理系がいい。
 だから、かがくしゃ、、、

まあ、、、科学者とは。。。
“河童になる”よりは成長したわね。

「だって、わたしもう河童('◇')。。。」

、、、(^◇^;)

じゃ、、、じゃあ科学者になって、
将来はどこで暮らしたいの?

えっとーーーーーー

パリ? 東京? ニューヨーク?
それとも、ぜんぶ?

ぶんぶんと首を横に振るこがっぱ。

02amaterasu.jpg

と、黙って上を指さします。

、、、 ??

こがっぱ、こっくりとうなづきます。

天に住みたいの?
、、、でも天国なら、黙ってても
じぃさんになって
そのあと行けるわよ

こがっぱは、にやにやしながらこう言い放ちました。

ちがう。パラダイス('◇')

“かがくしゃ”になって
パラダイスに住みたいこがっぱ、、、
もうじき日本でいうなら中学校の最終学年です。

少しは大人になったんでしょうか。。。?

日記 | 投稿者 dr.mana 20:12 | コメント(9)| トラックバック(0)

こがっぱの気づかい♪☆

enryokappa.jpg
こがっぱ7ー8歳の頃のカット。
昔からレストランでは行儀のいい子でしたが、
食べながらよく居眠りしてました(^^;)
考えてみたら、この頃からじぃさんだったのね。。。


ある日の夜、こがっぱのおさら、
いえいえ、おなかに嬉しいお誘いが
ふってわきました。

私の知り合いの御夫婦が日本からいらしていて、
こがっぱたちにも
ディナーの御招待
があったのです。
うちの子はほんとに変わってるので、、、
何度も遠慮したのですけれど、
逆にそこが興味をかきたててしまったらしく。。。
いわゆる怖いもの見たさでしょうか。

わがサンジェルマン・プチ妖怪屋敷の周辺には、
リーゾナブルではあるけれど
そこそこおいしいビストロがたくさんあります。

わたし、いく ('◇')



こがっぱくん。学校、楽しい?
日本語は、好き?

さんざん注目されながら、神妙な顔で答えるこがっぱ。
そう、こがっぱはこう見えて
実はけっこうな人見知り屋さんなのです。

メインディッシュの鴨のコンフィをぱくつきながら、
炭酸入りミネラルウォーターをごくごく飲むこがっぱ。
あっという間にボトルがからっぽに。。。

あらーーーお水の次は、ジュースでもどう?
遠慮なんかしないでね、こがっぱくん。

あ、、、私お水でいぃです。。。
 このお水、からだにいぃ。。。

まぁ、ほんとに遠慮しなくていいのよ。
コカコーラとかは?? こがっぱくん、きらい?

コカ高い、、、私お水でいぃです、、、

まぁ! なんていい子なんでしょ。
だけどこのおじちゃん、億万長者だから、
遠慮なんてしなくてもいいのよーーー。

じゃあ、、、ママも、、、少し飲むなら、、、

まぁ!! まぁ!! こがっぱくんって、
なんて優しいお子さんなんでしょ。

奥様にほめられて思いっきり照れるこがっぱ。
こがっぱ株急上昇でした (*^。^*)



でもねーーーこがっぱ。
ここだけの話し。あなたの好きな
炭酸ミネラルウォーターとコカコーラ、
、、、実は同じ値段なのよねぇ (^◇^;)
日記 | 投稿者 dr.mana 06:54 | コメント(7)| トラックバック(0)

ヘアサロン・サンジェルマン☆

初夏みたいなパリの陽気につられたのか、
妙に陽気なこがっぱじぃさん
てふてふてふ、、、と奥の院からやってきます。

私の髪、伸びてきた。
 少し切ってください


そういえば、いつのまにか、
ちょっとロン毛っぽいくらいにまで伸びてます。

変幻自在のサンジェルマン・プチ妖怪屋敷♪
とたんにヘアサロンに早変わりです。
私はさっと落書きをすると、、、

こがっぱ、この中でどの髪型がいい??

hairkogappa.jpg

じぃーーーーっと見つめるこがっぱ。
にやにやして、すかさず指さします。

これ!!

あら、、、一番をえらんだわね。
こんな短くていいの?

違う。そうじゃない。
 このかっぱ、一番かわいぃ ('◇')

そうじゃないのはあなたでしょう、、、(^◇^;)
まぁいいわ。適当に短くするわね。



神妙にカットされるこがっぱ。

そろそろ前髪の長さを確認してみてね。
はい。これ、、、鏡。

私は鏡をポンと渡すだけ渡して、
今度は後ろの長さを整えててあげてました。
その間中、微動だにしないで
手鏡に見入ってるこがっぱ

やっぱり、なんだかんだいって、
いくらじぃさんぽくても
こがっぱ、お年頃なのね (^。^)

そう思って前にまわり、
こがっぱにチラリと目をやってびっくり。

鏡の裏面を穴の空くほど
見つめているではありませんか。

(´ρ` )。。。

ねぇねぇ、こがっぱ。あなたさっきから
いったいなにしてるの??
裏だと前髪の長さ、見られないでしょ?
ひっくり返して、、、ほらほら。

(゚0゚) あほんとだ。
 私うつってる。。。

にやにや照れ笑いするこがっぱを見ながら、
この子の将来がちょっとだけ
心配になったりするのでした (・_・;)

日記 | 投稿者 dr.mana 02:50 | コメント(12)| トラックバック(0)

クイズ♪ ザ・こがっぱ☆

hikitsuri001.jpg

ある日、写真の整理をしていて、
見逃すことのできないカットを発見してしまいました。

クイズ

こがっぱじぃさん、
なんとも表現しがたい
複雑な表情を浮かべています。
いったいどうしたというのでしょう?

答え

昨年の夏の終わり、
チュールリー公園の移動遊園地でのお話です。

レインボーとかいう
フライングカーペットの横向き版、ご存知ですか?
遠心力と重力の兼ね合いで
お尻がうく、例のやつです。

気持ち悪くなるし、結構怖かったりするのよね。
という周囲の声に、、、

これ私ぜんぜんこわくない
 おもしろいだから私のる ('◇')

得意満面
余裕で一番端に座ります。

いざ、スタート。はしゃぐ笑顔。。。
だったはずなのですが、、、

頂上に近づくにつれ、、、目は虚ろ。
笑い顔もひきつっていき、、
そして、、、これです、これ(^◇^;)

きゃっきゃっきゃっきゃっきゃっ(↑∇↑)

hikitsuri0002.jpg

日記 | 投稿者 dr.mana 01:13 | コメント(6)| トラックバック(0)

番外編☆清明神社にてこがっぱ発見♪☆

shiki001.jpg

京都で開催された学会の合間の息抜き、
怖くて妖しい京都”探訪中に、
陰陽師の清明神社にて見つけてしまいました。

shiki002

(^▽^)こっ、、、こりは、、、
こがっぱ

数年前、こがっぱを秘書代わり
荷物持ちにして
パリで仕事ミーティングにでかけたとき、
あれ? 麻奈センセ
 今日は“式神”づれですね
と知人にいわれたあたりからなんとなく、
式神っぽさを発揮してる気がしてたこがっぱ。

でも、まさか心の故郷といえる一条戻橋に、
こんなふうに現れるとは思いませんでした。
(´ρ` )

shikii003.jpg

記念に、、、
限定品の『 式神 フィギュアストラップ』を
お土産用にゲットしたのはいうまでもありません♪
日記 | 投稿者 dr.mana 06:30 | コメント(8)| トラックバック(0)

ナポリの休日♪☆

pompei01.jpg
ポンペイ遺跡からヴェスヴィオ火山を臨む。

「今度、クラスで研修旅行あるよ。
 はぁーーー大変 (´・`)
 ナポリに5日間なんだ。
 ヴェスヴィオ火山地質学調査と、
 ポンペイでは遺跡発掘調査だよ」



先日、全行程を無事に終えた
こがっぱ調査隊員が戻ってきました。
かっぱのくせに、かなり日焼けしているようです。

lemon.jpg

「ママ、おみやげにママのいってたレモンチェロだよ。
 一番へんな形だったからこれにしたんだ。
 はっくちょん

Bless you!
わざわざへんなのをどうもありがとう。
ところで、ナポリに河童はいたの?

「いたよー。ぼくぅ。
 河童はぼくぅ ('◇')
 はっくちょ!!

(´ρ` ) そうねぇ。そうだったわねぇ。
それで、調査は大変だったの?
なんか風邪ひいてない?? 火山、寒かったんじゃない?

「火山にはね、、、煙もくもくで誰も近づけなかったんだ。
 ナポリを山の上からみただけ。お天気できれかったよ!!
 いっぱい着てたから寒くなかっぱ。
 ポンペイでね、、、途中でぼく、
 友達と迷子になっちゃったんだ。
 1時間もみんなとちがうとこにいたんだ。
 それに毎日毎日暑かっぱ。
 はっくちっ

( ̄‥ ̄;)

「食べ物はね、ピッツァとかパスタとかね。
 おいしかっぱうまかっぱ
 レストランで食べたんだ。
 はっっっくちょ!!



結局、こがっぱの話しをまとめてみると、、、
火山とポンペイに加え、
カプリ島周遊ソレント観光つき。
きわめつきは宿泊で、、、
ナポリ湾近くの豪華4つ星ホテル。。。

いったいどこが研修なのかしら、、、( ̄ ̄ー ̄ ̄)

ちなみにこがっぱの風邪は、あまりに暑くて
ホテルのベランダ
一晩寝たせいらしいです。

とにかく、、、引率の先生方も大変おつかれさまでした。
ナポリのクラス旅行、大変いい思い出になったようですわ。



せっかくですので、、、
こがっぱアルバム抜粋☆コメントつきです。

1:ナポリ市内
city.jpg
スパッカナポリのあたり。教会にもいったよ。

2:ヴェスヴィオ火山
kazan01.jpg
ちゃんと杖を借りてのぼったよ。
火口は危なくて近づけなかったんだ。


kazan02.jpg
山から見たらすっごいきれかっぱ。

3:ポンペイ遺跡
pompei02.jpg
すっごい広かっぱ。

pompei03.jpg
このあたりの道で迷ちゃった。

4:カプリ島
capri01.jpg
カッポリだよ、、、

capri02.jpg
これもカッポリ、、、
日記 | 投稿者 dr.mana 01:39 | コメント(2)| トラックバック(0)

緊急レポート!! 奥の院分室・秘宝館♪☆

今回は、特番です。

今夜は奥の院分室・秘宝館が、年に1回、
5分間だけ勝手に開く日だそうです。
普段はその扉が固く閉ざされているという伝説の奥の院、、、
時たまな”ーーーーーーという
おたけびが聞こえる場所といえば
もうおわかりの方もいらっしゃるかもしれません。

さて、この幸運な機会に遭遇し、
世界に向けて公開することを許可していただいた私。

世界的に希少価値があるわけでもなんでもなく、
ただただへん!な秘宝の所有者である
こがっぱ氏のご好意によるものということを、
まずはじめにお伝えしておきたいと思います。

hihou01.jpg

なにやら『怪しい少年少女博物館』を彷彿とさせる
一見無造作のようで、実によく計算されたこのディスプレイ。

こがっぱ氏の熱き思い入れが
伝わってくるようです。

hihou02.jpg

こがっぱ氏お手製の神棚発見! 
合羽橋の河童寺のお札もしっかり確認できました!
ここには写っていませんが、
右手前には河童関係の根付けのコレクションがあります!

おっ??? これは???

hihou003.jpg

煮込み専門店として有名な
かっぱ(の宿)領収書です。

こがっぱ氏、いったい、、、
どこからもってきたんでしょうか (^◇^;)



おっと。今回はもうお時間になってしまいました。
また来年の一般公開日まで、お楽しみに。

こがっぱ氏、どうもありがとうございました。
日記 | 投稿者 dr.mana 00:45 | コメント(2)| トラックバック(0)

カメかっぱ☆

kamekappa.jpg

最近のこがっぱのお気に入り、
TJさんからいただいた
カメかっぱの根付け。



「TJさん、ありがとう!! (゚0゚)ん ???
 へん!! カメかっぱ。なんかへん

早速、称号最高水準のへんを連発。

お皿がないからだ。
 お皿をつくってくる ('◇')

そう、頭頂部もふさふさ髪の
中国うまれの河童さんなのでした。



こがっぱくんなら、頭を削るかもしれませんね!

TJさんの期待を裏切り、お皿の代わりに
無難にひっつきムシのようなものを
くっつけた様子。

これなら苦手なカメの甲羅にも存分に触ることができて、
こがっぱ、ご満悦です。

日記 | 投稿者 dr.mana 00:03 | コメント(3)| トラックバック(1)

健康こがっぱ♪☆

kenkoukappa.jpg

ひとつ年上のお兄ちゃん・不死身龍は、
いまや思春期真っ盛り。
髪の立て方ひとつにすら異様なこだわりを見せ、
毎朝、彼が洗面所を占領しはじめると、
30分は軽く待たされるほどです。

そんなわけでこがっぱ
目が覚めるやいなや、
猛ダッシュ
先に洗面所にかけこむ日々を強いられています。

ある朝の身支度時、
不死身龍がこがっぱにいいました。

「このデオドラント。すごくいい匂いなんだ。
 オンナノコにもモテるらしいぜ。
 おまえも試してみろよ」

、、、('◇')
 んーーーー


お兄ちゃんから手渡された
男のデオドラント”のパッケージを
ジッと見つめるこがっぱ。

そして、神妙な表情でひとこと。。。

ふーーーー <( ̄- ̄)>
 これ、ケミカルな成分がいっぱい入ってる。
 身体によくない


不死身龍、クチをぱくぱくさせるものの、
何もいいかえすことができません。

こがっぱ
13歳とは思えない老成した思想で、
カッコつけたい真っ盛りの14歳の青春小僧を
キレイさっぱり諭しちゃったのでした。

気になるのは身体への良し悪しばかり。。。

おそるべし健康じぃさん (^◇^;)
いつまでもお達者で。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 12:20 | コメント(11)| トラックバック(0)

こがっぱが遭遇したものは、、、☆

kogappappa.jpg

休暇でぐんぐんと南下したこがっぱ
滞在したホテルのテラスで、
ちょっと珍しいモノに遭遇しました。

のっしのっしのっしのっし

こがっぱ、瞬間的ににした目を次の瞬間にはカッと開き、
そのモノの動きをじぃーっと見つめて追っています。

kamearuku.jpg

「甲羅。甲羅甲羅甲羅
こうらーーーー。。。かっぱ

こがっぱ、大興奮です(^◇^;)

nekoneko.jpg

のっしのっしと堂々とした歩みを見せるこのカメは、
猫ごときになどまったく物怖じせずに我が道を往き、
そのチカラ強さと勢いにおののいた猫の方が
退散して道をあけてしまうほど。
人間の足があろうと、へっちゃらで向かってきます。

「このカメ、へんへん
 、、、へーーーん!!

へんなモノに勝手に認定し、こがっぱは大満足。
しばらくのあいだ、甲羅の後をついて歩いていました。
もう興味津々、大のお気に入りになった様子です。

それでも、、、怖くてさわれない
ちょっと情けないこがっぱなのでした(´・`)
日記 | 投稿者 dr.mana 00:38 | コメント(7)| トラックバック(0)

こがっぽん☆

kappon.jpg

ある、のどかな夕方のこと。

ふんふんふんふん♪

こがっぱはご機嫌に
河童鉄道 777 』を描いてました。
去年のいつ頃からか定かではありませんが、
なにしろずーーーーーーっと!
舞台はミラー惑星のままです。

ここにお金の単位をいれなくちゃいけないんだ。
 ブツブツブツ、、、


ドル、ユーロ、エン、フラン、ポンド、、、
いろいろあるじゃない?
でもミラー惑星だからやっぱり、、、ミラー?

ブンブンと首を振るこがっぱ。

かっぽ('◇')

へっ?

かっぽだよ

、、、かっぽ(^◇^;)

極上の思いつきをしたかのように、
こがっぱじぃさん、得意満面です。

サンチーム(ユーロの下の単位)は、かっぽん

、、、かっぽん(^◇^;)

以来、小銭入れのコインを見ると、、、

2かっぽ15かっぽん、、、?
あら、コーラを買うのに
小銭が5かっぽん足りないわ

、、、( ̄▽ ̄)はっ

となることがあったりします。。。

おそるべし、こがっぽん。


日記 | 投稿者 dr.mana 04:05 | コメント(3)| トラックバック(0)

こがっぱ上人☆

sokusin.jpg

ある、小春日和の黄昏時のこと。
奥の院から鈴の音のようなものが聞こえてきます。

チャリィーン♪

チャリィーン♪

チャリィーン♪

適当な間隔をあけながら、、、

チャリィーン♪

あの音はコインがじゃらじゃらついてる
私のベリーダンス用の腰飾りに違いないわね。
今は私のへんなものコレクションの棚の
敷布代わりになっているはず。

チャリィーン♪

どうしたのかしら、、、と見に行くと、
静かに目を閉じて、、、
瞑想してるかのような表情のこがっぱ
ベットの上に横たわっていました。
そして、手だけのばして、、、

チャリィーン♪

はぁ。なんだか、、、聞いている方が眠くなりそう。
1 / f ゆらぎを利用した河童的入眠儀式なのかしら?

チャリィーン♪

私がサロンに戻ってもしばらく続いていて
もう止まりそう、、、と思うとまた、、、

チャリィーン♪

(´・`)

こがっぱじぃさんの奇行にばかり
つきあってるわけにはいきません。
私は再び仕事に熱中して、ふと気づいてみると、
その音は聞こえなくなっていました。

、、、寝たわね



( ̄▽ ̄) はっ。
そこで私は気がつきましたの。

これって即身成仏のときの鈴の音みたい。。。

2歳半でフランスに渡ったこがっぱですから、
即身成仏のお話を知っているはずはありません。
なのに極めてナチュラルに。。。チャリィーン♪

、、、もしかしたら、こがっぱ、
前世のどこかで即身仏様だったのかも知れません。

、、、こがっぱ上人
もしかしたら私は、大変なモノを
生み育ててしまったのかも知れません。

(^◇^;)

日記 | 投稿者 dr.mana 03:13 | コメント(6)| トラックバック(0)

中世のこがっぱ☆

奥の院よりときおり聞こえてくる、
こがっぱのこの雄叫び、、、

んな”ーーーーーーーーーーー
んあ”ーーーーーーーーーーー

調子が悪くても。。。
ご機嫌でも。。。

これが聞こえてくるまれまれした昼下がりは、
たまにこがっぱの将来が
ほんの少しだけ心配
なったりいたします (^◇^;)



こがっぱのちょっと変わった雄叫びは、
こがっぱ作の『河童鉄道777』にも
もちろん登場しています。

aaa.jpg

6月までは入場無料の建物まるごとガロロマン、
クリュニー中世美術館にもいました。

musee.jpg

なんだか欽ちゃんだとか
ドリフを彷彿とさせるこのポーズ

こがっぱに見せると、、、

な”ーーーーーーーーーーーー。
 へんのカオ。でもこれ私。。。


(^◇^;)

おそるべし、こがっぱ。
中世にも痕跡を残していたとは(゚0゚)
日記 | 投稿者 dr.mana 08:42 | コメント(2)| トラックバック(0)

こがっぱインコ☆

oumu.jpg

突然ですが、みなさまは
アレックスという天才インコをご存知でしょうか?

私は先日、鳥類発声中枢と
ヒト音声言語についての研究で知られる、
ある高名な大脳生理学の先生趣味:乗馬)から、
その感動的な話しを聞いたのでした。



そのインコのアレックス
鳥の知能を研究していたアメリカのペッパーバーグ博士が
言語やら概念を教え込んだ成果もあって
驚くなかれ人間でいうなら
5歳児レベルの知能はもっていたようです。

去年、他界したのですが、
博士に贈った最期の言葉というのがこれ。

Be good.
 See you tomorrow.
 I love you.


なんと感動的な話ではありませんか (T.T)



思わず、アレックスについていろいろ調べてしまいました。

疲れたときは疲れたといい、
 何か食べたい時には食べたいという。
 そしてゼロの概念も知っている


インコとしてはまさしく天才としかいいようがありません。
、、、はっ? これは何かにシンクロするわ。

くたびれた時にはくぅたびれたといい、
 何か食べたい時にはなに食べるぅ?? という。
 そして無の概念も知っている


しかも、、、
なに食べるぅ?? なに食べるぅ?? なに食べるぅ??
どこ行くぅ?? どこ行くぅ?? どこ行くぅ??
くぅたびれた。くぅたびれた。くぅたびれた
かっぱかわいい。かっぱかわいい。かっぱかわいい
と単調なフレーズをほとんど1分おきに繰り返し、
ときどきとても13歳とは思えない
老子のような悟りをも見せるあの男。。。。('◇')

、、、こがっぱ、このアレックスくんに負けない、
立派な河童をめざすのよ。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:59 | コメント(3)| トラックバック(0)

杖守り☆

dragon001.jgp

年明け早々のお仕事帰国。
初詣で子供達にお守りを買いました。

『学業成就』×3人分なんて
簡単に決められるものではありません。
今どきはお守りも多様化してるせいか種類が豊富ですし、
何よりも、、、自慢じゃありませんが、
うちの場合は3人それぞれ
大変に個性的な成長の仕方を
してくれてますので。。。

長男にはあまのじゃく封じ込めのための印籠、
次男には彼の崇拝する龍が描かれた絵馬、
そして三男こがっぱには、、、
考えた末にこれを選びました。

omamori001.jpg

だって、口癖が「くぅたびれたぁ」だし、、、
想像を絶するへんな恰好で転ぶし、、、
おうどんを食べながらうとうとしたりするし、、、
フトコロの深さと狡猾さ(?)をあわせもつ
その性格もずいぶんとそれっぽいし、、、
というわけで、、、!

健脚・長寿 お守り

( ̄▽ ̄)

13歳の男の子にこれを買うのもどうかと思いますが、
買わせる気にさせるほどの
老成ぶりを見せるこがっぱもどうかと思います。

日記 | 投稿者 dr.mana 01:40 | コメント(3)| トラックバック(0)

こがっぱ的小宇宙☆

皆さま、なぜ夜が明けるのか、、、
わかりやすく説明することってできますか?

こがっぱ大博士グレート・マスター
によると、、、

cosmo.jpg

太陽が月を「バン!」と
突き飛ばして(月飛ばして?)
昼になるそうで、、、( ̄▽ ̄;)

アリストテレス
コペルニクス
ガリレオ・ガリレイ真っ青の、
あまりにも突飛な宇宙観。。。
わが子ながら、ときどき心配になったりします。

お正月早々、失礼しました。
河童鉄道777』の1コマでした。

日記 | 投稿者 dr.mana 21:43 | コメント(7)| トラックバック(0)

祝・2008年☆

みなさま、新年明けましておめでとうございます!
\(o⌒∇⌒o)/

card.jpg

年末に念願のケータイを手に入れて
ご満悦のこがっぱ。
みょうちくりんな SMS
ひょこひょこ届きます。

はっ、、、
また keikappa からだわ。

kappa ?
kappa kawaii
kappa 777 kakimasu
nani taberu ? doko taberu ?

(^◇^;)

yukidaruma.jpg

2007年から2008年になってもあいかわらずですが、
今年もこがっぱと『河童鉄道777』を
よろしくお願い致します

この1年がみなさまにとって
幸多きものでありますように (*^。^*)

日記 | 投稿者 dr.mana 23:19 | コメント(7)| トラックバック(0)

お天気こがっぱ☆

ある日のこがっぱ。
何を思ったか、日頃変格30段活用している
お気に入りのはずの Mac をもってきてひと言。

わたし、PC がいい。
 Mac 使っている人、まわりにいない。
 わたしも PC が欲しい


こがっぱは日本語学校に通うようになってから、
ときどき『わたし』という一人称を使います。
ますますじぃさんっぽいのですが。。。

それにしても、こがっぱ。
Mac ヘビーユーザーかと思いきや、気がかわったの?
とにかくすぐに買えるわけじゃないし、
待ってなさい。

、、、これをリサイクルしたら PC 買える。
 お金もかからない


あのね。うちのコンピューターは皆ママが管理しているの。
勝手に売ったり買ったりはできないのよ。
それに PC は、予備に1台あったはず。
当面それを使ってればいいでしょ?

ぶーーーーー。あたらしの。
 (`^´) もうこれいらない


こがっぱ眉間にしわをよせつつ
Mac をサロンに置いたまま奥の院に閉じこもって、
まるで貝のようになっていました。

こういう時はしばらく、
ほーーっておくことにしています。



案の定、そのうち天岩戸が開く音がして、
キッチンで何か物色している気配が。。。

あ”ーーーーーーっ!
 な”ーーーーーーっ!


(^◇^;) !?

雄叫びに何事かと思ったら、
満面の笑みをたたえたこがっぱが、、、

kogappa_kao.jpg

ほら、見て見て見て。これ、へん (^o^)
 今、落としたらカオになった


こがっぱ、変形したデザート用の
キャラメル・クリームの容器を嬉しそうに見つめています。

しばらくすると、今度は POST(郵便局)のおじさんが
小包を届けにやってきました。
TJさんからのプレゼントでした。

tj_kodutsumi.jpg

ありがとうかっぱ!! かわいいかっぱ!!

タイミングよく2つもご機嫌なことが続いた
こがっぱじぃさん。

サロンの Mac をまた何事もなかったかのように、
無言でさっさともっていってしまいました。

、、、こがっぱ心と秋の空(´ρ` )
日記 | 投稿者 dr.mana 19:41 | コメント(3)| トラックバック(0)

食べ物の好き♪☆

tabemononosuki.jpg

こがっぱ作の不条理大河マンガ
河童鉄道777』は、いよいよ第12巻目に突入。
現在御一行様が滞在しているのは、ミラー惑星。
例によって奇々怪々な生物が登場しております。

日頃のお勉強のかいもあって、
日本語をお兄ちゃんに教える
くらいまで上達したこがっぱ
すでにセリフも、自分でどんどん
埋めていけるようになりました。

結構やるじゃない(^^)



先日、何気なく読み返していたら、
こんなのを見つけて椅子から転げ落ちそうになりました。

これはわたしの一ばんの
 たべもののすきです。


( ̄▽ ̄)

まだまだだわ。。。
しばらくリフレインしそうです(´ρ` )

日記 | 投稿者 dr.mana 16:29 | コメント(5)| トラックバック(0)

予言者こがっぱ☆

yogen01.jpg

こがっぱ5歳の時のイラストがでてきました。
向かって右ふたりがお兄ちゃんたち。
こがっぱは左です。

意味不明のアルファベットが並んでいたり、
中(どうやら気持ちらしい)の顔」と当時いっていた
上の顔のほっぺにある不思議な図形、それにみそっぱ。
気になるところは多々あれど。。。

、、、はっ!! ('◇')

私はきづいてしまいました。

まだ『こがっぱ』を襲名どころか
河童の存在すら知らなかったはずなのに、
すでに、、、こがっぱの頭にお皿がのっている!

、、、はっ!! ('◇')

私はまたまた気づいてしまいました。

しかも、、、眉をしかめて目を細めているこの表情!
今のこがっぱ最大の関心事である『顔トレ』に違いないわ。
そういえば、、、(^◇^;) と探してみたら、
やっぱり出てきました。この写真。。。

yogen02.jpg

まるで『顔トレ』のトレーニング項目のひとつ、
顔全体の神経をハナに集中していきます。
 はい、1、2、3、4、5
」と同じ顔だわ (^○^)



5歳にして自分の近未来が見えていたこがっぱ。
やはり、ただものではないようです(´ρ` )
日記 | 投稿者 dr.mana 22:48 | コメント(5)| トラックバック(0)

『NFかっぱB』☆

hennokao.jpg

このニュースは、、、皆様ご存知ですか?

老化の“司令塔”発見、
マウスの肌若返りに成功...米チーム

米スタンフォード大などの研究チームが、
体の様々な組織を老化させる“司令官”としての
役割を担っているたんぱく質を発見、
マウスの皮膚の一部で
そのたんぱく質の働きを抑えたところ、
肌の若返りに成功した。
..................(中略)..................
高齢になると各組織で活発化するものを探し、
免疫の調節などにかかわる「NFカッパ B」に着目。
..................(後略)..................
(2007年12月1日14時34分 読売新聞)


NFカッパB= Nuclear Factor-Kappa B
タンパク質の一種で、
老化促進に関わる重要な因子といわれてます。
これを抑える操作をすることで
皮膚の場合は老化ストップどころか若返るそう。
今後検証の余地はおおありにせよ、
エイジングをふまえた皮膚科学的見地からいっても
大変興味のある話題であったのでした。

ならば、なぜに本業のHPではなくここで取り上げたのか。
もう皆様にはおわかりですよね。

NFこがっぱB
もしや、NFこがっぱG3

( ̄‥ ̄;)

エイジング促進派こがっぱじぃさん
世界侵略計画かもしれません。


日記 | 投稿者 dr.mana 17:29 | コメント(4)| トラックバック(0)

顔トレこがっぱ☆

kaotore01.jpg

ニンテンドー DS での顔トレーニングに励む
こがっぱじぃさん100歳100歳。

連日にわたる練習の甲斐があって、
とうとう自己ベストが出ました。

ぱかぱん!! \(o⌒∇⌒o)/

75歳!!
いえいえ、75%! Bランク!

kaotore002.jpg

右上のうひょー顔など、
あの顔トレHPのおねぇさんモデルに近づきつつあります。



表情筋の衰え防止に励む
こがっぱじぃさんの近況でした。
日記 | 投稿者 dr.mana 01:47 | コメント(4)| トラックバック(0)

こがっぱの転げ方♪☆

koroge.jpg

ある日の朝、両手をぷらぷらさせて、
こがっぱがひと言。

きのう、転んで手を打った。
 下にしてると痛い。上にしてると大丈夫


あらーーー大丈夫? どこ打ったの?

両手の甲にできたスリ傷を見せるこがっぱ。

(?_?) ん??? どうして手の甲?
いったいどうやって転んだの?

こがっぱ、波のジェスチャーをしながら答えます。

坂がへんだったから

(´ρ` )
坂のせいにする、狡猾なじぃさん的発想。

それにしても、普通、転ぶと手のひらをつくものでしょ?
私の頭には「あーーー」とかいいながら、
仰向けに万歳しながら倒れるこがっぱの映像が。。。

(^◇^;)
もしや、実は頭の後ろとか打ってない? ほかの場所は?

手のココだけ。前に倒れた

(-_-)??
DSかなんか、手にもってたの?

何ももってない。リュックにゼンブいれてた

こがっぱ、何かをだきかかえる恰好のまま、
ゆーーーーっくり前のめりになるジェスチャーです。

うーーーん。どう考えても
スポーツ万能”の転び方とは思えません。

なによりいままで生きてきて
転んで両手の甲をスリむいたヒト
というのは初めてです。
、、、はっ ('◇') 河童かぁ。

不思議な生き物こがっぱは
転げ方まで謎に満ちているのでした。

日記 | 投稿者 dr.mana 21:02 | コメント(7)| トラックバック(0)

ヒマラヤのさとー♪☆

わががサンジェルマン・プチ妖怪屋敷の厨房には、
いろいろと不思議なものが並んでいたりします。

先日、こんなものを発見してしまいました。

sio_sato.jpg

手書きでひょろんと、
情けなくフタに書いてある
SATO』の文字。

これはわが家では定番のヒマラヤのお塩のはず。

中を確認すると、やはりお馴染みの
ピンク・ソルトでした。

いったい誰が誰をひっかけようとして
こんなことしたのかしら。
でも、いまさら誰もひっかからないと思うんだけど、、、

そこにひょこひょこ
こがっぱが何かを物色しに現れました。

ねぇねぇ、こがっぱ。
これ、誰が書いたのか知ってる?

あーそれ、わたし

( ̄- ̄)
やっぱり......こがっぱじぃさんの仕業ね。
で、どうして書いたの?

かっぱだから

誰がひっかかると思った?

首をブンブンと横に振るこがっぱ。

だって、かっぱだから

(´ρ` ) 
以来、わが家ではこの貴重な2億年前の岩塩
ヒマラヤのSATO』と呼んでます。
日記 | 投稿者 dr.mana 00:28 | コメント(7)| トラックバック(0)

こがっぱ顔トレ中☆

夜、、、手にニンテンドーDSをもって、
サロンにそーっとやってくるこがっぱ。

へんなもの、、、
(例の大人のDS顔トレーニングソフト
こがっぱはこう呼んでます)
ぼそっとつぶやくと、おもむろに
トレーニングらしきものを開始しました。

台におかなくちゃいけないんだ

kao01.jpg

、、、薄目をあけて、はい、そのまま、、、
 1、2、3、4、5


HPで聞いたのとまったく同じ声、同じフレーズ。。。

神妙な顔
イラストのマネをするこがっぱ

あらーーこれ、
自分の顔も記録していくのねーーー。
なかなか高性能のようだわ。

つぎはじぃさんだよ

kao02.jpg

はい。そのままキープ。
 1、2、3、4、5


(^◇^;) こっこれは、、、
逆に額の皺が深くなるのでは??

それにしても、わざとモザイクがかかっている様子。
凝っているのねーー。

kao03.jpg

(* ̄◎ ̄*)ほんとにコワイって

1日1回なんだ

こがっぱ、今日のトレーニングの成果は
54点Cランク
昨日よりも成績がアップしたようでご満悦です。

それにしてもこがっぱったら、
表情筋なんて鍛えて、、、
いったい何するツモリなのかしら。
ほんっとに不思議な13歳です。
日記 | 投稿者 dr.mana 21:57 | コメント(4)| トラックバック(0)

こがっぱが欲しいおみやげ☆

hyoujoukin.jpg

留守番をエンジョイしているはずのこがっぱじぃさんに、
日本のお土産は何がいいのか、メイルで聞いてみました。

数日たって届いた返事。。。

どちでもいい、もし高い買っていかない。:D

これを正確に日本語訳すると、
どっちでもいいよ。もし値段が高いなら、
買わなくてもいいからね(^o^)
”となるわけですが、
この言葉とともに、ふたつのURLが書いてありました。
そこをクリックしてアクセスしてみると、、、

最初のはニンテンドーDS用のワンセグ
さもありなん。
でも残念ながら発売日には、私は日本にいません。

次のアドレスをクリックすると。。。

( ̄▽ ̄)!!

大人のDS 顔トレーニング
表情筋を鍛えて、明るく元気な顔づくり

そこに写っているのは、、、すましていればキレイなのに、
トレーニングのカリキュラムに合わせて
唖然とするほどダイナミックな表情を披露してくれる
おねぇさん。この表情の変化っぷり、ものすごい才能です。
無表情でいたかと思えば「1,2,3,4、5」のリズムで
次第に鳥肌を誘うような笑顔に変化していったり、
にらめっこなら無敵のひょっとこ顔に変化したり。
もう怖いやらおかしくて笑っちゃうやら。。。
人間の顔ってこんなふうに激しく動くものなのね、、、と、
「美」に携わる医師として初めて知った瞬間でした。

なるほど、このソフトにしたがってトレーニングをすれば、
表情豊かな女性になれるのは間違いないし、
顔の筋肉を使うことで引締まった小顔になれるかも。。。

でも、、、こがっぱがなぜこのソフト
だってこれは、どちらかといえば
エイジングが気になるお年頃の
女性のためのソフトなはずです。
13歳の男の子が欲しがるなんて、意味がわかりません。
まさか脳年齢がじぃさん並なことにショックを受けて
表情筋を鍛えようと考えたわけでもないでしょう。

何か勘違いしちゃったのかしら、、、?
でも、サイトには詳しい説明が書いてあるし。。。

考えたら気になって気になって仕方ありません。
メイルだとまどろっこしいので、
たったこんなことでパリまで電話してしまいました。
仕事がつまってモーレツに忙しいっちゅーに。

ねぇねぇ、こがっぱ。
日本のお土産のことなんだけど、
いったいぜんたいどうして
フェイストレーニングのソフトなんて欲しいの?

ん? へんだから ('◇')

へんだから、、、(´ρ` )

なんとなく頭のはじっこのほうで予想してたけど、
やっぱりそうきたか。。。

ニンテンドーDSから次々と繰り出される指示に従って、
口を開いたり額を伸ばしたり鼻をひくひくさせたりしてる
こがっぱのおかしな表情とそのたたずまい。
簡単に想像がついちゃうのが不思議です。
おかげで1日、笑いが止まらず仕事がはかどりませんでした。

うまくゲットできたら、
フェイストレーニング中のこがっぱじぃさんを特写して、
皆さんのお目にかけたいと思います。
日記 | 投稿者 dr.mana 09:39 | コメント(7)| トラックバック(0)

ピテかっぱトロプス☆

pithe.jpg

昔の写真の整理をしていたら、
それこその数ほどありました、、、へんな写真。

なかでも秀逸だったのがこれ!

今からおよぼ10年ほど前。
こがっぱ、3つか4つくらいの時。
場所はどこかの博物館だったはずです。

当時から私のライフワークは“美とイタヅラ”。
、、、だったのでほぼ間違いなく私が
「バックのお猿さんに似てる人(ピテカントロプス)と
おんなじポーズして!」ってリクエストしたのは
ほぼ確実だと思います。記憶にはないんだけど。
けれど、、、私の言葉を素直に聞き入れて
こがっぱの肩を抱いた不死身龍に対して、
何も構わずてふてふ歩き続けようとするこがっぱ。

なのに、とってもナチュラルに、、、
まで同じように半開きにするかなぁ、
こがっぱ (^◇^;)

脱力ナンバー1。。。

三つ子の魂百までも。
日記 | 投稿者 dr.mana 16:13 | コメント(11)| トラックバック(0)

こがっぱ『Drawn to life』にはまる☆

kappadai.jpg

綿密な(?)作戦をねって手に入れた
DSライトがっすっかりお気に入りのこがっぱ

毎朝、同じ時間に奥の院から聞こえてくる
低くなりはじめたしゃがれ声。

おすわり!
おて!
ふせ!

どうやらヴァーチャル犬に、
しつけをしている様子。

その名も『かっぱいぬ(^◇^;)



どこを探しても、河童がいそうでいないんだ。
 だから、、、河童、自分でつくったよ


!! ( ̄▽ ̄)

kazaguruma.jpg

次にみせてもらった画面には、
『おいでよ どうぶつの森』系のほのぼの風景に
確かにこがっぱ作の kappa 全身像が、、、動いてました。

なんでも『 Drawn to life 』 とかいうソフトらしいです。

世界広しといえど、
かっぱゲームをクリエイトしているのは
こがっぱだけかもしれません。

keicity.jpg

自分の名前の町。。。

restaurant.jpg

パスタのレストランらしいです。
やはりきゅうりや海藻を中心とした
「体にいぃ」ベジタリアン食なのかしら。。。?

kujira.jpg

かっぱくじらをクリエイト!!

脳年齢が40代からいっこうに若返らない(!)
老成こがっぱの河童らぶは
まだまだ留まるところを知りません。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:09 | コメント(10)| トラックバック(1)

こがっぱの脳年齢☆

ds001.jpg

こがっぱのたんじょうび』用に
思いっ切り策略を練ってゲットしただけのことはあり、
DSライトにご執心の最近のこがっぱ。

電子手帳代わりはもちろん、
インターネットにアクセスしたり、
映画をダウンロードしたり、
音楽をダウンロードしてiPodのように聴いたり、
ソフトで日本語や漢字のお勉強をしてみたり、
まさに変幻自在に楽しんでいる様子。

今日も『かっぱじじぃ』の絵を描いてご満悦でした。

ds002.jpg



ママ、みてみてーーー。
 これ脳年齢がわかるソフトだよ! やってみるね


あーーー日本で流行っているやつね。
仏語版もあるのね。

にやにやと脳トレーニングをはじめるこがっぱ。

あーーーちょっとむずかしい。
 あーーーこれ、たいへん。
 あーーー間違えた!




しばらくして結果がでました。

脳年齢66歳

あらあーーーまだ13歳なのに
もう脳は66歳なのねぇーーー。
どうりで変なところだけ老成しているわけだわ。

ちょっとフクザツな表情のこがっぱ。

もういっかい、やってみるよ

そのあとは42歳と少し若返ったものの、
3回目のチャレンジでは77歳でした。

( ̄▽ ̄)

こがっぱ。。。
あれだけじぃさんになりたがってたもんねぇ。
脳はじぃさん、、、ホントよかったわねぇ。。。

ds003.jpg
日記 | 投稿者 dr.mana 02:29 | コメント(16)| トラックバック(0)

シソの葉仮面☆

kappachio.jpg

おなじみサンジェルマン・プチ妖怪空中プチ農園は、
豊穣の秋を迎えています。
今回は、、、巨大シソ。

気持ち悪いくらい大きいんです。



ねぇ、こがっぱ、
これで原始仮面つくってみない?

えーーー。うーーーー
(とかなんとかいって、きっとまたママは記念写真撮って
 ブログにのっけるんだろうなー、という疑いの目)

あらーーー気がのらないのなら
別にいいのよぉ (⌒-⌒)

とにかくシソの葉っぱをこがっぱに渡して、
しばらくほっておいたら案の定、、、
好奇心には勝てなかったらしく、
狙いどおり仮面にしてキッチンを散策してました。

すかさずパシャッ (^▽^ケケケ

shisokamen.jpg

見た目はおばけのような巨大な姿ですが、
お味も香りもおいしいフツーのシソでした。
サラダや和風スパゲティ、
和風ハンバーグのおともになってくれてます。
日記 | 投稿者 dr.mana 21:09 | コメント(6)| トラックバック(0)

こがっぱの策略☆

schu.jpg

私の前回の超短期ハイパー帰国の最中に、
こがっぱが誕生日を迎えることになりました。

プレゼントに欲しいものをリストにしなさいね、
といってももじもじにやにや。。。
なかなかはっきりしません。
そして、とうとう出発当日。

あとで、、、コレ読んで!

と、幾重にもたたまれた紙を渡されたのでした。
空港へ向かうタクシーの中で、
どれどれ、、、?

hukuro.jpg

最初に視界にはいってきたのは、
TVの漫画タイトルのような巨大な脱力系袋文字。

こがっぱのたんじょうび

(´ρ` ) 

そして中味を見てみると、、、

nakami.jpg

『たんじょうびに日本のプレゼントは
 DSライトです。』
 
うるうると黒目がちのかわいい河童に、
満身の笑みのヒトデ頭のこがっぱが
描かれているではありませんか。

どういうわけか、語尾は完全な断定です<(`^´)>

ん?? そういえば、これ、、、
なんだかデジャヴだわ。。。



日本で友人たちにこれを見せたら、
みんな、びっくりするくらい同じ反応でした。

かわいいもんじゃないの。
お留守番もしていることだし、
買ってあげたらいいんじゃない?

もし、私がこれを買わないで帰ったら
まるで「あなたは鬼母だわ」みたいな言いよう、、、
こういうものに人は抗えないってことを、
きっとこがっぱはよーく知ってるのです。本能で。。。
まったくずるい (^◇^;)

けど、、、確信犯こがっぱ。
意外にみどころあるわね。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:46 | コメント(6)| トラックバック(0)

世界のこがっぱ その1☆

旅先やもちろん日常でも、
いきなり“こがっぱっぽい”光景に
出会うことがあります。

河童やみどり色関連、
そして多くは“ぶちゃかわ”系であるわけですが、、、

neko.jpg
クレイジークロック。

kappa.jpg
、、、まんま!

karimero.jpg
先住民族のこがっぱ、その1。

niyaniya.jpg
先住民族のこがっぱ、その2。

pack.jpg
この見事な“まれまれ”感。

pokupon.jpg
河童のぽくぽん。

binkao.jpg
ワイン3兄弟のようです。

umihotaru.jpg
そこはかとなくマリーン系。

inukao.jpg
こんな人、いますよねぇ。

、、、と、正体不明(?)の
思わず「、、、ふっ」と短く笑わされてしまう存在は、
別に意識して探さなくてもあちこちにあるのです。
こがっぱとの共通キーワード
笑い癒しまれまれ感。
それがこんなにもたくさんあるっていうことは、
もしかして、、、もしかして、、、
こがっぱも社会に必要とされているのでしょうか(・_・?

まさか、、、ねぇ(^◇^;)
日記 | 投稿者 dr.mana 04:05 | コメント(7)| トラックバック(0)

こがっぱの将来☆

kapagon.jpg

フランス版『14歳のハローワーク』を
興味深そうに読んでいたこがっぱ

、、、しめしめ。
そろそろ少しは自分の将来について
考えるようになってきたのね。

どう? 何かなりたい職業ある?

かっぱ(・◇・)

河童って、、、職業なのかしら?
という素朴な疑問をおさえつつ、、、

それはよく知っているんだけれど、
ほらーー、人間界での掟っていうのもあるじゃない?

かっぱ(・◇・)

じゃぁメインは河童として、
サイドビジネスとかで、
ここに並んで書いてある職業の中に
何か興味あるものとか、、、ないの?

するとこがっぱは、マジメな顔で空欄を指差すと、、、

かっぱ(・◇・)

ねぇねぇ、こがっぱ。
河童って、いったい何をしているの?

かっぱ(・◇・)にきいて

。。。( ̄ー ̄)

アインシュタインのような数学者とか、
囲碁のプロとか、アーティストとか、、、
そういうのはどうしちゃったのかしら。
シンプルに1点狙いになっちゃったわね。
それもとってもとっても狭い1点。。。

いよいよ声変わりが本格的になってきて、
若干気怠そうな思春期特有の徴候がでてきたこがっぱ。
でも、河童らぶは当分変わりそうにありません (^。^)
日記 | 投稿者 dr.mana 01:32 | コメント(6)| トラックバック(0)

東北エレガンス☆

先日、知人から秋田出張のおみやげといって
なまはげキティ』をいただきました。

それを見ていて私は「はっ、、、(゚0゚)」と、
あることを思い出しました。
こがっぱ作『河童鉄道777』のある1コマと、ある事実を。

suppatsu.jpg

こがっぱは正真正銘クォーターなのでした。
東北の血の、、、(^o^)

祖母の郷・遠野地方を見たこともないはずなのに
河童らぶなのは、そのせいもあるのかしら。。。?
日記 | 投稿者 dr.mana 09:35 | コメント(7)| トラックバック(1)

こがっぱヒーロー☆

36sai.jpg

こがっぱ作の不条理宇宙大河浪漫マンガ、
河童鉄道777』は、まだまだ続きます。
現在の滞在地は“本”惑星。

無実の本どろぼう疑惑で拘留されている主人公のケイを
救い出そうとしている仲間達。

そこでなんと! 未来からやってきたケイに出会うのでした。

どうも『河童鉄道777』で大活躍したケイは
将来ヒーローに認定され、
それを書きつづった原本も
この“本”惑星に寄贈されているようです。
このあたりの時系列は
実は私にもなんだかよくわからないのですが (~o~)

とにかく、、、無精髭を蓄え、
精悍な顔立ちのおやじに変身しているケイ。
自らを主人公にしたマンガにしては、
あまりに遠慮なくイケメンに描きすぎです。
これはけいかっぱ本人の願望かしら。
それとも、神だから未来もすべて知っている、、、?

「わたしはけいです。私はどろぼうじゃありません」
「何さいですか?」
「36さいです」

、、、いきなり年齢をたずねる妙な会話の展開に
いつものことながら呆けさせられましたが、
とにかく『河童鉄道777』はじまって以来のシリアスキャラ、
ケイ36歳は(なぜに36歳なのかも謎)、
頭だけは相変わらずの
海星(ヒトデ)スタイルなのでした (●⌒∇⌒●)
日記 | 投稿者 dr.mana 14:15 | コメント(5)| トラックバック(0)

早かっぱ参上☆

haya001.jpg

奇天烈なキャラクターが次から次に出てくる
こがっぱ作の不条理大河浪漫マンガ『河童鉄道777』に、
今度はその名も『早かっぱ』が登場!

開口一番でてきた挨拶の言葉は、
自称創作漢字 by こがっぱであるところの、、、

まれまれします』。

( ̄▽ ̄)
さすが河童語の挨拶だけあるわね。

それにしても、、、
流線型の自転車競技用ヘルメットのような頭をもち、
甲羅にジェットエンジンを搭載した早かっぱ!
ツールドフランスにでもでてきそうな、
スピードのでそうなスタイルです。
なんか期待が高まっちゃいますね。

haya002.jpg

へっ('◇')? 、、、おさるのかごや
人力車ならぬ、河童力車?
なんだか、アジアっぽい。。。
でもシートベルトがいる、ってことは、、、!?

haya003.jpg

(゚0゚) !!!
この状態この装備で“かっぱロータス”並の速さとなると、
乗っている方も大変だわ。
本領発揮の早かっぱに翻弄される、、、
だけど結構スピード好きの
河童さんとまぎーさんなのでした(^o^)

、、、あらら? もしかして私、
いつのまにか777を楽しみにするようになってる。。。?
こがっぱは、、、伝染するのかも知れません。
それが証拠に、先日電話をかけてきた私の知人は
開口一番「まれまれしまーす」。

(^◇^;)

そうした皆さんのためにも、
『河童鉄道777』の続きのスキャンとアップ、
急がないといけないですね(*^。^*)
日記 | 投稿者 dr.mana 16:33 | コメント(9)| トラックバック(1)

こがっぱの運動神経☆

はじめにお礼です。

midorino01.jpg 

コメントでお世話になっているTJさんからのプレゼント、
全身河童を彷彿とさせる『みどりのちしゃつ』を
喜んで着るこがっぱ、、です。
TJさん、どうもありがとうございました。
友情出演は日本のコンビニでみつけた、
河童色のぽにょにょんYoYo

midorino02.jpg

刺激で光ります。



さて、どんなにじぃさんちっくであろうと
ほかの子たちとはいろんなところがだいぶ違っていようと、
ちゃんと法律にのっとって、
名目上は年齢相応に学校へ通っているこがっぱです。

ヴァカンスがはじまったある日、
恒例の成績表が送られてきました。

( ̄ ̄ー ̄ ̄) フムフムフム。。。

数学、生物、物理、英語、、、
だいたい予想していたとおりの成績だわ。

!! (゚0゚)
なになにーーーっ!?

私はあやうく椅子から転げ落ちるところでした。

E.P.S(スポーツ):クラス平均20点中13点、最高18点。
kei 18点。 エクセレント!
特に陸上競技で優秀でした。


こがっぱとスポーツ。。。
なんというアンビリバボーなマッチング。

じぃさん100歳100歳。
鈍感力老人力荘老思想
なんかがぴったりで、
杖をつく姿も堂に入り、趣味は囲碁で、
休日はオタク生活で家からほとんど出ないこがっぱ。
なによりも口癖は『くぅたびぃれたぁ』。

水鉄砲を持てば自分に向かって水をぶちまけ
学校帰りに転んではジーパンにカギ裂きをつくり、
おうどん食べてる最中にそのままうとうと居眠りしたり、、、
日頃はまるでボールが自分に向かって飛んできたら
それを見てるウチに自分にパカーン! とぶつかるような、
そんな緩慢な動きしか見せたことのないこがっぱ

まっまさか、、、スポーツマンだったとは!!
しっしかも、、、クラスでトップ!!

フランスの学校には、日本のような運動会もなければ
授業参観もありません。
彼のスポーツをしている姿は
想像するよりほかはないのですが、
どう頭をひねってみても、
これっぽっちもそんな姿は浮かんできません。

ん? だって、碁で鍛えてるもん。
 それに、、、早かっぱだし。
 早かっぱ、いちばんいちばん(ー●●ー)


早かっぱ。。。その謎は次回に。
日記 | 投稿者 dr.mana 23:11 | コメント(5)| トラックバック(0)

ペプシ・アイスキューカンバー☆

pep001.jpg

日本への超短期出張を終えてパリに帰った夜。
こがっぱお出迎えです。

おかえりかっぱ!

お兄ちゃんは?

マンガ喫茶いってる

( ̄ ̄ー ̄ ̄)



荷物運びを手伝ってくれたあともニコニコとして、
そこにたたずんだままです。
 
どうにも、、、出発前にたのまれた
きゅうり風味のペプシ・コーラ、
ペプシ・アイスキューカンバー
気になってしょうがない様子。
これはフランスでは発売されていないのです。



私がさしだした途端、
ハナ満月顔でボトルを頬にすりすり

とにかく、ひとくち飲んでご覧なさいな。
ママにはちょっとビミョーだったんだけど。。。

pep002.jpg

冷蔵庫からきゅうり(大きいでしょう?)を取り出して、
まずポーズ。
続いてきゅうりにかぶりつきながら
ペプシ・アイスキューカンバーを
飲み干すこがっぱ。

(^◇^;)

pep003.jpg

はぁーーーーごちそうさま。おいしかっぱ!!
 きゅうりと一緒だと、ほんっと、おいしいね


こんなオリジナルな飲み方、、、衝撃的でしたわ。
ぜんぶ飲んじゃうともったいないから、、、と
ほんのちょっとだけ残して冷蔵庫にしまわれたペプシ。

次の日にはすでに影も形もありませんでした。

何日かして日本の知人にそれをお話ししたところ、
もうコンビニの店頭にもスーパーにも影も形もないよ」。
もしかして、もう売り切れちゃったのでしょうか。。。

このおそろしくオリジナルな飲み方は、
二度と見ることができない貴重なシーンだったのかも。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 20:25 | コメント(10)| トラックバック(0)

777の日☆

tanabata.jpg

本日は07年7月7日。
777の日です。

それに気がついたこがっぱは、
朝からなんだかとってもご機嫌。

job.jpg

お兄ちゃんの龍グッズ・コレクションから
なぜかぶちゃかわリュックを失敬して、
河童鉄道777』の作者として、
真剣に仕事をはじめました。



お仕事お仕事、、、はぁくたびれた。
 でも今日はスペシャル!
 河童777の日だからね (●⌒∇⌒●)


作品が完成したあとのこがっぱじぃさん。
なぜかしばらく龍をしょったまま、
部屋の中を徘徊してました (+_+)

日本の七夕浪漫などつゆも知らず、
こがっぱは、今日も平和に彼なりに、
まれまれしてるのでした(´ρ` )
日記 | 投稿者 dr.mana 23:54 | コメント(9)| トラックバック(0)

まれまれの謎☆

maremare2.jpg

ある初夏の黄昏時、
わがサンジェルマン・プチ妖怪屋敷に電話の呼び出し音。

この時間帯、ときどきいたずらもあるので、
慎重に受話器を取ると、、、

まれまれしまーす

(-_-)

戸を3つ隔てたうぐいすの廊下の向こう側、奥の院から、
声変わりがはじまった河童じぃさん
かすれた声がダブルで聞こえてきます。

こがっぱです。
 スカイプでかけてます


(´ρ` )
名乗らなくてもわかるってば。



それにしても『まれまれ』には
もしもし』の意味もあったとは。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 17:58 | コメント(14)| トラックバック(0)

こがっぱのリチュアル☆

ある夜、プレゼント用の“奇跡のメダイ”を整理していると、
いつものようにこがっぱにじり寄ってきました。

あ。河童じじい。。。

(^◇^;) 神をも畏れぬ例のひと言のあと、
何を思いついたのか、
突然“奇跡のメダイ”を並べはじめました。

ichiretsu.jpg

そして、得意げなにやにやじぃさん顔になって、
ナナメ後ろにそっていくこがっぱ。

g3.jpg

なんだかわからない突飛な行動
いつものことだけど、これも
こがっぱの個性のひとつだと
思うことにします



しばらくひとりでにやにや眺めていた後、、、

cross.jpg

今度は神妙なカオをしたかと思うと、
いきなり十字架を作りはじめました。
こうした作業は日々繰り返している
囲碁修行で慣れてるせいか、
その手つきの早いこと早いこと。

ojigi.jpg

できあがると、、、
誰に向かってなのかはさっぱり判りませんが、
原始宗教のようにおじぎをするこがっぱ。
(゚0゚) こっ、、、こりは、、、なんかの儀式なの?

ただひとつだけ私にわかったのは、
こがっぱの頭に、、、天使の輪ならぬ、
河童のお皿が浮き上がっていたことでした。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:11 | コメント(6)| トラックバック(0)

こがっぱ、原始仮面を訪ねる☆

atama_mizu.jpg

ベランダにあるサンジェルマン・プチ菜園に
きゅうりの種をまいた翌日、
黙って自分の頭のお皿にも
水をまいてるこがっぱを見て、
なんとなく妙な予感がしていたのは確かでした。

その日は日曜なのに、こがっぱ、朝から大はりきり。
囲碁名人戦に参加する日でもない限り、
ちょっとありえないような展開です。

というのも、日本から親しい知人がやってきていて、
朝いちばんから念願の原始仮面美術館(?)こと、
ケ・ブランリィ美術館
連れて行ってもらうことになっていたからです。



kabe.jpg

自然と人間がまだひとつだった頃の、
太古の記憶を呼び覚ますような、
生命の躍動が聞こえてきそうな、
プリミティブな力をもった展示物の数々。
中には儀式や呪詛で繰り返し使われたことで
無機物以上の存在になっている人形や仮面達も。。。

ふぅん。でも、ぼく知ってる。
 ここにかっぱはいない


中に入ったばかりなのに、なにをどう感じたのか、
悟ったようなことをいいだすこがっぱ。
目をキラキラさせながら、、、というより、
すでに知ったようなカオですたすた歩いていきます。
ちょっとこわもて系の原始仮面やトーテムたちにも
気軽に挨拶をしていく姿は、とても12歳には思えません。

これちょっとかっぱに似てるね。
 でも、かっぱじゃない


そして非常にしばしば、、、というか、
入館直後から腰掛けられるスペースを見つけるたびに、
すかさず休憩するこがっぱ

はぁ、、、くたびれた。 
 でもしょーがないよ。じさんだから


上階にあるマルチメディアスペースにも、
こがっぱは興味を示しました。
世界のお米の脱穀方法からはじまって、最後は、、、
おもちのつくり方を食い入るように見つめています。

おもち、、、食べたい、、、

そして臨時展示場にあった現代アートのキリストの像をみて、
神をも畏れぬひと言をつぶやきました。

あ。かっぱじじぃ。。。

まいどまいどですが、敬虔なクリスチャンの皆さま、
ほんとうにごめんなさい(^◇^;)



後半戦、先が見えてくるにつれて、
こがっぱの口数がどういうわけか増えてきます。

はぁ、、、くたびれた
次どこ行く?
いつ帰る?
おなかすいた
なに食べる?
おもち?
おもち食べたい
あつい
もうさむい
まれまれしまーす
かっぱかわいい
はぁ、、、くたびれた

( ´ρ`)。o ○

特に不満があるふうな感じではありませんでしたが、
間断なくブツブツと、無意識のようにリフレイン、、、
くちやかましい偏屈じぃさんのようです。

miyage.jpg

同行した知人が
「こがっぱくん、向かうところ敵なし♪ だねぇ。
 筋金入りの河童じぃさんぶりだよ」
と妙に感心していうと、、、

ありがとかっぱ (ー●●ー)
 じぃさん100歳100歳


得意げにハナ満月になるこがっぱでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 01:58 | コメント(10)| トラックバック(0)

まれまれしまーす☆

maremare.jpg
郷愁の鍋ぶたこがっぱ。

ただいまかっぱ!! まれまれしまーす

いっただきまーーーすまれまれしまーす

ごちそうさまーーーまれまれしまーす

はぁ、、、おなかっぱまれまれしまーす

近頃のこがっぱは、センテンスの後に
まれまれしまーす」
をくっつけるのがマイブームのようです。

でも、、、まれまれ、、、って何なのかしら(?_?)

まれまれはまれまれだよ ('◇')
 ママ、わかってないなーーー


わかりませんってば

河童語の接尾語というか、接尾文みたいなものかしら。。。?
もしくは言霊というくらいだから、、、
秘密結社けいかっぱーず”世界征服の呪文かも。

なんだかちょっと伝染しそうでイヤだわ。。。

じゃー今回はこの辺で。
、、、まれまれしまーす。
日記 | 投稿者 dr.mana 19:59 | コメント(8)| トラックバック(0)

カッパ一番☆

kogappaichiban.jpg

ゆうべのこがっぱ。。。

私が仕事をしてるサロンにやってきて、
突然ひと言

カッパ一番!

そして、てふてふとキッチン方面に向かったかと思えば、
この勇姿で舞い戻ってきました。

しかも、終始きわめて真顔で、、、

この頃よりも背も伸びて、カオも少年っぽくなって、
声も低くなりつつあるのに。。。

頭の中は、相変わらず
かっぱが一番。ともだちはけいかっぱです
なのよねぇ。。。

壁に飾ったマスカレードのマスク
んあ、、、」 (-.-) 
と呆れ果ててるかのようです。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:07 | コメント(7)| トラックバック(0)

ネットかっぱ☆

net-igo.jpg

わがサンジェルマン・プチ妖怪屋敷にも
夏至が近づいてきています。
22時くらいでやっと日暮れ
うっかりしていると
妖怪インターネット接続終了時刻を忘れてしまいそうです。

時間だから、切るわねぇ。

「ほーい」
テノールからバスって感じに声変わりした
お兄ちゃんの返事のあと、、、

ちょっと待ってぇ

( ̄ー ̄)
 、、、こがっぱ

お勉強以外の理由はだめよぉ。

おベンキョーじゃないけど、だいじなんだ。
 ママ、ちょっとおいでぇ


(´ρ` )

実の母親をおいで呼びつけるとは、、、
こがっぱ、まだまだ日本語の勉強がたりないわね。



仕方なく奥の院にいってみると、、、
こがっぱ、画面を食い入るように見つめています。
Macからは聞き慣れた音が、、、

コン! ポン!  

ネット囲碁 ( ̄ ̄ー ̄ ̄)

今、一番いいところなんだ。だからちょっとまって。
 今日はもう3局もしたんだよ♪
 2勝1敗。これでサイゴにするよ


ふぅん。どれどれ、、、?
対戦相手は、、、イッキさんっていう人ね。
、、、ん??

ハンゲリオン」「ファイヤーバード」「ナイトフェアリー
エンマ」「ピーナッツ」 、、、ピーナッツ

いったい、この人たちは何なのかしら、、、? 

対局を見ている人の名前がここに出るんだよ。
 だから今、やめるわけにはいかないんだ


...... (^◇^;)

いつのまにか、ネット囲碁の世界でも
観察されるようになっていたこがっぱ
ふと見ると、得意げハナ満月(ー●●ー)になってました。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:11 | コメント(11)| トラックバック(0)

ザ・スポーツ んごっ☆

hikaru.jpg

ある土曜日のことでした。いつものように、
イケメン囲碁倶楽部寄り合いから
帰ってきたこがっぱは、
嬉しそうに私にお伺いをたてるのでした。

ママ、明日、トーナメント団体戦があるんだ!
 ぼく、選手に選ばれたんだよ、、、いっていぃ?


すごいじゃない。もっちろん! がんばってらっしゃい。

お友達とメトロでいくんだ。
 9時に待ち合わせだから、8時起きなんだよ!
 それで夕方6時までやるんだ!!
 休みなのに朝早くて大変だけど、しかたないや


そういいながらも、嬉しさが隠せないこがっぱ。
 
シュッツ、、、シュッツ、、

kei-pose.jpg

こがっぱったら、
空中にむかって碁板に石をうちつける、
囲碁の素振りをしています。
指にはさんでいるのは、どらやきの消しゴム

、、、はぁ。
なんだか気合いがはいっているのねぇ (^◇^;)



そして、、、日曜日の夕方。

はたして、トーナメント団体戦、
こがっぱのグループは6グループ中3位ということでした。
こがっぱは2勝1敗。善戦しました (^_-)

さて、実はこの日曜日はイベント盛りだくさんで、
夕方から郊外に住む知人のガーデンで
バーベキューパーティが開催されることになっていたのです。

前日からの囲碁戦づくしで疲れていたこがっぱですが、
お肉大好きなので参加しないわけがありません。

久々にいろんな知り合いファミリーとご対面。
囲まれるこがっぱ

ケイくん。ひさしぶりだねぇ。
ニホンゴもずいぶんじょうずになってぇ。
からだもずいぶん大きくなったけど、
どんなスポーツをやってるのかな?

皆さん、ニコニコとした表情で、
こがっぱを見つめながら答えを待ってます。

んごっ

へっ?? (゚0゚)
瞬時に表情をなくして、静まりかえった善意の皆さん。

碁、、、いつも囲碁をしてます

(´ρ` )

リアクションに困って完全に固まってしまった皆さんへ
さらに追い打ちをかけるように、
体力つかいます」と大まじめな表情で
シュッツ、、、シュッツ、、、
例の囲碁の素振りをするこがっぱでした。

、、、( ̄▽ ̄)
日記 | 投稿者 dr.mana 21:22 | コメント(15)| トラックバック(1)

シール、その後☆

ある水曜日の在宅こがっぱ

でかけます♪ かえります♪
 もらいます♪ あげます♪
 およぎます♪ およぐ。。。かっぱ?


嬉しそうにサロンで日本語の練習をしているこがっぱ。
ひととおり終えたらしく、
練習ノートをテーブルにポンと置き、
満足げに奥の院へてふてふと戻って行きました。

どれどれ、今はどんなことベンキョーしているのかしら?

はっ (゚0゚)

note002.jpg
なにこれ、、、? お化けが増殖している。。。

さてはあのシール
かなり気に入ったのね。



奥の院を偵察しにいくと、そこには
真剣にMacに向かうこがっぱがいました。
 
そのMacの上には、、、

mac-ue.jpg
やっぱり!!

ueki.jpg
はがれないように、
ごていねいに
透明シールまで、、、

printer.jpg
あら? ここにも。。。

ママ、これが
 ぼくの一番お気に入りなんだよ


こがっぱがピッと指で指し示したのは、
彼の目の前にあったMacの本体。

(^◇^;)

mac-mae.jpg
こっこれは、何かと似ているわ。

、、、こういうのをDNAっていうのかしらぁ(´ρ` )
日記 | 投稿者 dr.mana 01:39 | コメント(8)| トラックバック(0)

ぴろーん☆

先日、例によって“ぶちゃかわ”グッズを
数点ゲットしてご機嫌な私は、
その中のひとつをこがっぱにあげることにしました。

seal.jpg

ママはもういろんな人にイタズラして満足したから、
好きなところに好きなように貼っていいわよ。
でも、自分のものだけにしなさいな。

ありがとかっぱ。大切につかうよ。
 \(#⌒0⌒#)/


こがっぱ、大喜びです。



しばらく奥の院で模索していたようですが、
じきに誇らし気な声が聞こえてきました。

みてみてみてかっぱ。みてかっぱ

note02.jpg
これは日本語レッスン用の河童色のバインダーね。
来週、このまま持って行く気かしら、、、?

hana-mac.jpg
うん。立派なハナマンゲツだこと。。。

stand.jpg
なかなかいいセンスしてるわねぇ。

cal.jpg
あら、、、こがっぱ、本当にセンスいいかも。
、、って、ねぇ、こがっぱ。
これ、ママの仕事用の計算機よ。
いったい、いつ持ってっちゃったの?

100yen.jpg
まぁ、こんなところにも。
はいはーーい! ニッコリして。
目線だけこっちで、、、パチッ!



さて、このシールをはじめとした
ぶちゃかわ”グッズが山のように揃ってる
私がお気に入りのこのブランドですが、
PYLONES といいます。

こがっぱ、この PYLONES の発音だけど、
ピローン(なんだかすごい脱力系だわ)?
それともピローネ
どっちが近いのかしら?

、、、ピロカッパ

、、、なんですって?

ピロカッパだよ

(´ρ` )

ホームページにアクセスしてみると、
こがっぱ、画面を食い入るように見つめながら
はしからすべて商品をチェックしていきます。

みんな欲しいね

こがっぱの目は、いつも以上にキラキラしています。
きっと頭の中では
PYLONES ブランドの買収
そしてピロカッパ事業部設立
の野心が膨らんでいるのかも。

がんばれ、こがっぱ。
未来の社長 <( ̄- ̄)>
日記 | 投稿者 dr.mana 07:28 | コメント(12)| トラックバック(0)

改心ぽんきぃ☆

zon.jpg

ぴんきぃじぃさん
わがサンジェルマン・プチ妖怪屋敷から姿を消して、
すでにひと月がたとうとしてます。

ねぇねぇ、こがっぱ。
ほんとにいなくなっちゃったねぇ。
ぴんきぃじぃさん。心配じゃない?

だいじょぶかっぱ。
 ぽんきぃと一緒にいったんだよ


河童鉄道777』に登場して以来、悪の手先として
ぴんきぃじぃさんと激しいバトルしていたぽんきぃ
たしかに最近ではショック療法で改心して
『強くてやさしいカエル兄』に戻っているのでした。

naka.jpg

しかもお茶目心まで目覚めたのか、
こんなカットまで。

ponky.jpg

(⌒_⌒)
まぁ、結構かわいいじゃない。

そしてピラミッドの中でご対面した不気味なゾンビとも、
機転きかして「DANCE!」のかけ声とともに
一緒に踊りだすのでした。

odoru.jpg

( ̄▽ ̄;)
やるわねぇ。ぽんきぃじぃさん。

、、、ねぇ? だからぴんきぃも大丈夫だよ。
 また兄弟ゲンカでもしたら戻ってくるよ


達観するこがっぱ神は、
何事にも動じないのでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 06:14 | コメント(12)| トラックバック(0)

レビュー☆

gohon.jpg

ある日、郵便物の中に
冊子入りの見慣れない封筒がまぎれこんでいました。
また何かの広告? ダイレクトメールかしら。。。

、、、あら?
こがっぱ宛だわ。

呼んだ? なにかっぱ?

怪訝そうに封をひらくこがっぱの顔が、
ぱっと明るくなりました。
 
レビュー・フランセーズ・ド・

ぼく注文した覚えないけど、嬉しいかっぱ。
 、、、あーーーママ! 大変だ!
 夏の囲碁合宿とかもあるよ!!


夏の囲碁合宿?
、、、すごい合宿だわ (^◇^;)
朝から晩まで対局に次ぐ対局
重ねるのかしら、、、?

そもそも、インパクト絶大なこのタイトル、
レビュー・フランセーズ・ド・』。
ため息が出ちゃうほどの美的センスを見せつける
フレンチ雑誌の表紙群の中にあって、
別の意味で存在感を放ちそうなカバー・デザイン。

、、、マニアックです。はてしなく。

こがっぱ、満面の笑みで
てふてふと奥の院に持ち去っていきます。

こがっぱったら、、、
パリ囲碁キチ野郎のリストに
しっかりと名を連ねているのね。きっと。
今度の夏休みはいつものキャンプ合宿じゃなくて、
碁キチ合宿にでも送り込んでみようかしら。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 14:23 | コメント(10)| トラックバック(0)

大統領選とこがっぱ☆

kuchibashi01.jpg

今、フランスで一番熱い話題といえば、
もうじき決選投票の行われる大統領選です。

右派対左派。
結果、現行の法律がひっくり返ることもおおいにあり。
しかもフランス史上初女性大統領誕生の可能性もあるのです。
第1回の国民投票では、投票率約84%。
関心の高さが伺われます。

それは、たとえコドモの世界でも同じこと。
先日、恒例の2候補生放送TVバトルが行われました。
宿題に追われるこがっぱは、
ゆくえが気にはなるものの
はりついて見ていることができません。

はじめだけ見て奥の院にひっこんだものの、、、
しばらくするとやはり気になって
てふてふやってきました。

じぃーーー画面を凝視するこがっぱ。

ねぇねぇこがっぱ。どっちが勝つと思う??

。。。かっぱ

両手を口の前にもってきて、
くちばしのマネしてパクパクするこがっぱ。
はじめて見せるパフォーマンスです。。。

kuchibashi02.jpg

へっ? どっちが河童に似てるっていうの??
そういえばにコドモ新聞では、
サルコジ候補=キツネ、ロワイヤル候補=ヘビ、
とか書かれていたわねぇ。

違うよ。どっちでもないよ。
 プレジデントはかっぱだよ


(^◇^;)

でもほら、、、
今回は河童は出てなくて
サルさんかセゴさん(ロワイヤル)かって、、、

。。。かっぱ

再び両手を口の前にもってきて、
くちばしのマネしてパクパクするこがっぱ。
 
それだけ言うと満足げに
てふてふ奥の院に引っ込んでいきました。

こがっぱ神の頭の中には、
未来の河童帝国、
河童プレジデントの夢が渦巻いているのかもしれません。



最後に、2002年デビスカップの時に間近に遭遇した、
親日家のシラク大統領。
おりしも70歳のお誕生日の日。
今は亡きエリツィン前大統領とお隣り合わせに
観戦なさってました。

tona.jpg

いろいろありましたが、じきにお別れです。

shira.jpg

投票日は来る6日。
時代はまた、変化するのですね。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:15 | コメント(21)| トラックバック(0)

番外編☆河童・かっぱ・カッパ・kappa づくし☆

douzou.jpg
とある国道沿い、たくさんの像に紛れて並んでおりました。
でも、私は見逃しませんわ!
通りすがりに発見して思わず車を停めて、
わざわざ姿を収めに走って引き返したほどの逸品。
重鎮で実直そうな、、、ぶちゃかわ系河童。

osake.jpg
機内食のメニューにあった『純米大吟醸 kappa』。
中身だけ注がれてしまったら、
「あのぉ、、、瓶もいただけますかぁ??」って言うのが
ちょっと恥ずかしいなっと思ってたら、
ちゃんと蓋つきで頂けました。
月夜にススキ、ちょっと憂いを帯びた河童さん。

便乗登場のデカ頭ケータイ・ストラップは、
パーキングエリアでみつけた『天使の河童』。
デカ頭の後ろにかわゆい羽がついています。

poster.jpg
メトロの構内に貼ってあったポスター。
ぴんきぃじぃさんの目と河童が見事に融合されていて、
まさに“こがっぱ仕様”といえるでしょう。
合羽橋にある河童の銅像、、、らしい、、、です。

そして、、、番外編の番外編 パカパーン!\(^O^)/

jisan.jpg
空港の免税品売り場にあった、
マツゲエクステのカエルじぃさんリュック。
こーゆーの、今、パリで流行っているんです(^m^)

日記 | 投稿者 dr.mana 21:31 | コメント(12)| トラックバック(0)

火星七不思議、みこちゃの謎解き☆

miko01.jpg

こがっぱ作の『河童鉄道777』は、まだまだ続きます。
“82さいにしんじゃった” ( ´ρ`) 偉大なる『みこちゃ』。
覚えていらっしゃいますか?

火星最古の石棺に眠る、ピラミッドの創設者です。
なんとその『みこちゃ』の正体が解き明かされました。

\(◎o◎)/

それが冒頭の衝撃的カットなのです。
 
河童のミイラ!!
しかもおしゃれなピアスネックレスつき。。。
82歳とは思えない色艶だわぇ。。。
しかも、、、身体がビックリするくらいに巨大だし。。。

なになに、、、?

miko02.jpg

わたしはみこちゃです。
火星の女王です。

みこちゃは史上はじめての河童です。
カメととりとカエルのミックスです。
みこちゃは火星の女王でした。
みこちゃはたまごをうんで82才でしんじゃった。
それから◯○年AM(註:アンノ・みこちゃ、
または、アプレ・みこちゃ=みこちゃ紀元)


アンノ・みこちゃ。。。( ̄ ̄ー ̄ ̄)

こがっぱったら、、、
河童の故郷は火星で、ゴットマザーはみこちゃ。
発生学的変異カメ+とり+カエル、、、
オマケにみこちゃ紀元までつくっちゃってぇ。
きっぱり気持ちいいくらいに、河童の起源まで
いいきったわねぇーーー。

みこちゃの生んだ河童型のたまごが、
 河童惑星になったんだ。
 そこで777を造って地球にやってきたんだ。
 だから、、、


 だから!? (^◇^;)

『河童鉄道777』なんだよ

さすが、こがっぱ。
神棚をつくって自分を祀るだけあるわねぇ。

万物創世のこがっぱ神は、
今日もてふてふ、、、
ひたすら我が道を往ってます。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 05:29 | コメント(13)| トラックバック(0)

こがっぱシェフ 2☆フリットの巻

frites01.jpg

お料理のお手伝いの途中では、
堂々とつまみ食いができる
、、、ということを知ったこがっぱ。
お夕食準備の時間になると、
ちょっと落ち着かなくなってきます。



今日の夕食はなにかっぱ?

そうねぇ。トマトチーズハンバーグに
フリット(フライドポテト)と、
和風サラダにしようかしら。

まかせてかっぱ。フリットつくるよ

油を扱うのよ。こがっぱ、大丈夫? 

そんなとき、、、なんというタイミング!
重要なインタビューの電話が
日本からかかってきてしまいました。

いつもママがするの見てるし、大丈夫だから。
 ママ、電話してていいよ


ちょっと不安なものがあるけれど、
何事も経験。
やらせてみることにしようかしら。



10分くらいたった頃でしょうか。

あれぇーーーー? なんでぇーーー?

( ̄ー ̄) 、、、
なんかやったわね。こがっぱ。

ママぁ、見て見て。ほらほら。
 おたまがこんなにぐにゃぐにゃになっちゃった


キッチンからとたとた走ってきたかと思うと、
電話中の私に妙にゆっくり、ぐるりと、全角度で、
まるでダリの絵のようになった
芸術的なデフォルメともいえそうな
穴あきおたまを見せるこがっぱ。

frites02.jpg

、、、私も長いこと料理してるけど、
こんなふうにおたまが変形したことはないわね。
いったいどうしたらこんなになるのかしら。
まぁいいわ。こがっぱ。他ので代用しなさいな。
きっと温度が高すぎたのかもしれないから
目盛りをふたつ下げるのよ。
、、、はっ(゚0゚) ねえねえ、こがっぱ。
もうフリットできてるんじゃない?

あー。わかったかっぱ

てふてふもどっていったかと思うと、
きつね色のあつあつフリットを1本もって戻ってきます。

ママ、味見してみて

電話の最中でしたが、
試しに、、、パクッ!! (^o^)

あら、ちょうどよく揚がってるわ。おいしいおいしい。
気をつけて、ゆっくりでいいから、
ていねいにお皿にうつすのよ。

なぜか怪訝な表情を浮かべるこがっぱ。

またまたキッチンにひっこむと、
突然慣れ親しんだ音が。。。

ジュジュジューーーチチチチチ!!

( ゚ ρ ゚ )

なぜ揚がり終わる今頃に
ジュージュージュー!? ( ̄▽ ̄;)
こがっぱ、、、いったいどうしたの!?

さすがに心配になって
電話を中断してキッチンに覗きにいくと、
見事なへっぴり腰
油にフリットを入れているこがっぱの姿が
視界に飛び込んできました。

さっきは『1本』だけつくったんだ。
 今『残り』を入れている途中だよ。
 ほらママ、油が飛ぶからあぶないよ


『残り』って、、、

へっぴり腰してるくせに、
おたまをぐにゃぐにゃにしたくせに、
妙に勝ち誇ったようなことをいうこがっぱ

( ´ρ`)

それにしても、、、なぜ1本だけ??
「なんでぇ? どうしてぇ?」
まるでこがっぱのいつものセリフのような言葉と
クエスチョンマークのリフレインで、
頭の中がいっぱいになったのでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 17:47 | コメント(14)| トラックバック(0)

こがっぱシェフ☆その1『花満月』

\tomato02.jpg

在宅こがっぱのある夕べ。

学校の宿題も日本語のお勉強も終わって
ぴんきぃじぃさんを肩にのせながら、
手持ち無沙汰に家の中を
てふてふ歩き回っていたこがっぱ。

ねぇママ、今日は
 ぼくがお食事の準備手伝うよ


あら嬉しいわぁ、こがっぱシェフ。
今日はイタリアン気分なので
前菜2品お願いしまーーーす。
トマトとモッツァレラチーズひと皿に
カルパッチョをひと皿。

材料はみんな冷蔵庫の中にあるから、
好きなようにアレンジしてみて。
せっかくだから全部ひとりでやってみなさいな。

はぁい。わかったかっぱ!!!



ほどなくしてできたのが、冒頭の写真。

あらぁー(゚0゚) なかなかやるじゃない。
ちゃんとドレッシングもつくってるし。

えへへへへ。ありがとかっぱ!!!

一礼すると、こがっぱシェフ、
いそいそと次の作品にとりかかりにいきました。



おまたせかっぱ。カルパッチョだよ

一瞬「かっぱっちょ」とか
ぶつぶついってるのが
聞こえたような気がしましたが、
私はとりあえずスッと流しておくことにしました。

kao.jpg

、、、ん!? このカルパッチョ、
どっかで見たことある顔が描かれてない?
この眠そうな目、、、これはもしや、、、

ぴんきぃじーさん

お料理にまでこがっぱ流アートを施し、
ほこらしげなこがっぱ。
あくまでもぴんきぃじーさんらぶ、、、です。

せっかくだから記念撮影いくわよ。
せーの、パチッ!!

hana.jpg

(^◇^;)

自分の作品と同じじぃさん顔でうつるこがっぱ。
ハナの下のびているのはともかく、
オハナがフルムーン
になってるっちゅーの(* ̄◎ ̄*)
日記 | 投稿者 dr.mana 02:42 | コメント(7)| トラックバック(0)

じぃさんいなくなる☆の巻

syasin1.jpg

ある夕方のことでした。
てふ、、、てふ、、、てふ、、、
ちょっと元気のなさげな足音が近づいてきます。

ママー、ぴんきぃじぃさん、
 、、、知らない?


?? 知らないわよ。朝から見かけてないけれど。
奥のお部屋にいるんじゃない?

それが、いないんだよーー。
 おかしぃなぁーーー。いろいろ探したのにぃ


じゃぁ、お隣のお部屋じゃない?
前みたいにMacのうしろで
あったまってたりとか。

うん。そうかもね。ちょっと探してみる!!



やっぱりいない。どうしたんだろーーー

こがっぱ、そういう時は
お部屋の大掃除すると見つかるものよ。
やってみたら?

、、、うん! そうだね!

しばらくしてガタゴトガタゴト、、、そのうち
掃除機をかける音が聞こえてきました(^m^)

ママー、やっぱりいないんだ。
 どこいっちゃったんだろう


サロンのソファに腰をかけて、
先日、私が南仏のおみやげでゲットしてきた
卓上ラブセット』のピンク色の方を手に取って
しげしげみつめ、つぶやくこがっぱ。

syasin2.jpg

ぴんきぃじいさん。。。

( ̄▽ ̄;) あらぁ、、、
そろそろ私がでていかなくちゃいけないわね。
まったくどこを徘徊しているのかしら。
ぴんきぃじぃさんったら。



みつかりました。ベットのすきまから落ちた様です。
こがっぱの寝相からいえば、
容易に想像できた結末でした。

じぃさーーーん!! 心配したよぉーーー!

少しほこりかむってようが
例によってほっぺですりすり
そのあと肩にのせて
嬉しそうに連れ回るこがっぱ。



次の日の朝、学校に行く前に
ぴんきぃじぃさんにいいきかせてるこがっぱがいました。

もういなくなっちゃダメだよ。
 ぼくが帰るまでそのままおとなしくしてるんだよ!!


ちょっとえらそうに、強くいいきかせています。
そしてさりげなくおかれたぴんきぃじぃさん。
その姿がトップの写真です。

腹筋の途中の、ちょっと苦しそうなスタイル。
まるで心配かけたあとのおしおきのようです。

こがっぱの過度の愛情に
へたれそうなぴんきぃじぃさん。
ガンバレ!! (^。^)
日記 | 投稿者 dr.mana 01:43 | コメント(9)| トラックバック(0)

河童鉄道777☆ピラミッドの棺

mikocha01.jpg

さて、火星のピラミッドで財宝探しを続けている
ザ・河童さんチーム

実際これはだれのお墓であるところのピラミッドなのか、
まだご紹介していなかったですね。

ラビリンスの第?目かの部屋でみつかる石棺。
そこの蓋の部分に記されている名前らしきものが、、、

みこちゃ』。

ねぇねぇこがっぱ、「みこちゃ」って、、、
これ、『が抜けてるんじゃない?

やだなーーーママ。
 こんなところに“ちゃん”づけで
 書いてあるわけないでしょー。
 ママ、もっとニホンゴ勉強しなきゃダメだよ。
 みこちゃ、って名前なの。
 “ちゃん”つけるならみこちゃちゃんだよ


(-_-) ......

ああ、、、でもそれより何より、
棺に刻まれていたこのフレーズが刺さっちゃって、
私、しばらく立ち直れませんでしたわ。

mikocha02.jpg

みこちゃ82さいにしんじゃった

( ´ρ`)。o ○
日記 | 投稿者 dr.mana 01:36 | コメント(14)| トラックバック(0)

河童鉄道777☆なぞなぞ仮面の巻

no1.jpg

不条理大河マンガ『河童鉄道777』は
とうとう第8巻に突入しました。
命知らずの冒険野郎たち(^m^)、
ザ・河童さんチームは、
ピラミッド内のラビリンスで右往左往しております。

どこかに隠されてるといわれる金銀財宝を探して、
場面はあちこちにめまぐるしく飛びます。

今回はその様子をちょっと覗いてみましょう。



ザ・河童さんチームの中のひとり、
まぎーさんは、みんなとはぐれて単独行動です。
と、、、例によって不思議なモノに出会いました。

まるでミクロネシア、メラネシアなどのトーテム、
はたまたアフリカの原始宗教儀式に登場するかのような、
奇妙ないでたち、、、

kamen1.jpg

こんにちわ! とのんきに挨拶してるけど、
彼は実は恐ろしい『なぞなぞ仮面』なのでした。
質問を4つして、その中のひとつでも答えを間違えると、
魔術で彼と同じ姿にされてしまうのです \(‘o’)/



はらはらどきどきのまぎーさんでしたが、
4つともめでたく正解したのでした。

と、、、さっきまでいばって脅していた
なぞなぞ仮面の様子が、なんだか変です。

kamen2.jpg

「!しぬ」って??

kamen3.jpg

!? 仮面が消えて、中から鍵が。。。

kamen4.jpg

こうしてまぎーさんはめでたく
次のステップに進むことになるのですが、
立場の違いはあれ、縁あって同じ時間と空間を共有した
原始宗教仮面の最期に涙するのでした。

(T_T)

やるわねこがっぱ
ほんとにちょっと、、、かわいそうじゃないの。

ところでみなさん、4つの質問の中のひとつ。
このなぞなぞの答えはわかりますか?

kamen0.jpg
日記 | 投稿者 dr.mana 00:44 | コメント(17)| トラックバック(0)

コロンブスのナマ卵☆

tamako.jpg

強靭な殻をもつ、妖怪屋敷の“たまこちゃん”。

こがっぱの溺愛デモンストレーションが
新入り“ぴんきぃじぃさん”に移っても、
別段ジェラシーを感じている様子もなく。。。
妖怪たちにお遊び終了の合図をしたり、
お食事の時間を知らせたり、
時にただ意味なくびっくりさせる(^o^)といった、
自分の仕事を日々淡々とこなしています。

さて、このたまこちゃん
何気にじーーーっと見ていて気がつきました。
 
卵が立っている姿、、、

(゚0゚)はっ!!

そういえばン十年前の学生の頃、
私は生卵をいくつもテーブルに立てるという
酔狂な芸を披露したことがあったわ。
今の私にもできるかしら。。。?

egg.jpg

、、、d(⌒o⌒)b

しめしめ。腕は鈍ってないわね。

私は早速こがっぱを呼んで披露しました。



ふぅん。ぼくもやってみよーっと。
 、、、(^^) ハイ


へっ(゚0゚)?

ハイって、あなた、
まだ5秒もたってないじゃない。
あら? 本当に立ってる、、、

ん? なんでぇ?
 簡単にできるよっていったの、
 ママじゃない?


こがっぱったら、結構いい成功哲学もってるのかも。
よしよし。

せっかくだから記念撮影しましょ。
得意げなお顔”でポーズとってみて。

はい、いくわよ。……カシャ。

tatsu.jpg

、、、(^◇^;)
ちみはチョースケさんか。

ありし日のいかりや長介さん(歳がバレるわね)顔で
得意げ”に写真におさまるこがっぱでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 16:49 | コメント(18)| トラックバック(0)

じぃさんラブのヒミツ☆その2

igokappa3.jpg

ある日の昼下がり。いつものように
ぴんきぃじぃさんを横に置きながら、、、

ぽりぽりぽりぽり

日本で大量に仕入れたプチしば漬け『かっぱ物語』を、
すごい勢いで消費しているこがっぱ。

ママもひとつどう? おいしいよ

ありがと、、、それにしても、
よくまぁこんなすっぱいの、たくさん食べられるわねぇ。

あのねぇ、グッパパも好きなんだよ

うちの両親は「おじぃちゃん」「おばぁちゃん」と
呼ばれるのが好きではなく
孫にはグランドマザー、グランドファザーの
短縮幼児型といえる「グーパパ」「グーママ」と呼ばせます。

グッパパじゃなく、グーパパでしょ?
こがっぱ、グーパパ好きだもんね。

うん。すごくやさしいんだ。グッパパ。
 事故にあってからちょっとキオクが
 なくなっちゃったりして大変だったんだよねー。
 ねぇママ。グッパパって前からやさしかったの?


そうよ。とっても優しいところと
軍人さんの名残りの厳しいところと両方もってて、
ママ、尊敬してたのよ。

ふぅん。。。

( ゚ o ゚ )  はっ!
もしかしてこがっぱ、後ろにのけぞるその癖、、、!?

そうだよ。グッパパ、笑いながらよくやってるもんね

目を閉じてハナの下を伸ばす癖は、、、

グッパパ、よくおもしろい顔するもんね

じゃ、あなたが囲碁をがんばってるのも、、、

だって、囲碁ができるとグッパパ喜ぶし

もしかして神棚は、、、

グッパパとグッママ、
 毎日『ありがとうございます。かんしゃします』って
 おがんでいるもんね


くぅたびれた」の口癖や緑茶をすするのが好きなのは、
まちがいなく祖父母の影響だとは思っていました。
けれど、私の父の存在が
こがっぱのじぃさん好き全般に影響していたとは。。。

こがっぱったら、
心からおじぃちゃんラブだったんだわ。

花冷えの日にホットココアを飲んだときのように、
ぽっとココロが暖かくなりました。
日記 | 投稿者 dr.mana 01:57 | コメント(20)| トラックバック(0)

じぃさんラブのヒミツ☆その1

g-love01-01.jpg

妖怪屋敷の夜明け。

今日も奥の院から元気に聞こえてきます。
おはよう! おはよう! おはよう!」の声が。

しばらくして私は、
キッチンに朝のお目覚めの一杯をいれにいきました。

しかし、そこにはすでに先客がいました。

g-love01-02.jpg

、、、(^◇^;)

ぴんきぃじぃさんを向かいにおいて
見つめ合いながらケロッグスを食べる、、、
朝のこがっぱ。



そして夕方。

ただいま! ただいま! ただいま!
 ふぅ、毎日重くて大変だよぉーーー


毎日、甲羅バックに全教科の教科書を詰めて、 
これも河童修行」と、
坂の上の学校に通うこがっぱですが、
それが本当は忘れ物をしないための
こがっぱなりのアイデア
だというのは公然の秘密。

帰ってから少しの間、
まるでじぃさんのように身体を休めるのが
こがっぱの日課です。

しばらくして私は、キッチンに、
午後の一息、至福の一杯をいれにいきました。

そこにはまた、先客がいました。

g-love01-03.jpg

、、、(^◇^;)

ぴんきぃじぃさんを顔中スリスリしてご満悦のこがっぱ。
たしかに肌触りがいいのは認めるけど、
エチケット液晶画面拭きじゃないんだから。。。
それとも、何かのマーキング??
過大な愛情表現に、ぴんきぃじぃさんが
見事に煙たがってるように見えるのは私だけでしょうか。



やっと宿題終わったよ。
 はぁくぅたびれたぁ


じゃぁ、ちょっとそこのソファで
ひと休みしたらどう?

ほどなくして、気持ち良さそうな寝息が聞こえてきました。
ブランケットの位置を直しにそーーっと近寄ると、、、

g-love01-04.jpg

、、、(^◇^;)

はぁ、これじゃ『寝ても醒めても』だわ。
まるでらぶらぶの恋人同士みたいじゃない。。。



不条理大河マンガ『河童鉄道777』にも
むりやり登場することになった、ぴんきぃじぃさん。
しばらくはこがっぱのじぃさん熱、醒めそうにありません。

それにしても、河童ならわかるけど、これはカエル。
もしやこがっぱにとっての
時として河童以上に重要なキーワード的実存って、
じぃさん、、、の方?

(つづく)
日記 | 投稿者 dr.mana 23:04 | コメント(27)| トラックバック(0)

ぴんきぃじぃさんの愉快な仲間達 in Paris☆

すっかり春爛漫な、パリのある昼下がり。
荷物持ち要員としてこがっぱを連れて
お買い物にいった帰り道。
いろんな春を見つけに、
ちょっとだけ寄り道をして帰ってくることにしました。

かわい、かわい、かっぱかわい♪
 いつもかっぱ、かっぱ、かっぱ♪


この唄がでるのはこがっぱ
超ご機嫌の証拠。

ミドリを見れば「カッパ?
桃色をみれば「(ぴんきぃ)じぃさん?

、、、あんたの頭の中には
それしかないんかいっ!?



friend01.jpg

(^O^) あーーーーママ! これこれぇ

あらぁ、カッコイイわねぇ。
もうめっきりオープンカーの季節だわ。

このクルマ、ミドリだよ、ミドリ!
 それに7番! そしてこの顔!


やたらと興奮しているこがっぱです、
はぁん。さては、、、カッパ?

惜しい! これはぴんきぃじぃさんだよ
 だってほら、顔がカエルだから


ぴんきぃ、、、って、だってこれはミドリでしょ(^◇^;)?
それに目しかないじゃない。
どこでカッパとカエルの違いを見分けるのかしら。
ママにはよくわかんないわ、、、ブツブツ



friend02.jpg

あーーーーー!! ママ、こっちこっち。
 これ見て見て見て。ほらーーー。
 ぴんきぃじぃさんの仲間がいっぱいいるよ。
 今度連れてきたら、きっと喜ぶよ。
 ぼくの河童コレクションみたいだねぇ


あらーーー酔狂な人がいるのね。
、、、はっ(゜▽゜) ここは、もしやっ!
こがっぱ! ここにぴんきぃじぃさんを
連れてきちゃだめよ!! ぜったいにだめ!

なんでぇ? どうしてぇ?

friend03.jpg

あ”ーー!! カエルのレストラン!
 、、、でも、大丈夫。
 ぴんきぃじぃさんは食べられないよ。
 だってピンクだから。オリジナルなんだ


そういう問題かいっ、、、(~o~)



そういえば、こがっぱの住むプチ妖怪屋敷の中にも、
ぴんきぃじぃさんの仲間がいます。

そのひとつが、しばらく前にあまりにも安くて
ついつい衝動買いした、カエルのキャンドル。
6個で1ユーロ。

でも、火をともしたのは、
未だかつてこの写真を撮るための一瞬だけなんです。

friend05.jpg

だって、想像してみてください。
とろけるカエル

、、、(^◇^;)

キャンドルなのに、まったく使えない。
永遠に使えない。

その不条理さに敬意を表して
ケロケロ大明神』と名づけ、
サロンの特設アロマコーナーの特等席に
鎮座しておりますわ。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:31 | コメント(28)| トラックバック(0)

ぴんきぃじぃさん「かすかす」追記☆

kasukasu01.jpg

コメントのやりとりの面白さを覚えてきたこがっぱ。
近頃ではまだ誰もコメントを書いていないうちに
自分が一番に書き込むどころか、
最近は大のオトナ相手に『なぞなぞ』を出す、
という高等技術を身につけてきました。

彼を観察していると、、、
人類誕生500万年進化の旅♪ を
ダイジェストで見ている気分になってきます。

さて、前々回の記事にこがっぱが書き込んだコメント。

 777のぴんきぃじさん、
 かすかすって音は何の時にだす?
 投稿者:なぞなぞこがっぱ


皆様からいろんな回答をいただきましたが、
最終的にはTJさんが正解なさいました。

kasukasu02.jpg

だってカエルだから舌伸ばすよね?

こがっぱは、さも当然のように真顔でいいますが、
、、、ありえません。ええ、きっぱりと。
「ひゅるるる」とか「しゅるる」、、、
「シャー」でも「しゅぱーん」でもいいけれど、
かすかす」っ表現するのは、世界中で
こがっぱ、間違いなくあなただけです。
いくらじぃさん枯れ気味で水っ気がたりないからって。

なのに本人はなにひとつ臆することなく、
ふっ、、、とひと言。

そんなにむずかしかったかなぁ。。。?
 でも、さすがTJさん、錬金術師だね!


(^◇^;)



今日もぴんきぃじぃさんと仲良くふたり、
お台所で何やら物色中のこがっぱ。
かすかに、でも確実に聞こえてきます。

かすかす、、、
かすかす、、、


、、、 ( ´ρ`)。o ○

『コガッぺ☆』を編集したときにも
気づいてはいたのですが、
こがっぱを見ていて、つくづく、、、
このありがたい言葉の意味を悟ることができました。
 
人も河童も『天上天下♪唯我独尊』。
日記 | 投稿者 dr.mana 18:19 | コメント(19)| トラックバック(0)

77777アクセス達成記念☆こがっぱからの贈り物☆

jamira.jpg
“ジャミラかむり”のこがっぱ。見たことないはずなのに、
なぜか昭和40年代の怪獣もよく知ってます。


『こがっぱ観察期』をはじめて1年ちょっとになります。

最初はポチポチと1日に数十人という感じでしたが、
ある頃を境にカンブリア紀の生物大爆発のように
アクセス数が急激に伸びて、今では多い時には
1日1500人もの人が来てくれるようになりました。

そして、こがっぱ作の不条理マンガ
『河童鉄道777』をもじって勝手に設定した
強大ラッキーアクセスナンバー、
77777!!
とうとうオーバーしました。 (^^)/▽♪▽\(^^)

gamen.jpg

河童じぃさん100歳100歳」は、
大好物の『かっぱ物語』をつまみに
緑茶をすすりながらつぶやきます。

すごいね。みんな河童が好きなんだね。
 みんなにお礼したいよ。
 でもどうすればいいのかなぁ、、、


「みんな河童が好き」なわけじゃないとは思うけど、
こがっぱ、いつになく真剣な表情です。
しばらくして、何かをいいたげな表情に。。。
こがっぱに問いただしてみると、、、

、、、へ(゚0゚)?

こがっぱは皆さんの住む街を訪ねて、
ひとりひとりにお礼をしたいのだそうです。

フランスではこういう人のことを
月に住んでる”と表現します。

さて、、、その地球外に住んでるこがっぱが、
あなたの住む街をいつ訪ねることができるのか、
それをお約束することはできません。
でもここ1ヶ月以内くらいで雨が降ったら
それがこがっぱからのプレゼントだと思ってください。

(*^ε^*)

e.jpg
日記 | 投稿者 dr.mana 05:15 | コメント(15)| トラックバック(0)

コガッペ☆

pe000.jpg

うちのコドモ達は、日本で生まれて
フランスに渡ったフランス育ち。
ながいお休みのたびに日本に滞在するにしても、
何年ものあいだ、ふだん接する日本人は私だけなので、
いくら母国語といっても日本語は壊滅的です。

例えば、こがっぱのすぐ上のおにいちゃん、不死身龍
先日、仕事で日本に帰っている私にメイルをくれました。

オス! 元気か?

(´。`) 

これがバンカラな昭和40年代の高校生ならわかります。
でも、不死身龍はウチのプチ妖怪達の中で
いちばん服や髪型にこだわるスタイリスト、
しかも中身はとってもマジメなオタク気質の13歳です。
きっとフランスで大流行の日本のマンガで
覚えたんでしょうけど、本人はいたって大まじめで、
これが正しい日本語だと思ってるフシが。。。
今、最初から日本語を勉強しなおさせているところです。



ところでみなさん。『オノマトペ』ってご存知ですか?
ワンワン、ニャンニャンなど擬声語、擬音語の総称で、
また、時に様子や心情を描写する擬態語も含めます。
擬態語は実際に実存しているモノではないので、
欧米の言葉には存在しません。
ドキドキ、ワクワク、キラキラなどがそれですね。

このオノマトペはマンガ文化も手伝ってか、
日本語には非常に多く存在します。
でもって、言語環境によって違いがでるのも、
皆様ご存知のところですよね。

例えば日本語では犬はワンワン、
フランス語ではウァフウァフ、英語ではバウワウ。
猫はニャンニャン、ミャオ(仏)、ミャウミャウ(英)。
鶏はコケコッコーに対して、
ココリコー(仏)、 クックドゥードゥアルー(英)。

こがっぱ製作中の大河マンガ『河童鉄道777』にも、
もちろんその違いが反映されてくるわけです。
ところが、そこは日本語勉強中のこがっぱ。
妙に日本語ちっくにミックスされて、
それはそれは独特の表現法になっております(^。^)
こがっぱのオノマトペ、人呼んで『コガッパペ』、
略して『コガッペ』。
なんとも田舎っぽい響き。。。

pe001.jpg
ノックの音はとくとくとく。うん。ありがち。

pe002.jpg
地鳴りがぶぐぶぐ??

pe003.jpg
ずあ! 、、、列車の動く音らしいです。

pe004.jpg
いわずとしれた、時計のぢんぢん

pe005.jpg
ぐぐぐぐぐぐぐ。、、、いったいこりは?

pe006.jpg
びん! あんまり痛そうじゃないわね。

pe007.jpg
ボん! なぜカタカナとひらがながまざるぅ?

pe008.jpg
びん。 、、、はねかえったのね。

pe019.jpg
すす。うん。これはなんとなくわかる。

pe009.jpg
ち! 、、、「つん」って感じかしら。

pe010.jpg
はわかるけど、か! って??

pe011.jpg
稲妻がかコ! なぜまざるぅ??

pe013.jpg
落雷はずずなのね。

pe014.jpg
がん。これは痛そうだわ。

pe022.jpg
あの“たまこちゃん”が雲にバイバイしながら
姿を消すときの
アールヌーヴォ調がメルヘンチックだわ。

pe017.jpg
たこなこに!?
あらあ、これはオノマトペじゃなくって
海洋レストランのタコシェフの言語だったのね。

pe015.jpg
ちしって??

pe016.jpg
なぁんだ。ハナをかむ音ね。

pe018.jpg
怒りのを!
なぜに「お!」じゃなくて「を!」を使う??

pe012.jpg
クルマが転落する音がほっぷー
これは完璧に理解不能だわ。

とまぁ、摩訶不思議ワールドの『コガッパペ』は
こんな具合なのです。
日本語教室でしっかり教えてもらわなくちゃ。



さて、ここで実際の『河童鉄道777』は
どんなところまで進んでいるか、ちょっとご紹介。。。
河童を中心としたご一行様、
せっかく海王星までいったのに、
なぜか地球に近い火星へと逆戻りしつつ舞台を移し、
財宝を求めてピラミッド内部のラビリンスを探検中。

pe020.jpg
まったくもって、、、欽ちゃんちっくな動きだわ。

pe021.jpg
じゃん!
海王星で別れたはずの錬金術師『 TJ 』さんですが、
錬金術学会で火星にやってきたのでした。
胸にフラスコをさげて。。。

もう、、、ただただ唖然とするほかはありません。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 01:13 | コメント(20)| トラックバック(0)

こがっぱのコレクション☆

hen000.jpg

世にも珍しい「河童じぃさん100歳100歳」は、
普段は地元の中学に通っております。

もちろんいくらじぃさんっぽいからといって
お勉強が免除されるわけでもなく、
毎日しっかり宿題や予習復習しないといけません。
上のイラストも、こがっぱが宿題で描いた
こがっぱ流“フェニックス”です。

ある日、背後に何かしらの気配を察して振り向くと、
やっぱりほかならぬこがっぱです。

ねぇねぇママ、いくつか画像をプリントしてくれる?
 ぼくの古いMacだとできないから。
 これがその画像だよ。
 学校のオベンキョウ用で発表に使うから、
 少し大きめにプリントアウトしてね


はいはい。あら、たくさんありそうだわね。
じゃ、お仕事の合間にやっておくわ。
明日の朝までにはできあがってるから。

\(^O^)/ どもありがとごじゃいまーす

妙なポーズと妙な日本語で決めたあと、
こがっぱは満足げな表情で
てふてふと奥の院にひっこんでいきました。



その日の深夜──。
さあ、そろそろこがっぱのをはじめなくちゃ。

タイトルは、、、なになに?
『水中生物の呼吸における、
水に溶け込んでいるガスを交換する作用について』
あらぁ、難しそうだわ。
さては生物の授業用ね。

で、この小難しそうな命題で、、、
こがっぱったら
いったいどんな画像を選んだのかしら?

hen001.jpg

、、、あら。

hen002.jpg

、、、んー。

hen003.jpg

、、、クラゲが多いわね。

hen004.jpg

、、、いっとき『河童鉄道777』の
重要登場人物だったキーコさんだわ。

hen005.jpg

、、、毛玉?

hen006.jpg

、、、あんまり美味しくなさそうな魚だわ。

hen007.jpg

、、、プチ・ドラゴンね。

hen008.jpg

、、、イソギン、、、チャク?

hen009.jpg

、、、これはナマコの仲間かしら?

次から次へ大画面でプリントアウトされていく、
面妖としかいえない不思議な生物たち。。。
よくもまぁ同じイメージでこれだけ集めたものだわ。
こがっぱの座右の書へんな生き物』に
登場しそうなものばっかりじゃないの。

hen010.jpg

ナニコレ? 古代の貝かしら?

hen011.jpg

へっ?? いったいなぜ、
ここにカエルがぁぁぁ??

(+_+)!!

最後の画像をみて、私は
いつものように椅子からころげそうになりました。

hen012.jpg

こがっぱ、いくらお寿司が好きだからって、
このネタはないんじゃないの??
日記 | 投稿者 dr.mana 17:26 | コメント(38)| トラックバック(0)

ぴんきぃじぃさん☆

pinky001.jpg

こがっぱのマイブームは、
空港の売店でみつけたこのピンクのぬいぐるみ。



おじいちゃんおばぁちゃんのお家で
おりこうにしていたから、ごほうびね。
何かひとつ好きなの、もってらっしゃいな。

\(^O^)/

これを見つける直前までは、
確か『トトロ』のぬいぐるみを手に持って
ちょっとへん。でもかわいい
とかいってたっけ。

ママ、もっとへんなのみつけたよ。
 それに、じぃさんっぽい。
 それにちょっと河童っぽい。
 んーーこっちにするよ


すばやい決断力で『トトロ』をとっとと捨てたこがっぱ。

それにしてもこがっぱの基準は
より「へん」なの、より「じぃさん」
いつも「河童」、、、ってわけなのね。

名前はぴんきぃ。ぴんきぃじぃさんだよ

( ̄。 ̄)

目がセサミストリートしてるっていうか、
眠たそうなところなのがじぃさんなのかしら??

でも、パリに帰って、私のお気に入りの
ぬりかべ美肌手ぬぐい』と一緒に記念撮影をして、
はじめて気がつきました。

pinky002.jpg

( ゚ o ゚ )

じぃさん、、、って、、、
このハナの下のカーブだったのね。



とにかく今は何をするにもじぃさんと一緒。
ネットをしている時は、Macの横にぴんきぃじぃさん。
お食事時には、ランチョンマットにぴんきぃじぃさん。
おベンキョウの時には、筆箱の脇にぴんきぃじぃさん。
歩いてるときには肩にのせて
手のり文鳥よろしくぴんきぃじぃさん。

たまに慌てて何かぱたぱたしているかと思うと、、、

ママー。じぃさん、知らない?
 じぃさん、どこいっちゃったんだろ。
 いないよ。ぴんきぃじぃさーーーーん!


まったく、、、こがっぱったら。
いつものことだけど、
新入りにかまけるのよねーー。
他のかっぱのぬいぐるみと同じで、
落ち着くまでは知らんぷり知らんぷり。

(^m^)
日記 | 投稿者 dr.mana 00:18 | コメント(15)| トラックバック(0)

こがっぱ囲碁三昧☆

japan.jpg

上の写真は、日本での戦利品。
こがっぱの大好物『かっぱ物語』×5袋、
クッキングこがっぱそのものの
『はろぅきてぃ☆東京限定合羽橋バージョン』、
広島でゲットしてきた
『カッパチャンネル☆カッパのコタロウ』。

そう、パリ在住こがっぱは
フランス特有のスキー休みを利用して、
まんまと日本行きのチケットを
ゲットすることができたのでした。

私がお仕事の忙しい期間は
実家のおじいちゃんおばあちゃんのお家に
貸し出しこがっぱです。

「おりこうで、よくお手伝いもしてくれるけど、
それにしても毎日、囲碁ばっかりしてるわよーーー」

おじいちゃんと対戦しているのね?

「それが、おじいちゃんじゃ物足りなくなったらしく、
空いた時間でネット囲碁をしてるのよ」
 
ネット囲碁 (x。x)

あの、、、世界中の碁キチ野郎と対戦できて、
しかも対戦のために集まってくる人達が
Dr.YAMASHITAとかMr.SAITOとかいう
何の変哲もなさそうなハンドルネームなのに
実はフランス人だったりする、、、例のあれだわ!

こがっぱ、確かお気に入りの
『kappa』のハンドルネームはすでにゲットされていて、
Major Kei(達人ケイ)とかでしぶしぶ登録してたっけ。



そこで私は機上のこがっぱを思い出しました。
退屈してないかと隣を見ると、
暗闇の中でゲームに熱中しているこがっぱ。

やれやれ、やっぱりコドモなのねぇ、、、
いったいどんなゲームをしてるのかしら?

さりげなく画面をのぞいて、、、

( ´ρ`)

なんと碁盤が暗闇に浮き上がっていたのです。
、、、囲碁ゲーム!!

仕事柄ということもあって
これまで数え切れないくらい飛行機に乗ってきましたが、
囲碁ゲームをしてる人を見た記憶なんてありません。
年配の方ですらさすがにモニターを使った
囲碁ゲームなんてしていないのに、
こがっぱったら若干12歳にして。。。

しかも、、、
あとで誇らし気に報告してくれたのでした。

ママ、飛行機の中での囲碁ゲーム、、、
 ぼく勝ったよ!!




囲碁が好きなのもわかるけど、
せっかく日本に帰ってきてる日本人なんだから、
ちゃんと変じゃなくおしゃべりできるように
ニホンゴのお勉強でもしなさいなーーー。

もうじき返品こがっぱだっていうのに。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 15:01 | コメント(21)| トラックバック(0)

奇跡のメダイ☆ こがっぱ流

medal01.jpg

最近の私のお気に入りは、上の写真の
『奇跡のメダイ(メダル)
その詳細は本業がらみのブログである
こちらをご覧いただきたいのですが、、、
私はある日、それをたくさんゲットしてきて、
日本の知人やお世話になった方へのお土産用に
袋に入れてリボンをかけるなど整理していました。

すると、、、いつものように
じわじわにじり寄ってくるこがっぱ。

興味深そうにしているので、「大事にしなさいね」と、
フランス語の解説書つきで彼にも1セット渡しました。

ありがとかっぱ!

しばし神妙に眺めているこがっぱ。

そのうち、おもむろにノートを取り出すと、
真剣な表情でなにやらそこに描き始めました。

私は知らんぷりをしながらこっそり観察していましたが、
どうやらかなり集中しているようです。

河童鉄道777』にはじまり『河童ミサ』、
そして『かっぱドナルド』、、、
んっふっふ。
彼が何かにインスパイアされて
妖しげなモノを生み出すのはいつものこと。
んっふっふっふっ(^^)
そうした過去の悪行三昧(?)を考えると、
きっとこれはまた、、、と思うのは自然だと思うのです。



はぁぁーーー。大変だった。
 もぉぉーーー、やっとできたよ


頼んでもいないのに、
満足げに『作品』を見せにもってくるこがっぱ。

私は今までのことを念頭に
ちょっとやそっとじゃ絶対に動じないわよ!
と心に決めてソレを見ました。

medal02.jpg

(◎_◎!)

爆死です。。。

想像を遥かにこえた破壊力でした。。。

メダイの周りを囲む、ありがたい神の御言葉、、、
かっぱが一ばん ともだちはけいかっぱです。
(かっぱの一ばんのともだちはけいかっぱです、、、?)』。
石碑にある1994年の文字、、、は、
自分の生まれた年を奇跡として刻んだもの、、、よね?
見たことのない妙ちきりんな漢字を生み出してるし、、、
それよりなにより、いったいなぜ
これはかっぱじじい』と解説する?
というか、どうしていきなりじじい?

(^◇^;)
 
これは『模倣』の遥か上空、成層圏をいく
、、、パロディだわ。もうそうとしか思えません。

けれど、本人はいたってまじめ。
まるで大切な儀式を完璧にやり遂げたかのように、
満足げにすたすたと奥の院に戻っていったのでした。

敬虔なクリスチャンの皆様、
ほんとうにほんとうにごめんなさい。。。
でもお笑いの御利益くらいは
もしかしたらある、、、んじゃないかと
、、、思ってるのは私だけでしょね、きっと(-_-#)
日記 | 投稿者 dr.mana 16:24 | コメント(9)| トラックバック(0)

2007年☆バレンタイン記念こがっぱ

bara.jpg

まるで昔のアイドルみたいなこのポーズ、、、



ウチのこがっぱは、
確かに天然で笑いばかり提供するし、
いろいろ普通の子とは違ってるし、
どこからどう見ても変な子だけど、、、

何かをしたり話したりしないで黙っていれば、
12歳の男の子としては
それなりにハンサムだとは
思うのです。母として。ええ。

けれど、その想いさえも打ち砕かれる
ある出来事がありました。



ある週末の午後、いつものように
サロンにこがっぱがやってきて、
ニンテンドーDSで遊び始めました。

これもまたいつものように
“巻き”の仕事に追われていた私は、
気がつかない振りをしてほぉっておきました。

どのくらいたったでしょうか。

さっきまであーだとかうーだとかきゃきゃきゃだとか
歓声をあげてたはずのこがっぱが、
どういうわけかピタッと静かなのです。

( ̄ ̄ー ̄ ̄) ゲームの途中で寝るなんて。。。

おうどん食べながら
うたた寝したのだって見たこともあるから
ちっとも驚きはしないのだけど、、、

と、ふと彼を視界に捉えた瞬間、、、

!!!(◎o◎)  

頭の中に、メガトン級の爆弾が落ちたようでした。

一挙に加齢が進んだのか、
はたまた妖怪蝋人形に変身したのか、、、

ハナの下が伸びた面妖なじぃさん、、、
というレベルを遥かに超越してるわ、こがっぱ

頬はこけて生気を失い、目は窪み、
薄い唇と鼻溝、それから唇からあごのラインは、
まるで入れ歯のときの特徴そのまま。

あぁ、どっからどう見ても12歳とは思えません。

それにだいたい、
こんなのけぞった体勢で
どうして居眠りができるわけ(^◇^;)?

、、、ん? ちょっと
 考えごとをしてたんだよ


私の親バカ心はもろもろと崩れ、
こてんぱんに叩きのめされたのでした。



最後にお目々なおし。
なれない昭和40年代のプロマイド風ポーズ
照れ照れだった、こがっぱのショットです。

teretere.jpg
日記 | 投稿者 dr.mana 04:19 | コメント(16)| トラックバック(0)

妖怪こがっぱ小僧☆

トワイライトタイム♪
世にも美しい黄昏時には、
異界への迷路が扉を開いているといいます。
歩き慣れた道なのに、なぜか家に辿りつかない、、、
いつものお店が建物ごと消えてしまっている、、、
でも、私にとってはそれが日常茶飯事。
空間認識能力にちょっと問題があるようで(*^。^*)

youkai0001.jpg

それは、ある美しい夕焼けの出現した夜のことでした。
がたがたがた、、、パタン、、、
ごそごそごそ。。。

なにやらキッチンで
誰かが何かを物色してるような物音がします。

そーーーっと覗きにいくと。。。

youkai0002.jpg

きゃ!! 妖怪“冷蔵庫荒らし”だわ!!

よく見ると、ほかならぬこがっぱ♪でした。

こがっぱ、あなた、、、
いったいなんでそんな格好しているの?

にやにやしながら
腰をかがめて杖をつくこがっぱ

youkai0003.jpg

人造人間キカイダー』のハカイダー
強化型座頭市
それとも、、、インチキ托鉢僧かしら、、、?
そうだわーーーー、
こなきじじぃが傘かむったとこ!

何いってんの、ママ、、、?
 この格好でわかんないかなぁ?
 河童のお皿と杖だよ。
 だから『河童じぃさん』なんだ


。。。( ̄ ̄ー ̄ ̄;)

こがっぱ、、、
あなた、真顔でいってるのね。。。

世にも奇妙な河童じいさんが棲息する
サンジェルマン・プチ妖怪屋敷の夜は、
こうして老けて、、、いえ、更けてゆくのでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 21:48 | コメント(22)| トラックバック(0)

『パリ囲碁名人戦・観戦記』より☆

mejinnsen.jpg

フランス在住の日本人の情報源として
多大な影響を持っている“日本人会新聞”
その2007年版第1号の第2面に、
昨年行われた『パリ囲碁名人戦』の
観戦記が載ってました!

そうです。こがっぱが、、、
おそれおおくも初参加で
しかも豪華景品欲しさに、、、
優勝を目指した、あの名人戦です!

『フランス囲碁会に世代交代の波?!』

、、、というタイトルで、日本人会理事で実行委員長の
上野 巌(かみのいわお)が書かれたレポートは、
期待の星達を追いかけるとってもコアな話題が中心。
“誰それさんは何年に初参戦して名人になるまで何年”
“数年前に2級だった誰それ君は
 あっという間に3段で、現在15歳”
“誰それ君は数年前から期待され、それに応えて
 登ってきた好青年”というように、長年にわたって
彼らをあたたかく見つめてきた豊富な脳内データの蓄積と
囲碁好きの囲碁好きに対する愛情溢れるコメントが
あちこちに見られて、ちょっと感動的でした。
「唯一の懸念は、一番大事な時期に、これも人生上大切な
 受験という年齢に重なっていることです。
 この時期に伸びるべき才能がストップしてしまいます」
という“受験も囲碁もどっちもがんばれ!
でもね、、、”というようなフランス囲碁会の未来を
懸念するあまりのジレンマも感じられて、
お人柄の良さが表れてるなぁと
僭越ながら微笑ましい気持ちにもなりました。

、、、あら!? なになに?
「フランスの若者達に比べ日本勢は
加齢と練習不足が目立ちます」、、、ですって?

こがっぱ、、、あなたは若干12歳にして
自ら“じいさん”を名乗ってるけど、
年齢的にはぜんぜん若者なんだから
もっと頑張るのよぉ!

いつしかこがっぱも、、、実行委員長様に
「期待の新人!」とコメントしていただける日が
くるのかしら。。。かっぱだけど。。。

そして、、、この記事の
締めに書かれているこの一文。

「何か新しい企画を用意して碁キチ野郎
(女性もいるのですが)を引き付けたいと願っています」

実行委員長様。
企画なんていりません。

このキャッチの公開のみでオッケーです。
イケメン囲碁天狗達が待っています』
そして、、、日本勢の加齢問題については
ゆめゆめ触れてはいけませぬ、、、

そうしたら、女性陣(コドモを持つ母親たち含む)の
支持が急上昇→女性囲碁天狗+学童期の囲碁天狗人口の
増加、、、間違いなしですわ(*^。^*)

それにしても、、、碁キチ野郎。。。

『パリ囲碁名人戦』の参加者募集の告知には、
「囲碁天狗、集まれ」というような呼びかけが
書かれていて、御覧のとおり、わがプチ妖怪屋敷では
ポピュラーな呼び方になっているのでした。

“囲碁天狗”から“碁キチ野郎”へ。。。

思わず目を留めてほけっとしてしまうような、
誰もがいちど目にしたら忘れられなくなるような、
この言葉づかいの巧みさとユーモアのセンス。。。

わたくし、すっかりはまってしまいましたわ(*^^*)
日記 | 投稿者 dr.mana 00:28 | コメント(19)| トラックバック(0)

こがっぱ僧侶☆

souryo.jpg

ガタガタパタパタ、、、パタン。。。

サロンで翌朝締め切りの
“巻き”入りまくりの仕事をしていたら、
背後にいきなり何かの気配。

はっ

と振り返ると、そこにはほかならぬ
こがっぱ♪ が立ってました。

頭がぬれているところを見ると、さてはお風呂あがり。

。。。。。
 
ねぇねぇ、こがっぱ、
あのぉ、、、その格好、、、
なんていうか、、、ほら、、、

ん? なぁに??

頭が疲れてて、とっさにコトバが出てきません。

、、、僧侶、、、
ミャンマーとか、チベットとかの、、、

ソーリョ? ニャンニャー?
 なにそれ?


ほら、、、ラマ僧とか、、、
布ぐるぐる巻いて、、、裸足の、、、
えっと、、、ああ! お坊さん!
あれにそっくりよ、、、?

オボーサン? ブッダの?
 ははぁーーーん


一瞬ひらめいたように瞳をキラーンとさせ、
こがっぱはそのままくるりと向きをかえて、
自室である奥の院にひたひたと帰っていきました。

思い出した! 袈裟だわ袈裟っ!
それも山岳密教系の!
いったい、、、どこで巻き方を覚えたのかしら?

、、、はっ! いけない。
こんなことに気を取られてる場合じゃないわ。
仕事仕事。。。



すっかりこがっぱ僧侶のことは忘れて仕事に没頭し、
気がついたら我が家のプチ妖怪達の
就寝時間となってました。

ぼーーーっ、、、と
灯りが点いている奥の院に入ってみると、、、

uppushi.jpg

、、、まぁ!!

こがっぱったら、
なんとあの袈裟を巻いたまま
うっぷして寝コケてるではありませんか。

しかも、顔の下には
読みかけの漫画を敷いています。
何だかほんとに力尽きたっていう感じだわね。

、、、あら?

これは確かずいぶん前に買った、
禅問答』の漫画本。
袈裟を着たお坊さんがたくさん登場するやつです。

manga.jpg

見かけないなぁと思ってたのに、
いったいどこから探し出してきたのかしら。。。

さっきのひらめきは、これだったのねぇ。
それにしても、、、はぁ、、、

揺り動かしてもびくともしないので、
風邪をひかないようにそのまま布団をかけました。



翌朝、いつものように声高らかに、
おはよう! おはよう! おはよう!
昨夜とまったく同じ格好で
タオル1枚ずれることなく、
当たり前のように起きてきて
ケロッグスをパクつくこがっぱ。

その悟ったような後ろ姿を見て、思いました。

囲碁河童じぃさんから格がさらに上がって、
今度はラマ僧がのりうつったのかもしれないわね。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 01:25 | コメント(27)| トラックバック(0)

こがっぱ、ピアスを選ぶ☆

nakayoshi.jpg

仕事関係でラグジュアリーな装いを
しなくてはいけない場があったのですが、
“ぶちゃかわ”(ぶちゃいく+かわいい)な
妖精ピアスをしていったところ
思いのほか好評だったことがありました。

んふーー。これはいけるかも(*^。^*)

その出所は、うちの近くのアートなお店。
独特のファンタジックな世界を創造していて、
入って見てるだけでもかなり楽しい。。。

noa.jpg

先日、ふたつめのぶちゃかわピアスをゲットするために、
こがっぱ連れで行ってきました。
彼が将来ガールフレンドができたときのために、
ピアスの選びをつきあわせるのも悪くはないわ。

ゆく道々、、、

かっぱ♪ かっぱ♪ いつもかっぱ♪

ぶつぶつ唄っていたこがっぱ。
あいかわらず自作の妙な節回しなのは ( ´ρ`)だけど、
とにかくご機嫌でよかったわ。
こがっぱ、ニコニコ顔でお店に入っていきます。

ねぇねぇこがっぱ。
この中でママに似合いそうなピアス、探してくれる?

んーーーー

考え込むこがっぱ。

河童! 河童っぽいやつ。
 、、、どれだろーーー?


こがっぱ、、、?? あのねぇ、、、
河童っぽいやつじゃなくて、
ママに似合うのを見つけてほしいんだけど。。。

ちょっと不安がよぎるものの、
見たところ、緑のとか皿付きとか甲羅付きとか、
そうした河童っぽいのはいませんでした。

んーーーー、、、あ!
 これこれ!! これがいいよ!
!」

さんざん考えた末、最終的には
私の好きなピンクのを選んでくれたようです。

なんだか、、、ほんとにぶちゃいくだわねぇ。
でも色がかわいいから、まぁいっかぁーーー。
というか、他に激しくとんでもないのがあったので、
そちらでなくて少しほっとした、
というのがのが本当のところでした。

せっかくこがっぱが選んでくれたので、
そのピアスをゲットして帰ってきました。

こがっぱ、探しても河童がいなかったから、
やまびこ(『ゲゲゲの鬼太郎』にでてくる妖怪)を
選んだんだわ、きっと(-_-#)
それにしても、、、この顔、
このハナの下が妙な具合にのびきった表情、、、
どこかで見たことがあるような、、、

g-san.jpg

、、、はっ!! もしや!!

ふんふんふん♪

鼻歌を唄いながら
軽快にサロンに入ってくるこがっぱ。

ちょっと! こがっぱ!
これを選んだ理由はもしかして、、、

え? じいさんっぽいからだよ。
 河童に似たの、いなかったから。
 しょうがないから、
 ピンクのじいさんを選んだんだ


こがっぱ、、、
ママの耳にじいさんはないでしょ、
いくらなんでもじいさんは。。。



、、、とは思ったものの、
せっかくゲットしてきたピアスです。
1回くらいはつけてみなきゃ。。。

そう思って耳にさげてみたところ、、、
だんだん自然に笑いがこみあげてくる感じがしてきて、
妙にハッピーな気分になってきました。
何だかいいことがありそうな、そんな感覚。。。

さすが、お気楽妖怪こがっぱ。
不思議な才能を持っているものです。
日記 | 投稿者 dr.mana 23:00 | コメント(23)| トラックバック(0)

こがっぱ、英語を勉強する☆

eigo01.jpg


はあぁぁぁ、、、

ある日曜の夜、
サロンにやってくるなり
深く深くため息をつくこがっぱ。

ママー、みてよぉこれ。
 全部で4ページも覚えなくちゃいけないんだ。
 月曜日はエイゴの
 ボキャブラリィのプチテストがあるんだよ


ブルーマンデーを
ぶいぶい訴えるこがっぱ。

週末あんなに遊んだのだから、
テストくらいがんばりなさいな。

あとは見て見ぬ振りをして、
私はいつものようにMacに向かいました。

こがっぱがぶつぶついう声が聞こえてきます。

スキンケアセット、
洗顔、
乳液、
クレンジングコットン、、、

やれやれ、、、
 なんだかよくわかんないよ


どうやらこがっぱは、
メイクアップの用語を覚えているようです。
中学2年生で女性のメイクアップ用語の
英語版を教えようとするとは、、、

eigo02.jpg

さすがフランス!

と、感心するやらおかしいやら。

ファンデーション、
アイシャドウ、
パフューム、、、

はぁぁ、なんでぇ、、、?
 こんなにいっぱいいっぱい!


ときおり不平をこぼしながらも
いたってまじめに勉強しています。

私は引き続き聞こえぬ振りをして、
キーボードを叩き続けました。

あーーーっ! なんでぇ?
 ページ、違うところやってたよ


吹き出しそうになるのをこらえるのに必死でしたが、
続いて次のフレーズでフリーズしました。
こがっぱが誰にでもなくボソッと、けれど真剣に、
自分に言い聞かせるようにこう言ったのです。

はぁ、、、しょうがない。河童だから」
日記 | 投稿者 dr.mana 01:42 | コメント(14)| トラックバック(0)

クッキングこがっぱ☆

pan01.jpg

明日は学校もお休みだし、
 ママもいつもお仕事と両方で大変だから、
 これからパンケーキ、つくるね。
 今日はひとりで頑張るからママは休んでて


まぁ、どうもありがとう。
こがっぱ、ママよりつくるのじょうずだもんねぇ。

以前こんがりすべすべパンケーキをつくって、
みんなにホメられご満悦だったこがっぱ。
“ひとりで頑張る”宣言です。

かたかたかた。。。。

軽快に粉を混ぜる音にまじって、

フンフンフン♪

、、、と鼻歌も聞こえてきます。

ジューーーーー!!

という音とともに、ふんわりこげる
バニラエッセンスのおいしそうな香りが漂ってきました。

ちょっとお台所を覗きにいってみると、
こがっぱ、なぜか
眉間にスジが1本ピーーーッと入っています。

どうしてぇーーー?
 これじゃ、、、じぃさんだよーーー


ふと見ると、ふわふわではなく、
哀れしわしわになったパンケーキが、、、

どうしてじぃさんになるぅ、、、?

こがっぱ、ちゃんと油敷いた? フライパンは?

ちょっと自分でがんばるよ。
 あーーーあ。じぃさん80歳だよ、、、


以前の成功体験からの自信がわらわらと崩れてきてるよう、、、
でも自分で工夫させるの学習のひとつです。
私はいちど退散することにしました。

どぅやるぅーー?
 どうしてじぃさんーーー???


その後もしばらくのあいだ、キッチンのほうから、
こがっぱの不満げな
変な日本語が聞こえてきていました。。。

少ししてからまた覗いてみると、
わずかにマシになったとはいえ、引き続き
しわしわパンケーキが量産されてます。

ママー、ほら、油敷きなおしたら、
 80歳が60歳になったよ。
 今度はへら変えてみるね


pan02.jpg

再びひとりにして様子を伺っていたら、
ほどなくして、、、

フンフンフン♪

軽快な鼻歌がきこえてきました。

どうやら最大の原因は『へら』だったようです。
最後はこがっぱご自慢の
ふわふわつるつるパンケーキのできあがり。

pan03.jpg

なんにしても、誰か人がつくってくれるものは
美味しいもの \(^O^)/
いっただきまぁす!

あらーー。しわしわのパンケーキも
見栄えはずいぶんわるいけど、
しわしわのところにバターとメープルシロップが
ほどよくからんで、意外においしいわ (゚0゚)

だって、河童じぃさんは本当に偉いんだ

こがっぱは、わかってるのかわかってないのか
わからないような言葉を意味深げにひとこと言い放ち、
満面の笑みでパンケーキをたいらげてました。
日記 | 投稿者 dr.mana 05:07 | コメント(16)| トラックバック(0)

コドモの策略☆

先月、私は誕生日を迎えました。

ママ、お誕生日おめでとう!
 今日で◎×歳だよねー


ありがとう。そう思うでしょー?
でもね、日本には年号の数え方がいくつかあって、
だからママは17歳。

(~o~)?? なんだかよくわからないよ。
 まっ、いーや。
 はい。これ僕たちからのお誕生日プレゼント


どうもありがとう \(^O^)/

bunta01.jpg

、、、まぁ!!
なんて私の好みを熟知しているのかしら。
でも、これはいったい、、、なぁに??

ママは Mac でお仕事しているから、これにしたの。
 それに夜、光るんだって。
 名前は、ブタだから『ぶんた』だよ


bunta02.jpg

ほぉぉぉーーーー。蛍光の WRIST SUPPORT ね。
ありがとう。ぶんた、大切にするわね。

なんにしても嬉しいことには違いありません。
それになかなか味のある表情をしています。
日頃、頭にくることも多いけど、
やっぱりコドモはかわいいものだわ。

その日はほのぼのとした気分で休みました。

そして翌朝、サロンのテーブルに、
なにやら見慣れぬ手紙が。。。

、、、ん(-_-#)??

wii.jpg

ゆうべのほのぼの気分が
しおしおと崩れはじめました。
まるで溶けたアイスクリームのように。。。

まさか、ぶんたで Wii を釣ろうとするとは (^◇^;)
さすが我が子、DNAだわ、、、
っていう気もしないでもないけど ( ´ρ`)

それにしてもこの手紙、
見れば見るほどおかしくておかしくて。。。
『ほ』か『ぽ』の練習が左上に残ってるとこなんて、
もう笑っちゃってオナカが痛くなったくらいです。
しかも、この手紙のどこをさがしても、
『ほ』も『ぽ』も使われてないんです(^◇^;)

計算づくができるこがっぱでないことは100も承知です。
でも、思わず策略に乗せられそうな気分になりました。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:36 | コメント(11)| トラックバック(0)

たまこちゃん☆

tamako000.jpg

こがっぱ作のオトボケ大河ドラマ河童鉄道777』。
今や本来の目的であった旅することを忘れ
海王星でもう10年もとどまっているかのようです。
そしてまたまた旅からかけはなれた展開に。。。

先日、すごい衝撃音とともに
海王星に隕石が落ちてきたのです。

tamako001.jpg tamako002.jpg

なんとこの“たまこちゃん”、
ちょっと前に私が衝動買いした
卵型キッチンタイマーではありませんか。
私はこれを、ネット囲碁に夢中になって
PCにかじりついているこがっぱの近くにそっと仕掛け、
何度か驚かせて遊んだことがあります(●^o^●)

それにしても、、、
海王星にめいっぱいぶつかっといて、
絆創膏ひとつですむなんて、
よっぽど強靭な殻をもっているに違いありません。
こがっぱは創造神だけあって
どうも卵の殻の強度に関しての現状把握
常人を超越しているようです( ̄ ̄ー ̄ ̄)

tamako003.jpg

tamako004.jpg

卵ぶっかけゴハンが好きなこがっぱは、
このたまこちゃんを割ってみたくて仕方ない様子。
何度もテーブルにこんこんとぶつけるふりをして
にやにやしながら私をうかがうように見ていましたが、
、、、私は知っています。
そういうときのこがっぱは、わりと本気なのです。

tamako005.jpg

、、、あら?

tamako006.jpg

まさか、、、

tamako007.jpg

あーーーーー!! なんてことを!

tamako008.jpg

そして、たまこちゃんから生まれたのは、
またまた見覚えあるグッズ。
今はお台所の洗剤として活躍している“ MiR ”くん。
最初の写真でたまこちゃんと並んでいるのがそれです。

tamako009.jpg

こがっぱは身近なものを最大限利用して、
願望をマンガで叶えようとしているんだわ。
それにしても、神棚の周囲にあるモノといい、
“ぶちゃかわ”もの好きなのねーーー。
どうしてこんなふうに育っちゃったのかしら。。。



あ、、、そうそう。皆さんにお願いです。
東京でゴスロリのキティが売っているところ、
ご存知の方がいらしたら教えてください(*^^*)
私、どうしても欲しくて欲しくて。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:36 | コメント(17)| トラックバック(0)

河童教会☆

2007-01.jpg

みなさま。
あけましておめでとうございます。
妙なこがっぱですが、
どうか本年もよろしくお願いいたします。

2007-02.jpg

さて、年末年始に私と一緒に見にいった
ノートルダム大聖堂での
荘厳なグレゴリアン・ミサ
触発されたこがっぱ。

さっそく『河童鉄道777』に、、、
ストーリーにはこれっぽっちも関係なく
しかもかなり緊迫していたはずの
ちょうどその時点での場面はいきなり断ち切られ、
かっぱ教会のミサのシーンの登場です。

実際のミサははじめの10分だけ見て
飽きて帰ったくせに
さすがこがっぱ神、777の創造主だけあります。

窓の外から、鐘の音が、、、
ぢんー! どんー!

こがっぱったら、、、
博多どんたくじゃないんだから、、、

ミサが行われる河童教会は
両端が巨大キュウリでできていて、
口が門で目がステンドグラス。

2007-04.jpg

、、、ほぉーーー。
デザインは、『かっぱドナルド』と同系列だわね。
でも口は暗黒の闇に通じ、
目はいっちゃってるし
何よりこんなこあい教会、入りたくありません。

側面を見てさらにびっくり。
なんとこの建築物はノートルダムと同じ
ゴチック様式だったのです!!

2007-05.jpg

ということは、河童教会というより
河童大聖堂だったのね。

さて、、、中では
どうもミサがはじまっている様子です。

こがっぱノートの次のページをめくって、
私は気を失いそうになりました。

2007-06.jpg

かっぱかっぱいつもかっぱ
かっぱかわいいかっぱかっぱ♪
かっぱかっぱむぅす
かっぱかっぱむぅす♪


キリスト教の熱心な信者のみなさま、
本当にごめんなさい。

日記 | 投稿者 dr.mana 23:56 | コメント(10)| トラックバック(0)

おいで河童の森☆

main-sashikae.jpg

すでに何回か登場してますが、
こがっぱのお気に入りのゲーム『おいで動物の森』。
妙に頭に残る雨音や足音に平和なBGM♪
そして住人達の早回しのような不思議な会話、
なんとなくサブリミナルなように眠気を誘うその画面。

もちろんこがっぱのお気に入りの
河童ライク(そのものかどうか未確認なため)なキャラも
しっかり存在している様子。

ねぇねぇ、こがっぱ。
その河童、どんな顔しているの?
出して見せてくれる?

いーよー。タクシーの運転手なんだ。まっててね。
 あれーーー。へんだなーー。うん


あーー。こがっぱ、フリーズしちゃったかなー。
私は忘れた振りをして師走の仕事を片付けにかかりました。

もう。いなくなっちゃってるよ。へんだな。
 、、、!!
 あーーーそっかぁ。こうしちゃえばいいんだ!


何をひらめいたんだか、ひとりでぶつぶついってニヤニヤしてます。
私はいよいよ見て見ぬ振りして、仕事に集中することにしました。

15分くらいたった頃でしょうか。

ママー! できたよ! はぁ大変だった

よかったわねぇ。
河童ひとつみつけるのも難儀なのね。

彼が差し出した画面をみて、私は思わずのけぞりました!!
こっっ、、、これは、、、!
この河童の大群は!!

ついでにみんなつくっちゃったよ。
 河童エクスプレス
777の仲間だよ

なんでも、部屋の壁紙やじゅうたんや傘や帽子や
ちしゃつ(Tシャツ)や絵など、
それぞれ自分で創作したキャラクターのマークを
画面にうつし入れることができるらしいのです。



それから数日、、、
例によって“動物の森”で遊んでいるこがっぱ。

みてみてーー!
 キャラクターのちしゃつの柄を
 777のみんなにしちゃったんだ。
 ぼくもママもいるよ。河童が一番多いけどね


確かにそこには、見たような顔
こがっぱオリジナル・キャラのちしゃつになってます。
新手ののっとり作戦でしょうか。

一瞬、こがっぱの大いなる策略、
『河童世界制覇大作戦』の一端をかいま見たようで、、、
おへそで湯がわきそうになりました。

それにしてもこの子ってば、、、
どうしてこんなに河童ラブになっちゃったのかしら。。。

日記 | 投稿者 dr.mana 23:04 | コメント(7)| トラックバック(0)

メリークリスマス☆2006

noel01.jpg

こがっぱ観察記にご訪問の皆様、
日頃の感謝をこめて、
こがっぱからメッセージです。

じゃん!! \(^O^)/

noel02.jpg

ところで、
あれは今月のはじめだったかしら。

『サンタさんにお手紙だすと、
 お返事がくるらしいわよ。
 まぁ内容によるみたいだけど♪』

って悪友がいうので、半信半疑のまま、
こがっぱをけしかけて手紙をかかせました。

封筒の宛名には
『サンタさんへ』(Le Pere Noel)
とだけ書いて投函すればいいらしいのです。

それで本当にお返事が、、、?
夢があっていいわねぇ、、、と思っていました。

そうしたら忘れた頃に、
本当にお返事が届いたのです!

なんだかとっても幸せな気分♪

こがっぱも大喜びです。
でも、少しすると何かに気がついたように、
ちょっと不服そうな顔に。。。

ママ、、、これだけ?

、、、??

「これだけ? って、、、十分でしょ。
 こがっぱ、中身、なんて書いたの?」

サンタさん、寒いけど頑張ってね、とか?
うちでホットココア飲むといいよ、とか?
気がきいたこと、書けたのかしら。

、、、と思っていたら、

Wii ください

、、、くれないっつーの。

日記 | 投稿者 dr.mana 03:39 | コメント(10)| トラックバック(0)

河童メーター☆

car01.jpg

あれから数カ月。
壮大な宇宙観のもとに描かれた一大巨編
河童鉄道777』は、
いまだに海王星に停泊したままです。

しかもストーリーは不条理かつ
ikiataribattari 』系。
日記といってもいいような
ストーリー展開となってきました。

いったい、このストーリーには
結末があるのかしら。

尋ねてもにやにや笑うだけのこがっぱ。
( ̄ ̄ー ̄ ̄)

訊くだけ無駄だったわ。
彼にもわかってないに違いないし。

起承転結でいうなら
起承転てんてんてんてんてん、、、.
序破急でいうとすれば
序破はっはっはっはっはっはっ、、、
、、、はぁ。

それに登場人物に既出コメンターの方々のほか、
自分で勝手に名前をつけて使ってる
わがプチ妖怪屋敷の日常生活用品まで登場する始末。

さて、今日の展開は。。。?

巨木をパイナップルに変えることで、
ヒト(正確には海王星人?)を3人救った錬金術師のTJさんに、
ポリスのぷくぷく長官から特大のプレゼント
(なんていうのかしら?? 御祝儀じゃなくて、
ご褒美じゃなくて、賞品じゃなくて、、、)が贈られます。

開けてびっくり、スーパーカー!! 
エンブレムにもご注目。

TJさんは丁寧にお礼をいって、
さらなる窮地にいる河童を救いに颯爽と走り去るのですが、、、

そのクルマのメーターを見て、
私は椅子から転げ落ちそうになりました。

500km/h!! それにものけぞりましたが
くちばし、、、いったい、
なんのためにここに、、、くちばし、、、?
こんなところに“隠し河童”がいたとは。

結局こがっぱは、河童らぶなのねぇ。
ストーリーが全方位にパラレルに展開して
はちゃめちゃな広がりを見せている中、
河童へのらぶだけは忘れないこがっぱに、
なぜかほっとする私でした。
日記 | 投稿者 dr.mana 15:42 | コメント(19)| トラックバック(0)

こがっぱのウィークエンド☆

ngo01.jpg

ただいまー! ただいまー! ただいまー!
土曜のお昼。いつもきっちり定刻に帰ってくるこがっぱ。
水曜日がお休みで“在宅こがっぱ”である代わりに、
土曜日に授業が半日あるのです。

そして午後からはいつもの囲碁教室。
それにくわえて、今日は大きなイベントがあるのでした。
パリ囲碁名人戦に出場したときに自動的に登録となった、
会員制囲碁倶楽部へいく初日なのです。

最初なので私も一緒に行ってみることにしました。
メトロでとある住宅街の駅について歩きだすと、、、

ママ、ここ、来たことあるかもしれない

そういえばこがっぱ、以前に
囲碁教室のあとに誰かに誘われて囲碁カフェ?
みたいなところで一局打ってきた、
と嬉しそうに言ってたことを思い出しました。
そして碁会所に到着してみると、、、

、、、へ( ゚ o ゚ )

なーーーに、ここ、、、?
若い男の子ばっかり(長老系が、ひとりいるけど)。
これが囲碁倶楽部のメンバーなわけ?

「あっ、ケイ、ケイじゃないか」
「ケイって、あの結構スジのいい、ケイ?」
「おぉ、名人戦以来じゃない?」
「一局やろうぜぇ」

こがっぱは忘れていた(!)ようですが、
お兄ちゃん達は顔見知りのようです(^_^;)
さっそく一局、、、となりました。

ngo02.jpg

ぷぷぷーーー。
ふたりとも同じポーズで対戦してる。
それぞれにそれぞれの囲碁じぃさんが、
降りてきているって感じだわ。

それにしても、結構なイケメン揃いです(*^_^*)

ここだけの話、、、パリには実は
かっこいい男性ってあんまりいないのです。
なのに、ここのイケメン密度の濃さといったら!
まさかウィークエンドの午後に、
普通の若い男の子たちにとってデートで忙しいはずの
土曜日の午後に、、、しかもアムールの街で、
この一角に集って地味に碁を打っていたとは。。。
いったいぜんたいどうして、、、んご
別の意味でこがっぱもそうだけど、
パリの囲碁天狗たちの生態、、、実に不可解です。

ともあれ、こがっぱは
相手をかえて一局ずつ打って、1勝1敗。
満足げに帰路につきます。

あそこね、卓球台もあるんだよ。嬉しいねぇ。
それに駅前にフランプリ(スーパー)もあるんだ。
あ! みてみて! このパン屋さん。
ショコラパンが1個で0.90ユーロで、
5個で1.50ユーロだって!! すっごいサービスだねぇ。


こがっぱ、やたらと饒舌になってます。
話の内容はまるでおばさんですが、超ご機嫌です。

家に帰ると、こがっぱは、
いきなり『自転車こぎ』をはじめました。

ふっ! ふっ! ふっ! ふっ!
囲碁に勝つためには、、、ふっ!
やっぱり、、、ふっ! 体力もつけないとね!


そして100回こなしてふらふらしながら奥の院に入り、
夕食を食べたり『777』を描くのに出てくる以外は
ずっと自分の部屋で静かにしているこがっぱ。

囲碁教室に会員制囲碁倶楽部に自転車こぎ
いくら好きでも、さすがにつかれたのね。
もう寝たかしら、、、と思った夜も12時近く、
私は椅子から転がり落ちるかと思いました。

、、、じゃらじゃら、、、スパーン
、、、じゃらじゃら、、、パシーン

この快音、、、何とこがっぱ、一人碁を打ちながら
今日の対局の復習をしているのです。

12歳のこがっぱの週末は、並み居る囲碁じぃさんよりも
はるかに囲碁づくしなのでした(;^_^A

日記 | 投稿者 dr.mana 09:20 | コメント(10)| トラックバック(0)

バキュームこがっぱ☆

naruto

ある日の夕方近くのこと。
まるでサラリーマンのように
いつもどおり学校から定刻に帰ってくるなり、
はぁ。くぅたびれたぁ、、、
と、すたすた奥の院にはいっていったこがっぱ。

しばし、しぃんと静寂。

そして夕食ができたので呼びにいってみたら、
果たしてこがっぱは……寝コケてました。

ふとんに頭だけつっこんで、
まるでタコつぼのタコのような姿で熟睡です。

これは、、、と思ってカメラをとりにいってくると、
何か気配を感じたのか、寝返りをうって、
ふつうのただのすごい寝相姿になってました。

こがっぱは、非常にしばしば、、、
常人では考えられない寝相・寝姿を見せてくれます。
アイマスクに耳栓のおやじスタイルだったり、
ミイラのようだったり、エリマキトカゲだったり。。。

そういえば、半年前の昼寝のときも圧巻でした。
水玉模様のぶあつい布団、ピンク色のカーテンの裾、
それに小さな猫のマスコットまで、
まるでブラックホールかNARUTOの渦潮のように、
写真のとおりありとあらゆるものを
顔のまわりに巻き込みながら、
すーぴーと気持ちよさげに寝ているのです。

呆気にとられるやらおかしいやら。。。
それより何より、、、苦しくないのでしょうか。。。

そのときの写真が出てきたので、
こがっぱに尋ねてみました。

ねぇねぇ、こがっぱ。
こういう格好で寝てて苦しくないの?


僕、寝ている間によくいろんなものが、
 なぜかくるくる巻きつくんだよね。
 でも大丈夫、慣れてるから


ふぅーーん、、、慣れて、、、るのね。。。

にやにやしてるこがっぱを前に
私はふと思いついて、いつものように
彼の承諾を得ようと試みることにしました。

ねぇねぇ、この写真、
こがっぱブログに載せてもいぃ?


もちろんいいよ。で、、、
 いつ、でるの? ねぇねぇ、いつ?

 
さらににやにやするこがっぱ。
しかも、ちょっと得意げです。
もしかしてかっこいいと思ってる?

こがっぱ、、、大物なのか
ネジがどこか20本くらい抜けているのか、、、
日記 | 投稿者 dr.mana 03:07 | コメント(20)| トラックバック(0)

河童鉄道777☆登場生物のナゾ

allstar.jpg

最近、こがっぱを観察していて、
満足な時とか、あるいは照れる時に、
あのじぃさん顔になることを発見しました。

河童鉄道777を描いている時に
「じょうずねぇ。ストーリーもおもしろいし」
と声をかけるとほぼ100発100中!
じぃさん顔をして、ななめ後ろにゆるやかに
かしいでいくこがっぱ。

わかりやすい。。。

さてそんなこがっぱ作、
不条理大河ロマン漫画☆河童鉄道777は、
ついに第5巻に突入しました。

みなさんにひとつご報告を
しておかなくてはいけないですわ。

数えきれないほどの登場人物で、
なかでも名前のついているモノたち。。。
主役級の『kei』、河童の『まっきっき』、
それにまっきっきのパパで777の車掌『かっぱなな』
ほか、、、実にいろいろと存在してるのです。

『カッパタス』『カッパムス』『カッパリュース』
『カッパドース』『カッパーマン』といった
お馴染み河童オールスターズはもちろん、、、

自動車泥棒『こことさん』
凄腕ドクターでイカの『みしまし先生』
やさしいカニ星人『キーコさん』
河童の囲碁師匠『かっぱるのご』
恐竜『カストラ』
謎の河童スパイ『LUX』
優しく勇敢な河童の消防士『みっち』さん
小動物に変身させられちゃった『まぎー』さん
河童ポリスの『しほり』さん
ボリスの『ぷくぷく』長官
銃をもつ謎の男『月のうさぎ』さん
その星一番の錬金術師『TJ』さん

そうなのです、、、こがっぱったら、
コメントを書いてくださってる人たちを
勝手に名前を借りて登場させているのです。

、、、(^◇^;)

これに懲りずにどうぞ今後ともおつきあいください。
いずれ大作(駄作?)となって、世に出る予定ですから。
日記 | 投稿者 dr.mana 05:25 | コメント(20)| トラックバック(0)

Tシャツの謎☆その後

kappa-fiat.jpg

あ”ーーーーーーっ!!

気持ちのいい晩秋の朝、
サロンの隣のプチ妖怪部屋から
叫び声が聞こえてきました。

はたして、眉間にスジが1本ピッ! の
こがっぱが不満そうです。

ママー、黄色も赤の一番も、
 kappaフィアットも、
 どれもまだ乾いてなーい!!
 どくろは昨日着たから洗わなきゃだし、、、
 いったいナニ着ればいいの?


ぷんぷん訴えるこがっぱ。

ナニって、、、こがっぱ、、、あなた、
そこの『そのたのちしゃつ』コーナーに
代わりが山のようにあるじゃないのぉ。
ちょうどいい機会だから、ほかのを着なさいな。

私は彼をほぉっといてサロンに戻ってきました。
ずっとつきあってるほど暇ではありません。
原稿原稿。。。

あーーーもう、、、うーーーーー

ときおりぶつぶつ
不服そうな声が聞こえてきます。
知らんぷり知らんぷり。。。

そして、、、
20分もたった頃でしょうか。

フンフンフン♪ という鼻歌とともに、
てってってっ♪ という軽快な足音。

こがっぱ、どうやら
少し機嫌がなおったのかしら?
と思って振り返ってみると、
奥の院へと続く渡り廊下を
こがっぱが歩いていく後ろ姿が見えました。

……

こがっぱの背中には、、、
登録商標・天下一』の文字。

あれは冗談が好きな日本の友人がくれた、
お酒のラベルかなにかをモチーフにしたもの。
私はとても着られないし、
どこかに仕舞いこんで存在すら忘れていました
それなのに、こがっぱ、、、
いったいどこで見つけたのかしら、、、??

いえいえ、その前に、、、ねぇねぇ、こがっぱ。
他に若者向きの格好いいTシャツがたくさんあるのに、
なぜよりによって『天下一』?
ほんとにじぃさんなんだから。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 20:38 | コメント(11)| トラックバック(0)

こがっぱじぃさん☆

kogappajisan.jpg

その1 ひとり囲碁をするほど、囲碁が好き
その2 1ユーロのおこづかいをあげると、
 チョコとかチップスではなく、
 決まって“えびせんべい”とかを買ってくる。
その3 うめぼし、しょうが、しば漬けが大好き。
 その結果、たまに加齢臭がする。
その4 「からだに、いぃ」とかつぶやきながら、
 うれしそうに緑茶をすする。
その5 体力をつけるといって
 (それも囲碁名人戦を戦うために)
 ベッドに仰向けになってする自転車こぎに余念がない。
その6 おうどんを食べながら、普通にうとうとする。
その7 トイレからでてくると、かなりしばしば、
 シャツの前がはみだしている。
 コドモは前をしっかり入れて後ろがはみ出しがちなのに、
 彼はじぃさんのように前がしっかり、、、はみだしている。
その8 自分でこさえた神棚を大事にして拝んでいる。
その9 日本語でのくちぐせは「くたびぃれた」。
その10 外食の時は、すきあらば『すし定食』。
その11 周囲がうるさいと、、、
 アイマスクと耳栓をしてとっとと寝る。
その12 一番好きなスポーツは、、、『卓球』。
その13 イスに座っているこがっぱに
 「じぃさん」と話しかけると、
 くちびるを閉じて鼻の下をのばし、目を下目がちにしながら、
 椅子ごとナナメ後方にゆっくり傾いていく。

みなさん、、、どう思われます?
これが日頃の、こがっぱの生態です。

こがっぱの『河童』以外の大事なパーソナリティ。
そのキーワードは、、、『じぃさん』?
それもラテンの明るいじぃさんではなく、
まぎれもなく中国日本アジア系のじぃさん。。。

それにしても、、、
この鼻の下の凸型カーブ、狡猾そうな伏し目。
とてもパリに住む12歳の少年とは思えません。

私、『河童』も『じぃさん』も
産んだ覚えはないんですけど、、、
日記 | 投稿者 dr.mana 05:53 | コメント(10)| トラックバック(0)

Tシャツの謎☆

singouki.jpg

おはよう! おはよう! おはよう!
例のなぜだか3回繰り返す朝のあいさつで、
今日も声高らかに、
赤の『一番』のちしゃつ。。。

おはよう! おはよう! おはよう!
今日も声高らかに
青のドクロのちしゃつ。。。

おはよう! おはよう! おはよう!
今日も声高らかに、
黄色のちしゃつ。。。

おはよう! おはよう! おはよう!
今日も声高らかに
赤の『一番』のちしゃつ。。。

もう気がついてる方もいらっしゃると思いますが、
このブログに出てるこがっぱ着用のTシャツ
(以前、こがっぱは日本語で“ちしゃつ”と書いていました)、
バリエーションがあんまりありません。
あんまり……どころか、最近はたったの3種類!

お兄ちゃんからのおさがりも含めて
“ちしゃつ”は山のようにあるはずなのに、
その3枚をぐるぐる着回してるようなのです。

こがっぱったら、、、
信号機じゃないんだから!

自分の洗濯物の整理は子供達にまかせてるので、
私にはさっぱりどういうことやら。。。
そこで先日、とうとうたずねてみました。

ママ、こうしているんだよ。
 これならすぐにお気に入りが見つかるから


にやにやしながらこがっぱが指さす先には
ふたつのスペースが、、、
ひとつは朱の“Kei 河童”印も鮮やかな
『お気に入りTシャツ』コーナー。
こちらが例の信号機置き場のようです。
もうひとつは溢れかえった
『そのたのTシャツ』。。。

ねっ? ぼく頭いいでしょ?
 これでかんぺき!


ねえねえ、こがっぱ、もしかして『そのた』、、、
永遠に着ないつもりじゃないでしょうねぇ。。。?
日記 | 投稿者 dr.mana 19:48 | コメント(13)| トラックバック(0)

こがっぱのトレーニング☆

↓ こがっぱ版 Google Earth 。。。
sainou.jpg

ふっ! ふっ! ふっ! ふっ!

お風呂上がりのこがっぱが、
奥の院で何かをしでかしてるようです。

ちらっと覗きにいった私は、
いつものことではあるのですが、
思わずのけぞってしまいました。

ベットの上に仰向けに寝転がったこがっぱが、
腰に手をあてて自転車こぎをしているのです。

ふっ! ふっ! ふっ! ふっ!

こがっぱ、いつになく真剣です。
普段はかぎりなくにやにやしてるのに。

いったいどうしたのかしら、、、?
あんまり子供がする運動のようでもないけれど、、、

これはね、、、ふっ! ふっ!
 パリ囲碁名人戦のためなんだ、、、ふっ! ふっ!


、、、!?

大会にでるには、、、ふっ!
 やっぱり、、、ふっ! 体力もつけないとね


こがっぱ、、、
あんたは本当にじぃさんかいっ!?
日記 | 投稿者 dr.mana 19:47 | コメント(16)| トラックバック(0)

こがっぱ、河童になる、、、の巻☆

jitsuroku001

大宇宙的不条理(?)スペクタクルまんが、
河童鉄道777』第4巻はまだまだ続きます。

今、彼らが滞在してる海王星では、
雲を食べると
ぱ!
と、何かに変身しちゃうらしいのです。

とうとう主人公“けい”も、
何も知らずに雲を食べてしまいました。

ぱ!

そして現れたのは、、、

やっぱり河童

これで名実ともに『けいかっぱ』です。

作者であるこがっぱは
どうもこの場面がかなり気に入ったらしく、
にやにやしながら色ペンを持ち出して
巻頭を飾るページの制作にはいりました。

ふんふんふん♪
 、、、まま、できたよ


できあがりをみて、
いつものことですがこけそうになりました。

わたしはけいです。

ごていねいに皿に向かっての
やじるしつきの看板をもつかっぱの姿。
しかも、、、満面の笑みとは
こういうことをいうのでしょう。
右下の朱印『Kei河童』も光ってます。

作中の自分自身まで河童に変身させて、
とっても満足気なこがっぱ。
こんな嬉しそうな顔は滅多に見られるものではありません。

そういえば、さっきも
ワカメにポン酢をかけた酢の物を前に
「きっと河童の好物よ。身体にいぃから」
という私の一言で目がキラリンと反応し、
梅干しじぃさん顔になりながら
1カップ見事にたいらげたこがっぱ。

ほんとうのほんとうに河童になりたいのねぇ。。。
世界に一人くらい
河童になった少年がいてもいいと思うけど、
でも、、、、それからどうする??

日記 | 投稿者 dr.mana 22:55 | コメント(19)| トラックバック(0)

ブルグル☆

buruguru.jpg

こがっぱ作の不条理(?)スペクタクルまんが
河童鉄道777』もとうとう第4巻に突入です。

当の河童型ハイブリット列車は
相変わらずの背泳ぎスタイルで、
クチバシから煙をぽっぽとはきながら、
暗黒の宇宙空間を変幻自在に走っております。

冒険あり、友情あり、ホラーにミステリーにサスペンス、、、
登場するのは主役級の河童2匹と人間3人のほか
複数の河童や正体不明のプチ妖怪達、、、
物語はそのたびごとに広がるだけ広がって、
見ているほうに期待もたせるだけもたせて、、、
結局すこしも収拾つかないままその星に別れを告げ、
舞台は次の星へと移っていきます。

今は海王星にやってきている仲間たち。
そこで発見しちゃいました。

かっぱドナルド』。。。

フランスではファストフードの中で
かなりステイタス性の高いマクドナルド。
その海王星版であることは間違いありません。

それにしても、、、
建物がすでに河童の顔だわ。
しかもカウンターで注文しているのは
カニによく似たプチ妖怪だし。
でも、こがっぱ、自分でわかる日本語は
ちゃんと自分で書いてるわね。よしよし。

日本語を鋭意勉強中のこがっぱは、
自信のないところやわからないところがあるたびに、
必ず私に質問してから書き込んでいるのです。

、、、ん?? ねえねえ、こがっぱ。
この“1きゅりーブルグル”ってなぁーに?


こがっぱ、にやにやしながら答えます。

何って、、、ブルグルはブルグルだよ。
 後ろの絵をみてわかんないかなぁ?
 ほら、マクドナルドで売ってるやつ。
 お肉のかわりにキューリがはいってるんだ。
 かっぱドナルドだから


ははーーーん。なるほど。
ブルグルは、、、日本語や英語だとバーガー。
ハンバーガーのフランス語っぽい発音をカタカナで書くなら、
“アンブルグル”が最も近いといえるでしょうか。
しかも、こがっぱ。個数を示す“1”を頭につけて、
注文のしかたもまるっきりフランス風です。

あのね、こがっぱ。こういうときは
『きゅうりバーガー、ひとつください』っていうのよ。


おーーーーーーーー

こうしてこがっぱは、毎日すこしずつ
日本語を覚えていくのでした。

それにしても、、、
なんて健康的なファーストフードなのかしら。
いくら河童を意識したとはいえ
『きゅうりブルグル』に『海草ブルグル』。。。
あまりにも健康的すぎて、思わず笑ってしまいました。
週末にひとり囲碁をしていたり、
しば漬けやえび風味のおせんべいが大好物だったり、、、
はぁくたびれた」といって、
おうどん食べながらうとうとしたり、、、
こんなじいさんのような中学2年生
私はほかに見たことがありません。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 17:01 | コメント(11)| トラックバック(0)

こがっぱの週末☆

weekend

ある日曜日の平和な昼下がり。
子供部屋である奥の院から
。。。ピシッ!
。。。。。パシッ!
と、軽快な音が聞こえてきます。

まるで獅子おどしのリズムのようで、
『和』を感じさせる音。
そぉーーーーっと覗いてみると、、、

ん??

こがっぱ、勉強机の上に碁盤をのせて、
どうやらひとりで囲碁の練習をしてる様子。
しかも碁のホームページを開いて、
卓上の碁盤に一手一手忠実に再現しつつ、、、
という玄人並みの熱心さです。

週末のお休みに外にも出ずに一人碁をする、
こんなじいさんのような中学2年生
私はほかに知りませんが、、、
それでもほんとうに好きなことに熱中できるのは
素晴らしいことだとは思います。

サロンに戻ってくると、
テーブルの片隅におかれた日本人会の新聞の
ある一節が目に飛び込んできました。

『パリ囲碁名人戦』どなたでも参加できます。
名人位にはパリ東京往復航空券など、
豪華賞品が贈呈されます。


こがっぱ、、、今朝、
何かを見てにやにやしてたと思ったら。。。
ヤケに真剣な碁の練習も、きっとこのせいだったのね。

パリ囲碁名人戦まであと数週間。
あのときのにやにやにや……の顔から思うに
こがっぱは豪華賞品を手に入れたつもりのようですが、
さて、顛末はいかに。。。?
日記 | 投稿者 dr.mana 06:03 | コメント(5)| トラックバック(0)

こがっぱ大明神☆

ookime.jpg

いってきまーす!

ばたん。

いつものように、
こがっぱが学校へと出掛けました。
ふと奥の院を見ると、
電気がこうこうとついています。
やれやれ、またしても電気消すのを忘れたのね。

こがっぱの机の上は、
いつになく綺麗に整理整頓されてました。
あら、やるときはやるじゃない、、、
と安堵しかけた瞬間。。。

、、、!!!

私の視界に、不思議なモノが飛びこんできました。

こっこれは、、、?
いったいぜんたい、、、?
なにがどうすればこんな、、、?
パリ在住なのに何を見てこれを、、、?
こがっぱ、日本の文化、解ってるのかしら、、、?


いつも定刻きっかりに帰ってくる
サラリーマンのようなこがっぱの帰りが、
今日ばかりは待ち遠しくてなりません。

☆☆☆

ぴんぽーん。

ただいま! ただいま! ただいま!

おかえり、こがっぱ。
ねぇねぇねぇねぇ、あの机の上にあるのは、、、?
ほら。これこれこれこれ。これって、、、?


にやにやにや、、、と
こがっぱは得意げです。

ぼくがつくったんだ

、、、他に誰がこんなのつくるんかい!?

これはね、、、お参りするの

あら、やっぱり神棚だったのね。
で、、、何を祭っているの?
河童の神様?


違うよ。おふだに書いてあるでしょ、
 ほら、“けい”って。
 ぼくだよ


へっ!? けいかっぱの神?
あなた、、、自分で自分をお祭りしてるの?


うんうんとうなづく、こがっぱ。

Kei the Bossを飛び越えて、
いきなりKei the GOD。。。

いくら神棚の意味を解ってなかったにしても、
こがっぱ、なんてバチあたりな。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 20:12 | コメント(6)| トラックバック(0)

エクトプラズム(!?)を出すこがっぱ☆後編

↓  わがプチ妖怪屋敷のベランダで収穫したパリ産(?)トマト。
  こがっぱが毎朝水をあげて、スクスク育ちました。
tomato.jpg

そうこうしているうちに、
サンジェルマン・プチ妖怪屋敷にも秋が訪れました。
こちらでは、9月が新学期のはじまり。
この頃は、秋の花粉症シーズンでもあるのです。
こがっぱもちょっと鼻がぐずぐずしている様子。
ティッシュをいつも側において、鼻をあかくしています。

あるとき、また例によって、
NINTENDO 持参でサロンにやってきました。
例のハンドルネーム『kappa』で対戦している様子。
にやにやにや、、、と楽しそうです。
それでも、鼻をかみながらなのでちょっと大変そう。

私は原稿の締め切りが秒読みに入ってきていたので、
こがっぱのことはほぉーっておいて
Mac相手にダッシュをかけることにしました。

しばらく仕事に熱中して、
ふと一段落したときにこがっぱを横目で見た私は、
よくあることではあるのですが、
椅子から転げ落ちそうになりました。

鼻がよっぽど気になったのか、
鼻にティッシュを詰め込んだこがっぱ。
それも小さくちぎらずにまるごと1枚なので、
先端が口のあたりまできています。

まるでエクトプラズムだわ。。。。

それなのにこがっぱは、
真顔でゲームをしているのです。

、、、ねぇねぇ、こがっぱ。
 
かっぱはぼくだよーーーー!

それはよーーくわかってるわよ。
そうじゃーなくて、、、その鼻からでている、、、


あっ。これね。はなぢじゃないんだよ。
 鼻を毎回かむの大変だから、つめちゃった。
 しゃべるとき、ちょっと邪魔なんだけどね。
 いいアイデアでしょ?


ちょっと鼻声で、得意気に、にやにやしながら。
今日もこがっぱは、、、圧倒的にマイペースです。
日記 | 投稿者 dr.mana 22:32 | コメント(4)| トラックバック(0)

エクトプラズム(!?)を出すこがっぱ☆前編

↓ こがっぱが1年前に描いた最新アート(?)です。
art.jpg

こがっぱは、夏までは NINTENDO の
『おいでよ 動物の森』という
ほのぼの系ゲーム♪に、はまっていました。
タクシーの amiral とかいう運転手が河童っぽいので、
それでなのかしら、、、と思ってたのですが、
どうもラストのほうでさびれた酒場で歌を唱う、
keke という名の眉毛の異様に立派な犬
お気に入りだったようです。

定刻になって keke が歌いはじめると
私のところに走って持ってきて、
毎回メロディの違う摩訶不思議な歌を
むりやり聞かされたものでした。

そんなこがっぱが、最近、
急に男の子ちっくな
格闘技系のゲームをやりだしました。
PCのLANに接続してその近くで NINTENDO を起動すると、
対戦相手とお話しまでできるようなのです。

ほぉほぉほぉ。。。
今のゲームってすごいわねぇ。


そんなある日、私がサロンで仕事をしていると、
こがっぱがやってきます。
、、、準備できてる? 、、、OK!
などと、ぶつぶついってるこがっぱ。

今日は誰と対戦しているの?
もしかして、河童?


カッパはぼくーーーーーー!!

。。。。。はぁ。

しばらくしてけたけたしているので、
もう一度聞いてみました。

誰と話しているの? 河童?

カッパはぼくーーーーーー!!

。。。。。ふぅ。

どうやらハンドルネーム『kappa』として
戦っているようです。
いつものことですが、がっくりと力が抜けました。

(後編に続く)
日記 | 投稿者 dr.mana 22:57 | コメント(10)| トラックバック(0)

プチ妖怪屋敷も新学期☆

singakki.jpg

新作コスメの記者発表会と2冊目の本の制作、
そして日本での教育に切り替えた
プチ妖怪屋敷の長男、盆栽(=凡才)くん
あらため天才(え? 天災?)くんの編入準備も兼ねて、
私の初秋の帰国は大忙しでした。

連日3時間睡眠+昼寝なし、、、の
かつてないほどの劣悪な精神状況の中で、
ホテルの部屋でひとり
ダブルひっきー(引きこもり&筆記)生活を
おくっておりました。

そんな中で、どうにか仕事をこなしていき、
そろそろ妖怪屋敷に戻る日も近づいてきた
ある早朝というよりもウルトラ早朝の午前3時半。

いきなりケータイの着メロが流れだしました。

はっ! これは夜昼なく頑張っている編集さん、
または残業つづきのメーカーさんだわ!

もしもし。

まま? けいかっぱ

。。。。。ふぅー。

ねぇねぇ、こがっぱ。
今、日本が何時か知ってる?


しらない。あのね、学校いつから??

、、、

いつからって、あなた聞いてきてないの?
学校の門にも、いつも張り紙してあるでしょ?
そこから歩いて5分あれば見てこれるじゃないの。


そっかーーーーーーそうだね。
 で、学校はじまるの何時から?


だぁかぁらぁ、、、、、
何時からって、あなたが知らないなら私も知らないわよ。
学校の門にいつも張り紙してあるでしょ?
そこから歩いて5分あれば見てこれるじゃないの。


そっかーーー。あとで見てくるねぇーーー

ガチャン

、、、はあぁぁぁーーー。
まだ終わってないけど続きは明日にしよーっと。
ちっ、、、チカラが抜けちゃった。。。

☆☆☆

ほどなくして残照が眩しいパリに戻ると、
果たしてプチ妖怪達は
元気にはりきって学校に通ってました。

そして2日後の朝、彼らを送りだして
これからが至福のひと時、、、私の時間。
好きなクラシックをかけ、
ゆっくり香りを楽しみながらコーヒーをおとし、
朝シャンをしてすっきりした気分でサロンに戻ると、、、

、、、へっ???

そこにはさっき送り出したはずのこがっぱが、、、
ちょっと決まり悪そうににやにやしながら立ってます。

1時間目休講だったの、学校に着いて思い出した。
 しばらくいるね


サンジェルマン・プチ妖怪屋敷にも秋がやってきます。
こがっぱは今日も元気にマイペースです。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:20 | コメント(12)| トラックバック(0)

ヨガボールとこがっぱ☆

yoga-ball

ある平和な昼下がり。。。
いつものようにmacに向かって
ちゃかちゃかとキーボードをたたいていると、、、

あぁあーーーーーーーーーー
ひゃぁーーーーーーーーーー

隣のプチ妖怪たちの部屋から
奇声が聞こえてくるではありませんか。
確かお兄ちゃんたちは外に出ていて、
こかっぱがひとりだったはず。
いったい何をしているのかしら、、、??

ドアの隙間から覗いてみると、
そこにはヨガボールに翻弄されているこがっぱの姿が、、、

弓なりになったり、またいでみたり、
バランスとったりしながら、
何度もこけています。

にやにやしながら、それでも懲りずに挑戦。
覗かれていることにも気づかずに、、、

、、、ふぅ
あれは、デスクワークが多い私の
ストレッチ用にわざわざ特注したのに、
今じゃすっかり乗っ取られて
プチ妖怪たちの遊び道具だわ。

気を取り直してサロンに戻って、
2冊目の美容本の原稿書きのために
資料やネットで調べもの。
キーワードは美、女性、エイジング。

──と、ひとつのフレーズが私を捉えました。

「人は女に生まれるのではない。女になるのだ」
 by シモーヌ・ド・ボーヴォワール


ふむふむふむ

あぁぁーーーーーーーーーーーーー
わぁぁあーーーーーーーーーーーー

こがっぱがヨガボールと戯れながら
廊下を転がっていく姿が、
ちらっと視界をかすめました。

、、、ごん

どこかになにかをぶつけたのか、
廊下の奥の方で痛そうな音が聞こえてきました。

、、、その瞬間!
まるで神が降りてきたかのように、
私の頭の中にひとつの言葉が降りてきました。
 
「人は河童に生まれるのではない。河童になるのだ」
 by けいかっぱ


美の深遠な世界から、いきなりお笑いへ、、、
原稿はちっとも進みません。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 11:54 | コメント(11)| トラックバック(2)

こがっぱのお買い物メモ☆

memo

プチ妖怪たち不在のプチ妖怪屋敷は、
毎日がすがすがしい静寂に包まれています。

昨日、私はふと思い立って
こがっぱの机を軽く整頓することにしました。
だって、かっぱ物語の空袋が
散乱したままだったんですもの。

机の上にはこがっぱの愛読書が並んでいます。
、、、どれどれ?

『君も囲碁名人だ!』
『Le GO』(The GO)
『ひかるの碁』
『かっぱの飼い方』
『かっぱるんぱらった』
『へんないきもの』
『へんないきもの 2』

、、、本当にわかりやすい趣味だこと。
予想の範囲だったとはいえ、
軽く何かをスカンと持って行かれた気分。

碁盤を横にずらすと、メモ用紙が出てきました。

、、、あら? これはお買い物メモだわ。
ちゃんと日本語で書いているわ。えらいえらい。
これは古いのと、、、もう1枚は
それより何日か新しいのだわね。

 1 おれぢじゅす
 2 さらた
 3 しろぷ
 4 ふどじゅす
 5 ピーぜピーサ
 6 おにく
 7 ぴくるす
 8 Cereal

 1 シロップ
 2 サモン
 3 サラタ
 4 リンヂン
 5 ぶどうじゅス
 6 グラタソ


ピーサ……って、斜塔でも持ってこられたら
ちょっとたまらないわ。
2枚目はちょっと正確になってきてる気がするけど、
サモン……って、あの左門豊作のこと?
リンヂン……って、隣の人でも連れてくるのかしら。

そんなふうにちょっとイジワルな見方を楽しんでいると、
そのうち、おもしろいことに気がつきました。

これはおにいちゃんの不死身龍もほとんど同じなのですが、
『う』などの母音、『ッ』とかの吃音、
濁音、『ん』そして『ー』が、
どうやら抜ける傾向にあるようなのです。
もしかしたらフランス語圏の人の特徴なのかも。。。

試しに、、、
「ぶどじゅす」「おれぢじゅす」
ほうほうほう。こうやって発音すると
フランス語っぽく聞こえるではありませんか。

「あざぶじゅばん(麻布十番)」
「たこはぽん(タコ8本)」
「いかじゅぽん(イカ10本)」
これも同じからくりだわーー。

語学の謎をひとつ解いた気分で、
にやにやしてしまった昼下がり。
私はとんでもないことに気づいて愕然としてしまいました。
これじゃまるで、、、
私もこがっぱと同じレベルだわ。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 12:14 | コメント(16)| トラックバック(0)

こがっぱアート☆

sara

仕事の関係で写真の整理をしていたら、
こがっぱをはじめプチ妖怪達の
大笑いの写真がたくさんでてきました。。。

けれど、、、
さすがに彼らに許しを得ないで
載せるわけにはいきません。

だから、、、今回はこれ。

こがっぱが7歳の頃、
オデオン近辺の画廊に連れて行った後、
ビストロで食事をして、食後、
何をしてるのかしら、、、? と思ったら、
こんな作品ができていました。
材料はすべて残った食材。
居合わせた画家の友人もビックリでした。

きっと何かに触発されたのだわ。

いつもお笑いkeikappaばかりなので、
たまには彼の隠れた才能を
皆さんに御覧いただきたく。。。

こがっぱが得意なのは、
不条理マンガばかりじゃないのでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 01:41 | コメント(10)| トラックバック(0)

番外編☆不死身龍からの手紙

dra01.jpg

わが家のプチ妖怪達が
山のキャンプ合宿へ旅立っていってから
早1週間が過ぎようとしています。
彼らはスイスとの国境にある
ジュラ(あのジュラ紀のジュラ)地方にいっています。

ある朝、不死身龍からの手紙が舞い込んできました。
不死身龍は、こがっぱの1歳違いのおにいちゃん。
思春期に突入して、やたらとスタイルを気にしたり
クールぶったりするようになりましたが、
基本はマジメでとってもまっすぐ、
こがっぱと違って標準の範疇にいる男の子です。

、、、どれどれ?

はじめのうちはフランス語で、
洞窟探検にいったこと、カヌーの実習があったこと、
マウンテンバイクを楽しんだこと、
などがひとしきり書いてあります。

まぁ、楽しそうでよかったわねぇ。
去年イギリスにいかせたときとはえらい違いだわ。
、、、あら?
日本語でも書いてあるわ。
えらいえらい、、、


  Dear Mother,
 こんにちは 
 あなたは だいじょぶですか?
 わたしは へき。
 じゃ またれ
 有


、、、ふぅ。

いいたいことは判るけど、、、どっと脱力です。
いくら日本語を勉強してる最中とはいえ、
いきなり『あなたは だいじょぶですか?』っていったら
相手によっては殴られるわよねぇ。。。
『じゃ またれ』は「またね」の間違いなのかしら、、、?
それとも時代劇風の『待たれ』なの、、、?

そういえば不死身龍は、
ときどきお手伝いに来てくれるおねえさんに
日本語を教わっていたときにも、
ノートにおもしろいことを書いた前科があるのでした。
たしか「ロックウェルさんの家の隣には加藤さんが住んでいる」
というフランス語を日本語に訳す問題だったはずです。
彼のノートに書いてあったのは、、、

  ロックウェルちんのとなりには
 カトちんが すんでいる。


この文を見た時に、私は必死で笑いをこらようとしながらも、
頭が勝手に回転し始めるのを止められませんでした。

強靱なアングロサクソン系のミスター・ロックウェルが
チカラこぶをムキムキと見せつけながら
「グッモーニン!」と家から出てきた直後に、隣から
あの懐かしいづらとちょびひげつきのカトちゃんが出てきて
「へぇっくちん!!」

こがっぱは基本的に、いっつも天然でズレたりハズレたり。
常ににやにやふにゃふにゃしていることもあって、
ただそこにいるだけでオカシイのが日常です。
けれど不死身龍は、持ち前のまっすぐさと生真面目さに
思春期特有の大人びたふりをしたポーズが加わって、
とてもシリアスな印象の少年なのです。

なのに「わたしは へき」と「カトちん」。。。
やっぱり兄弟なんだわ、、、と
私は少しほっとしたような気持ちです。

安心していいのかどうかは別として。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 04:36 | コメント(10)| トラックバック(0)

こがっぱの好きなクルマ☆

lotus01

はぁーーーーおしごと。おしごと

サロンにクルマの雑誌を2冊
持ってきた、こがっぱ。

横に並べ、両手を使いながら
最初のページから1枚1枚
ていねいにめくってゆきます。
2冊同時進行、、、

お気に入りのクルマを
マーキングしているんだろうけれど、
なんだか摩訶不思議な動作だわね。
 
おわった!

今日の大事な仕事を終えたこがっぱは、
てふてふと奥の院にひっこんでしまいました。

ふむふむ。こがっぱはどんなクルマが
お好みなのかしら?

ロータス、ロータス、ロータス、ロータス、フェラーリ、
ロータス、ロータス、ロータス、ロータス、ポルシェ、
ロータス、ロータス、ロータス、ロータス、スカイライン??


とにかくすべての艶姿ロータスに赤マル。
それどころか中古車広告の、
白黒でどんな小さなロータスにも赤マルが、、、

まぁ、ロータスにものすごくラブなのね。
だけどいったいどうしてなのかしら。。。?

しばらくして、
河童鉄道777ノートをもって、
サロンにやってきたこがっぱ。

にやにやにや

、、、へ!?
かっ、、、かっぱロータス!?
あっ! ボンネットにおさらが、、、

お顔がカッパと似てる、、、
と思ったんだわ、こがっぱったら。
それにしても最後のまっきっきの姿、
まるで欽ちゃんのコントみたいです。
どうしてこの年齢で知ってるのかしら。。。

いつものとおり、
不条理きわまりないこがっぱなのでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 03:06 | コメント(7)| トラックバック(1)

戦うこがっぱ☆

2touhei.jpg

1週間以上続いている猛暑で
すっかり夏ばてモードのわが家のプチ妖怪達。
セーヌの河沿いには、夏の恒例、
人工ビーチの『パリ・プラージュ』も出現し、
彼らを連れていってはみましたが、
トップレスで涼んでいるパリジェンヌたちを前に
にやにやしているだけで、
なかなか参加しようとはしません。

気温が上がりきらず、まだましなお昼前、
私は近所にお買い物に出かけた帰りに
こんな看板を見つけました。

 猛暑見舞いセール!
 早い者勝ち☆ あるだけ☆
 中古manga♪ 何でも1ユーロ。
 フィギュア♪ なんでも3ユーロ


あら、ここはプチ妖怪たちが好きな
manga&フィギュア屋さんの『アルバム』。
限定でセールをしているのね。
いいことを知ったわ。

家に着くと、
ダレているプチ妖怪たちを景気づけるため、
さっそく教えてあげました。

あなた達のお気に入りのアルバムで、
 mangaセールをしているわよ。
 ちょうどお小遣いあげる日だから、
 いってきたらどう?
 早くいかないと、なくなっちゃうわよ


えっアルバムで??

いち早く関心を示したこがっぱが
お兄ちゃんの不死身龍も連れて行こうと
懸命にいろいろと交渉しています。

。。。。もうちょっとあとでな
あとになったら一緒にいくって。。。


、、、どんどん暑くなっちゃうわよ。
まぁでも自分達のことなんだから
好きにしなさいな。

こがっぱはすごすご
奥の院に入っていきました。

☆☆☆そして数時間後☆☆☆

ママ、アルバムにこれからいってくるよ。
 お兄ちゃんは暑いからやっぱりやめるって。。。


ほら、いわんこっちゃない。
だから涼しいうちにって、、、
、、、ん?
その手ににぎっているメモ紙は何?
、、、あら??
それに、あなた何しょってるの?

リュックだよ。
 たくさん買ってもこれで完璧♪


猛暑の中、リュックサックを背負って
お兄ちゃんから頼まれたリストを片手に
外にでていく姿はまるで、、、
こがっぱ二等兵

いいものが、、、、
残っているといいんだけど、、、

☆☆☆☆☆

ほどなくして
ミネラルウォーター片手に帰ってきた、こがっぱ。
その茹だりきった赤い顔をみただけで、
私は悟りました。

玉砕したのね、、、
日記 | 投稿者 dr.mana 05:51 | コメント(5)| トラックバック(0)

こがっぱのお気に入り☆ ランチ編

maki.jpg

夏休みのある朝のこと、、、
こがっぱに電話がかかってきました。

ねぇねぇママ、お友達と遊んだあと、
 ランチ食べにいってくる。いぃ?


、、、まあ。
河童以外の貴重な人間のお友達だわね。
大事にしないと。。。

そうね。じゃあママが5ユーロあげるから、
 はみ出した分は自分のお小遣いからだすのよ


はーーい。ありがとございまーーす

意気揚々と、
こがっぱはそれこそ飛ぶように出て行きました。

☆☆☆そして数時間後☆☆☆

こがっぱ、にこにこ顔で帰ってきました。

ただいまかっぱ

おかえりかっぱ

はっ。ついつい、、、つられてしまったわ。

お友達とのランチ、どこいったの?
 マック? ケバブ? それともパニーニ?


ん? すし定食

、、、

ほらぁ、『WASABI』のすし定食だよ。
 ぼくたちにはみそスープ以外にもコカコーラを
 サービスしてくれたんだ


そりゃあ子供のふたり連れで渋くすし定食じゃ、
サービスもしてあげたくなるでしょうよ。

ぼくは河童巻のはいっている『MAKI』にしたんだ。
 ぼくのお誕生日もWASABIの河童巻にしてね。
 あと、河童のお誕生日も


すしといえども、河童巻。。。。
私は心から思いました。
なんて安上がりで親思いのこがっぱなのかしら。。。

、、、あら?
その前に河童の誕生日って、、、?
日記 | 投稿者 dr.mana 01:14 | コメント(17)| トラックバック(0)

河童鉄道777☆ その2

777-2

とうとうこがっぱが
『河童鉄道777』のマンガを描き出しました。
しかも、せりふは日本語です。

、、、しめしめ。
思惑どおりにいったわ。

コミックス『銀河鉄道999』の
日本語版とフランス語版を見比べながら、
チェスのおじさんからもらった
電子辞書をフルに活用して、
奥の院で奮闘しているこがっぱ。

てふてふてふ。。。

あら、こがっぱ、
今日はもう描き終わりなのかしら、、、?

ねえねえ、ママ、
 パン“や”とかビデオ“や”の
 “や”って漢字ではどう書くの?


ちょっと難しいけど『屋』って書くのよ。

ふーーーーん

その場で、消しゴムを使い、
こしゅこしゅと修正していくこがっぱ。

今日はここまで

にこにこにこ、、、とうれしそうに、
私に差し出してきます。
こがっぱ的には、きっと満足のいく作品に
仕上がっているってことなのかしら。

  河童まっきっき「おなかすいた。何か食べる」
  ケイ「ぼくはゲームをしたい」
  河童まっきっき「じゃぁさいしょにパン屋にいこう」
  ケイ「。。。。」

はたしてそこには、
わがまま河童“まっきっき”に翻弄される
主人公ケイの姿が描かれてました。
河童に惚れた弱みか、マンガの中でさえも、
Kei Le Bossになれないこがっぱです。

、、、あら?

『パン』『ビデオ

画数の多い『』の字だけ大きくなっちゃってます。
それは慣れてないからしょうがないとして、
お店の看板、『』の字の大きさに合わせて
変なかたちにデフォルメされています。
こういうときって普通ならば
看板全体を大きく描き直すものなんじゃない、、、?

やっぱりこの子は普通じゃないのかしら。。。
以前からの疑問が、またひとつ確信に近づいてきた
パリの夏の午後でした。
日記 | 投稿者 dr.mana 23:20 | コメント(7)| トラックバック(0)

おつかいこがっぱ☆

otsukai

夕暮れ時のサンジェルマン・プチ妖怪屋敷。
いつものように私は
こがっぱにおつかいを頼みました。

日本語でリスト書いておくから、
がんばって買ってきてね。


にこにこにこ、、、とこがっぱ。
お駄賃1回1ユーロ、
それはこがっぱの大事な収入源です。
フンフンフン♪ と御機嫌にでかけていきました。

ピンポーン!!

15分後、両手にスーパーの袋をさげて
こがっぱが帰ってきます。
キッチンで袋をあけて整理しながら、
しまうものをしまっていきます。

「ミルク2パック、、、ニンジン2本、、、
 キューリ2本、、、オレンジジュース1パック、、、
 まるいお米1キロ、、、あら?」

、、、こっ、、、これは?

「、、、ねぇねぇ、こがっぱ。
 私、マヨネーズなんて頼んだっけ?」

眉間に1本ピーッ、、、とスジを入れながら
リストを確認する、こがっぱ。

「あら、そういえば、こがっぱ。
 ボロネーズのソースはどうしちゃったの?
 今夜はスパゲティにしようっていったら、
 うんうんってうなづいてたじゃない。。。?」

じーーーっ、、、と、
マヨネーズを指さしながら固まるこがっぱでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 20:46 | コメント(11)| トラックバック(0)

かっぱノート☆

note

わがプチ妖怪屋敷にときどき来てくれるおねぇさんと一緒に
順調に日本語のお勉強をすすめてる、こがっぱ。
表紙は当然(!)河童の練習ノート。
いったい、どんな感じにお勉強しているのかしら。


*******************************************
けいはかっぱとねる(^o^) 
けいはようふくをきる(^o^) 
けいはずぼんもはく(^o^) 
でもかっぱはふくをきない(^o^) 
かっぱはずぼんもはかない(^o^)
*******************************************

。。。。。。。うーん。
どこもかしこも河童の話。
しかも、句読点の“まる”が
すべて河童の顔マークになっています。。。
んふふふ。よっぽど河童ラブなのねぇ。


*******************************************
かっぱの目はちさい(^o^) 
けいの目もちさい(^o^) 
でもかっぱの口はおおきい(^o^) 
かっぱの手には水かきがある(^o^) 
でもけいの手には水かきがない(^o^) 
けいの足にも水かきがない(^o^) 

かっぱのおしりにはしっぽがある(^o^) 
でもけいのおしりにはしっぽがない(^o^) 

かっぱのいえには、、、、
どうしよかな(^o^) 
*******************************************

こがっぱったら、心の声まで文になっているわ。
、、、あら??
なんだか字がだんだん大きくなっていくわね。
どうしたのかしら。


*******************************************
かっぱはまんがをよまない(^o^) 
でもけいはまんがをよむ(^o^) 

かっぱにはたくさんともだちがいる(^o^) 
でもけいにもたくさんともだちがいる(^o^) 

かっぱまきにはきゅうりがはいっている(^o^) 
かっぱまきはおいし(^o^) 

けいはかっぱまきがだいすき(^○^)
でもかっぱもかっぱまきがだいすき(^○^)

*******************************************

そしてひときわ大きく輝く次の文を見たとき、
私は思わずのけぞって
椅子から落ちそうになりました。


*******************************************
だってけいとかっぱはともだちだから(^○^)
日記 | 投稿者 dr.mana 18:39 | コメント(9)| トラックバック(0)

11歳にして、、、なぜ??

tsukemono

奥の院で静かにお勉強していたこがっぱが
てふてふてふてふ……と、
サロンにやってきました。

私のとなりのイスをひいて
はぁーーーちかれた。ぱふぅ
と、ひと息つくごがっぱ。

……ん??

このにほいは、、、??
まさか、、、加齢臭?

確かにこの子は囲碁が好きだったり、
あれこれじぃさんっぽいところはあるけれど、
よりによって11歳でもう加齢臭??

、、、はっ!! もしや!?

急にあることを思いついて
慌ててキッチンの冷蔵庫をあけてみると、
日本からやってきた友人がお土産にくれた
フィンガーサイズのミニキューリの
しば漬けが見当たりません。

こがっぱには、
昨日はもらった途端にいきなり5袋も食べて
皆をびっくりさせたという前科があります。
まさか残りもぜんぶ食べてしまったのでは?

はたしてこがっぱの机の上には、
から袋の残骸が散乱しておりました。
おとなの私ですら、おいしいと感じても
あまりのすっぱさに、ひとつがやっとなのに、、、

、、、ん? みんな食べちゃったよ。
 ピクルスおいしいねぇ


きっと“キューリ”であるということと、
なにより商品の名前が気に入って、
瞬間的に大好物になったに違いありません。

その名も『かっぱ物語』。。。

一度にあまりにもたくさん食べたので、
それが加齢臭とリンクしちゃったのねぇ、、、

パリでしば漬けのにほい
漂わせてる子供がいたら、
みなさん、、、それがこがっぱです!!
日記 | 投稿者 dr.mana 23:23 | コメント(9)| トラックバック(0)

河童鉄道777☆

kenbutsu.jpg

「最近こどもたちが日本語の勉強を
熱心にするようになったの」といったら、
さっそく日本に住む知人が送ってきてくれました。
日本のグランド・クラシックと呼べるような
マンガや絵本やDVDの作品たち。
実はその国の言葉を覚えるのに、ドラマやアニメは
なかなか適してるといわれているのです。

そのなかに、私たち世代にはとっても懐かしい
『銀河鉄道999』のDVDがありました。

時代や年代を超えた
少年っぽいロマンティシズムに心ひかれるのか
画面を食い入るようにみつめる、こがっぱと不死身龍。
やっぱり男の子なのねぇ。

「とれーーだーーすてーーしょん」
「ぎょうざ、らーーめん」

ところどころ画面にでてくる日本語を、
声をだして一生懸命読もうとしています。

その合間にこがっぱが
かっぱステーション」とか
かっぱ惑星」とか
ぼそっといってたりしましたが、
私は聞こえないふりをしてました。

物語はとってもヒューマニズムにあふれていて、
日本語の勉強だけじゃなくて『心』の勉強にもなりそうです。
今になって大人の私が見ても最後まで飽きないほどなので、
もちろんプチ妖怪たちも最後まで目を離しません。

そして1話見終わると、、、

「あーーーおもしろかった」

おにいちゃんの不死身龍は、
こんどは『銀河鉄道999』のコミックスを手にとって、
ぶつぶつと小さな声で文字を追いながら読みはじめました。
これも立派な日本語のお勉強です。

そして、、、こがっぱはすくっと立ち上がると、
てってってっと奥の院に向かっていきます。
ひらがなの書きとり練習でもするのでしょう。
プチ妖怪たちは興味があるうちだけは一生懸命なのです。

よしよし。
がんばるのよ、あなたたち。。。

ようやく静かになったサロンで、私は仕事をはじめました。
熟読しておかないといけない資料があったのです。
まとめなければならない原稿も。。。

そして、やっと集中しはじめたとき、
てってってっという足音とともに、こがっぱの声。

「ママー、ほら、できたよーーー」

勉強の成果を私に見せて、添削させたいのでしょう。
プチ妖怪たちは興味があるうちだけは一生懸命なのです。

こがっぱ、にこにことうれしそうにリーフをさしだします。
きっと思ってた以上にはかどったのでしょう。

「、、、?」

手わたされたリーフを見て、
私は思わずクチをあけてしまいました。

河童鉄道777』。。。

宇宙空間をクチバシから煙をだしながら
仰向けに飛んでいく河童鉄道、、、

こがっぱの頭の中は、今日も河童でいっぱいです。
日記 | 投稿者 dr.mana 00:32 | コメント(11)| トラックバック(0)

おじさんとチェスをする☆の巻 その2

yakusoku

それから2日後のこと、再びおじさんたちが
プチ妖怪屋敷に遊びにくることになりました。

けいかっぱ、にこにこお出迎えです。

「はいこれ。おみやげ。
なくなってたはずのチェスのクイーンだよ。
どういうわけかおじさんのカバンの中に
ダイビングしてたみたい。
あの時はこれの代わりがピンクのブタだったから、
おじさん、負けちゃったんだな。はっはっは。
あっあぁーーー。でも今日はチェスはやめようね。
けいかっぱくんのチェスのコマの形は、
おじさん、どうも苦手だから。
次は日本の普通のコマで対戦しような」



頭に電球が点ったようなマンガっぽい表情をして
何かを思いついた、こがっぱ。
奥の院にいってがざごそはじめたかと思ったら、
てってってっとリズミカルな足音で戻ってきました。

「おじさん!
 これならいぃんだね!」

標準タイプのコマとチェス盤を
しっかり両手に抱えています。
おじさん、言っちゃったてまえ、逃げられません。
そして、数十分後。。。

「けいかっぱくん。ほんとに強いねぇ。
 いや、しかし、黒のコマって見づらいなぁ、、、
 おやっ本当によく見えないぞ。(んなことないでしょ)
 なんだかなぁ、おじさん。
 このコマでも負けちゃったりして。はっはっは」

、、、ほんとに負けちゃいました。
こがっぱ、その天然っぷりは私でさえも驚くほどなのに、
囲碁やチェスだけは時に大人もたじたじなほど強いのです。

それを知らずに対戦してしまったおじさん。
周囲の視線を一手に受けてバツが悪そうです。。。

「こりゃーーーいかんいかん。
 けいかっぱくん。もう一局しよう。
 今度こそはおじさん、真剣だぞ」

はたして、長時間にわたる接戦が繰り広げられ、
今度はおじさんが勝ちました。

「いやぁ、まぁ、、、こんなもんだな。
 うん、、、最初から本気だしてもな。
 うん、、、こんなもんだろ、、、ふぅ」

面目を取り戻して満面の笑顔を浮かべる、おじさん。
ちょっとくやしそうにしているこがっぱ。



しばらく何かを考えていたかと思ったら、
いきなり立ち上がって奥の院に入っちゃいました。

「あちゃーーー、キズつけちゃったかなぁ、、、」

おじさん、ちょっとあわてた表情です。
けれど、てってってっとすぐに戻ってきたこがっぱが
両手で差し出したモノを見て、今度は一気に冷や汗が。。。

「、、、かっぱ!
「いや、、、おじさん、河童は、、、」
「ぼくのいちばん大切なかっぱ!
「だから、おじさん、、、河童はいいかなぁって、、、」
「約束したから大切なかっぱ、あげるよ!」
「いや、、、だから、、、あのね、、、」
「約束はちゃんと守らなくちゃ。だから、かっぱ!

おたおたするおじさんを尻目に、
日本へのお土産で膨らんだおじさんのカバンへ
かっぱのぬいぐるみ“かっぱどーす”を
むりやりつめこむこがっぱ。
まさにあっという間のできごとでした。

「ちゃんと毎日、お皿に水をあげてね」

今日の勝負も、こがっぱの圧勝でした。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 00:13 | コメント(7)| トラックバック(0)

おじさんとチェスをする☆の巻

taisen

ある夕方のプチ妖怪屋敷には、
日本からのお客さんたちがみえてました。

「けいかっぱくんは、チェスはやらないのかな?
おじさん、碁はできないけれど、チェスならできるよ」

それを聞いてにやりと微笑んだ、こがっぱ。
すかさず奥の院がら秘蔵のチェス盤をもってきました。

「あっれーーーー?
 クイーンがひとつなくなってる、、、」

再び奥の院に戻って、がさごそ。
しばらくさがしていたかと思ったら、
ピンクブタマスコットを片手に戻ってきました。

「これを代わりにしてね

しげしげ手にとってみたおじさんがいいました。

「ブタがクイーンだなんて、よわっちぃ感じだなぁ。
それに、けいかっぱくんのチェス、、、
コマ自体が独特の形してわかりづらいというか、、、
なんだかおじさん、、、負けそうだなぁ、、、」

予言どおり、おじさんは早い段階でブタ(クイーン)を
こがっぱに取られ、本当に負けてしまいました。

「けいかっぱくん。強いねぇ。すごいすごい。
チェスに勝ったから、おじさんの大切な電子手帳を
日本語の勉強のために、きみにあげよう。
これは結構高かったんだけど
、、、えぇい。あげちゃおう!」

画面を見て、さわって、ぴこぴこ。
よろこぶ、こがっぱ。

「その代わり、けいかっぱくんが日本にきて
日本のチェス盤で対戦して、もしおじさんが勝ったら
、、、けいかっぱくんのいちばん大切ないいものを
おじさんにちょうだいね」

ちゃっかりおじさんは言います。
すると、こがっぱ、
真剣な表情で、すかさずこう答えました。

「いいもの? 大切? かっぱ?

かたわらの巨大なぬいぐるみ、かっぱむすを指さして、
「ぼくのいちばん大切ないいもの」

「。。。いゃーー、
河童はおじさん、、、いぃかなぁ、、、」

「そうだよね、、、大きすぎるよね。
だったらもっとちっちゃいので、
かっぱどーすっていうのがいるからそれでいい?」

「。。。いゃーーー、
そのぉ、、、大きさとかの問題でねく、、、」

こがっぱ、あくまでも真剣。
おじさんがなぜおたおたしてるのか、
さっぱり判っていない模様です。

うふふふ。
この勝負もこがっぱの勝ちかしら。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 22:04 | コメント(5)| トラックバック(0)

寝姿かっぱスタイル☆

nesugata01

ある日の夕方のことでした。

「はぁーーーくたびれたぁ……」

まるで町内会の会合帰りのじぃさんのように一言いうと、
サロンのソファにコテッッッと横になった、こがっぱ。

今日もたくさん遊んできて疲れたのね。
お夕食の下ごしらえでもして、
少しそぉーっとしてあげましょう。

そして小一時間ほどしてサロンに戻ってくると、、、

……へ?

なぜソファのカバーが顔の周囲に集まってるの、、、?
なぜこの手足バランスで眠れるの、、、?

それよりなにより、、、このカタチは、、、
あぁ、、、これは、、、これは、、、、!

80年代に一世を風靡したCMスターの
エリマキトカゲ!

こがっぱ、あなた、、、
河童かと思ったらエリマキトカゲだったのね。。。

私はあまりのおかしさに、
この姿を皆さんにお見せしたいと考えました。
そこでこがっぱがめざめると、すかさず、、、

ねぇねぇ、こがっぱ。
この写真、ブログに使ってもいぃ?

「んー、、、」

こがっぱの眉間に一瞬たてすじが入り、
神妙な顔で写真を見入ってます。

やっぱり、さすがにこれはNGかしら。
でもはなぢミイラのときも最終的にはOKだったし、、、
そっか。『へんないきもの』の本を読破しているあなたなら、
エリマキトカゲを知っていても不思議じゃないもんね。

──と様子をうかがっていると、
こがっぱの顔が少しずつ晴れ晴れとしてきました。
そしてちょっと得意げに、、、

「ママ!! ぼく、まるで
エジプトのファラオみたいだね」


も、もしかしてカッコイイと思ってる、、、?
いったいどこまでズレていくのかしら、こがっぱ。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 00:24 | コメント(15)| トラックバック(0)

これで完璧その?☆

goutiteki

「ママー、いってきまーす」

はい。あら? 重いカバンねー。
いってらっしゃい。

「ママー、いってきまーす」

はい。カバン、今日も重いわねーー。
たいへんねぇ。いってらっしゃい。

「ママー、いってきまーす」

はい。あら? 今日もまた重いわねぇ。
がんばるのよ。いってらっしゃい。

こがっぱは、毎朝にやにやしながら
重いカバンを背負って学校に通っていきます。
私は勉強大好きっ子でしたけど、
こんなにカバンが重かったことは一度もありませんでした。
ここまでカバンが重いと、
背中に負担がかかるんじゃないかしら。。。
実際に重いカバンは子供の身体の成長にも影響するので
問題になったこともありました。
今度、父兄の集まりがあったら、いっとかないとね。

そんなことを考えていた翌朝、
こがっぱが元気よく学校に出発しようとしています。

「ママー、いってきまーす」

本当に毎日毎日、大変よね。
これじゃ、「労働者諸君!」ってかんじだわ。
、、、ん??? ねえねえ、こがっぱ。
今日は土曜日よねぇ。。。
授業だって半分なのに、なんでこんなに重いの?

こがっぱはにやにや笑いながら、
得意げにこう答えます。

「ぼく、いつも全教科、持って歩いてるんだ
 だって、それなら忘れ物しないし、合理的でしょ?
 これで完璧!」

、、、がっくりとチカラが抜けました。
それならこがっぱ、
給食カードはどうしていつも忘れそうになるの。。。?
日記 | 投稿者 dr.mana 20:31 | コメント(13)| トラックバック(0)

こがっぱ、夜の美術館へ☆

yakei

パリ市が主催する、年に一回のイベント、
『la nuit des mussees(美術館の一夜)』。
この日はパリ中のほとんどすべての美術館が
夜遅くまでオープンしていて、しかも入場無料。

この夜を心待ちにしていた私は
プチ妖怪達を彼らの大好きな中華料理でつり、
お腹いっぱいでご機嫌にさせた後、
妖しい美術館へ繰り出すことにしたのでした。

行き先は『アラブ世界研究所』☆

なにしろ、光りと影といったら、ここ!
きっと、それはそれは妖しく美しい世界を
かもしだしているに違いありません。
ここの屋上からのパリの夜景はまじに圧巻なのです。

はたして、アラブ世界研究所に着くと、
いつものとおり入り口のセキュリティチェック
(あの飛行機に乗る時と同じやつ、、、)には
いかついガードマン然とした大男が立っています。

いつもちょっとドキドキしながらくぐる私ですが、
こがっぱはなんだか、、、にやにや。

きっと子供ってこういうのも楽しいのね。

ぴーーーーー!

早速ならした、こがっぱ。
なんだか嬉しそうです。

自分の時計をていねいにはずして
警備員さんに預けてます。

そしてまたくぐったかと思うと、、、

ぴーーーーー!!

こがっぱ、にやにやにや。
今度はポケットからカギをじゃらじゃら出して、、、
(あんた、最初から一度に出しなさいよ)

そして今度は、、、

ぴーーーーー!!!

にやにやが頂点に達したかと思うと、
トレーナーのお腹のぽっけをがさごそ探って。。。

「もうわかったから。キミはだいじょうぶ。
 キミのことを怪しいとは思ってないから、、、」
と肩をたたいて先へとうながす警備員さんに、
お店からテイクアウトしたアルミの包みを
誇らしげに差し出した、こがっぱ。

「きっとこの包みだね!
 中華料理がはいってるんだよ

しーーーん。一同沈黙、、、

エレベーターの中で兄の不死身龍に
「おまえ、まじ、だっせーーーーよ!」と
こづかれていたこがっぱでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 10:17 | コメント(18)| トラックバック(0)

ケーキ職人こがっぱ☆

cake

ある日の夕方、
帰ってきて冷蔵庫をあけたら、、、びっくり。
の20個パックがひとつに12個パックが3つ、
、、、合計56個!!

そこのけそこのけ状態で
ぎゅうぎゅうと押し込まれているのです、、、

こんな大量の卵がつまれているのは
スーパーマーケットでしか見たことがありません。

そういえば朝方、こがっぱが
「今夜、友達のおうちでお菓子パーティあるから、
その準備にちょっとおこづかいちょうだい。
みんなで分担しているんだ」
そういっていたわねぇ。

こがっぱ、きっと卵係になったのね。。。
それにしてもこの卵の量ったら、、、
いったい何を何人分つくるのかしら?

「ふんふんふんふん♪
これから、ケーキつくりにいってくるね!」

ほどなくして、鼻歌とともに本人登場。
足音もなく、軽やかに移動してきました。

、、、へ? なぜ足音もなく??

ふと足元を見ると、なんと!
ローラーブレーダーをはいているこがっぱ。。。

こがっぱってばよりによって、なぜ
こんな状況下でローラーをはくわけ?

私は瞬時に、ローラーに失敗して転んで
大量の卵にまみれて大惨事になっているこがっぱを
想像してしまいましたわ!

──さてさて、その夜。

「ちかれたーーー」

といいながら帰ってきたこがっぱ。
髪が粉を吹いて、まだらに白くなっています。
、、、小麦粉まみれ。
ケーキづくりを戦争と勘違いでもしてるのかしら。

でも、きっとがんばったのよね、こがっぱなりに。
こんなになるまで一生懸命やったのだから、
きっと見た目は悪くても
おいしく感じられたにちがいないわ、、、と思いました。

ねえねえ、こがっぱ。
ケーキはおいしくできたんでしょ?

あんまりおいしくなかった
ひと言いうと、ふてくされたみたいに
ソファに撃沈したこがっぱなのでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 16:23 | コメント(15)| トラックバック(0)

こがっぱ日本語学習中☆

gogaku

先日の帰国のときから
少し本腰を入れて日本語の勉強をはじめた
わが家のプチ妖怪3兄弟。
「あとでやるよ」といつも逃げる長男・盆栽とは対照的に、
日本のマンガを自力で読みたい次男の不死身龍や
囲碁と河童が頭のほとんどを占めるこがっぱは
意外にも積極的に自習をはじめたりして驚きでした。

特にこがっぱは東京のお寿司屋さんの看板を読んで
私の知人にたいそうほめられて
しっかりとお寿司をごちそうになったのに味をしめたか、
学校から帰るとサロンで仕事をしてる私をつかまえては
楽しそうに日本語学習のコーチを強要します。

「おぉんがぁくぅのぉじかんっにっ
ハモニカを、、、ふいたぁ♪」
ひらがなの文章を読ませると
まるで詩吟のような独特のこぶしをきかせる、こがっぱ。
私は笑いをこらえるのに必死ですが、
こがっぱは真剣な表情。笑うわけにはいきません。

ある日のこと、こがっぱが漢字の読みを
独自の方法で覚えようとしていたので、
私はビックリしました。

これ(白)は何て読む?

「しろ、、、ブラン、、、」

これ(赤)は?

「あか、、、ルージュ、、、」

誰が教えたわけでもないのに、
日本語を読んだ後にフランス語をあてはめて
意味を理解しながら覚えようとする、こがっぱ。
こうしてどんどん吸収しながら成長していくのね、、、
私はちょっと感動したような気持ちになりました。

こうなったら私も片手間ではできません。
真剣なこがっぱに、真剣につきあうぞと決心しました。

じゃあこれ(小)はわかるかな?

「んーと、、、ちいさい、、、プチ、、、」

それじゃ、、、これ(川)は?

「、、、かわ、、、かっぱ」

、、、へ?
こがっぱ、いま、なんていったの?

「かわ! かっぱ!

、、、それじゃ、、、これ(水)は?

「みず、、、かっぱのおさら!

ほこらしげに、、、にやにやにや。。。
何かにつけて河童に落とし込みたい、こがっぱ。
読みもできてるし意味もそこはかとなく理解してるようだけど、
一抹の不安が頭をよぎる初夏のパリの昼下がりでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 08:08 | コメント(4)| トラックバック(0)

☆めめ☆

meme

わがプチ妖怪屋敷、いつもの朝の洗面所。
今日も脱衣所の台の上に、
こがっぱの給食カードが置いてあります。

あれ以来、本当に肌身離さずつけているのねぇ。。。
でもそれはイエローカードをもらったからではなく、
きっと好きでつけているのに違いないわ。

、、、えええーっ!
こりはいったい、、、どうしたこと???

巨大めめ!

そういえば数日前、私がケータイにでも貼ろうかと
東京で買ってきた目のシールを
しげしげにやにや欲しそうに眺めていたこがっぱに
好きなところに貼りなさいな」とあげたのだけど。。。

こがっぱ、、、
生まれたときから見てる私にはよーくわかるのだけど、
あなたのことだから間違いなく
これはけっしてウケ狙いでしたことじゃなくて、
本当にあなたの「好きなところ」なのよね。。。

、、、でもこれ、考えてみたら、
学校のコントロールで給食の係の人とかに毎日見せる
IDカードなんじゃなかったかしら?
日記 | 投稿者 dr.mana 05:22 | コメント(11)| トラックバック(0)

続☆ダブル・アタリ

midori-iro

イースターの休暇に入ってることもあって、
私の仕事のスケジュールを合わせ、
久々にプチ妖怪3人も日本に帰ることになりました。

12時間の飛行を終え、ふたりのお兄ちゃんと一緒に
懐かしい日本の地に降り立った、こがっぱ。
嬉しいはずだろうに、、、
なぜだか、うつむいています。
 
「き、、、きもちわるい、、、」

こがっぱ。きっと乗り物酔いしたのね。
だけど、、、あなた、顔が、、、顔が、、、
真っ青じゃなくて、、、
緑色になっているわよ!?

乗り物酔いして、どうして緑色???
やっぱりこの子、ほんとにかっぱなのかしら???

迎えに着てくれた知人のクルマに乗って
ようやく都内に到着。

おりしも雨が降ってきたので、
レストランで休憩したあと、
3人に折りたたみの傘を渡します。
すると、、、

「あーーーーーー!! ママ、傘が、、、傘が、、、」

ふと振り返ると、こがっぱの傘だけが、
絵に描いたような見事なおちょこになっています。

ふたりのお兄ちゃん達の
「だっせーーーー!」の声をバックに
「うわーーーーー」と声をあげながら、
風にあおられてそのままくるくると2回転。
おちょこになった傘をなおそうともがくほどに、
ますます正しい傘のカタチからははずれていきます。
ようやく傘らしくなったときには、
まるで陸にあがったばかりの河童のように
全身しっとりと濡れてます。

こがっぱにとってはながーーーい、
まさにダブル・アタリの1日でありました。

、、、それにしてもこがっぱってば、どこの国にいても、
どうしてこんなにマンガみたいなのかしら、、、???
日記 | 投稿者 dr.mana 01:11 | コメント(17)| トラックバック(0)

妖怪アンテナ☆

youkai01

幼い頃にフランスにわたったわが家のプチ妖怪たち。
彼らはパリっ子と変わらない環境で日常生活を送り、
パリっ子と変わらない環境で学校に通い、
メンタリティも話す言葉もまるっきりフランス人と一緒。
基本的な日常会話はすべてフランス語だから、
日本語は少しずつあやしくなってきています。

けれど、せっかく日本人として生まれたのだから
日本語もしっかり話せるべきだという思いもあって、
私はプチ妖怪たちとは日本語で会話をし、
彼らができる限り日本語を使わざるを得ない環境を
つくるようにしているのでした。

ある日、ふと思い立った私は、
河童ラヴなこがっぱが
いったいどこまで河童について知ってるのか、
訊ねてみることにしました。

ねえねえ、こがっぱ、
河童って、おばけなの?

「ううん。ちがうよ」
自信満々に首を横に振る、こがっぱ。

それじゃ、ゴースト?

「ううん。ぜんぜんちがう」
またまた首を横に振る、こがっぱ。

そしたら、ファントムかしら?

「ううん。ちがうってば」
やっぱり首を横に振る、こがっぱ。

ならば、、、宇宙人なのかな?

「ううん。ママ、わかってないね
ブンブンと首を横に振る、こがっぱ。

じゃぁ河童って、、、妖精?

「うんうん!! そうそう」
満足げにコクコクとうなづいてる、こがっぱ。

えー? ほんと?
森の中やお花畑をひらひら飛んでいる妖精?

「、、、、、」
なぜだか眉間に皺をよせる、こがっぱ。

私は妖精じゃなくて、妖怪かと思ってたわ。

「、、、、、」
ハッと気がついたような表情を一瞬だけ浮かべ、
それでも強引に河童の腕をひらひらさせている、こがっぱ。

こがっぱ、、、妖精と妖怪を間違えたのね。。。
ひっこみつかなくなったんだわ。。。

「妖精、、、かっぱかわいいし、、、」
とってつけたようなことをいうこがっぱの頭には、
寝ぐせにも似た妖怪アンテナが無数にたっていたのでした。
日記 | 投稿者 dr.mana 01:13 | コメント(5)| トラックバック(0)

ディフェンスこがっぱ☆

defense

きっと日本でも報道されてることかと思いますが、
フランスでは今、雇用問題を巡って若者達が燃えています。
わがプチ妖怪屋敷は学生街のど真ん中。
歩いていける生活圏内のようなエリアで
ショーウインドウが割られている商店や
閉鎖されたブティックなどを目撃したりしてました。

全国的デモ決行予告あり、のその日、、、
もちろん妖怪たちのアジトにも厳戒令がしかれます。

「でも、どうしても明日の授業のために
僕は本屋に行かなくちゃいけないんだ」
こがっぱは主張します。

だめよーー。
巻き込まれたらどうするの?
石や人が飛んでくるって話なんだから。

私の顔をじーっと見つめて何かを考えてる様子の、こがっぱ。
おとなしく部屋に戻っていったと思ったら、
しばらくごそごそして、再びサロンに戻ってきた気配。

「ねえねえ、ママ。
 準備をしたから後ろのチャックしめて」

背後からの声に私が振り返ると、、、

、、、はぁ

ジャケットを後ろ前に着て、
兄・盆栽のサッカー用サポーターをなぜか腕につけ、
かなり満足気に、にやにやとポーズをとってます。
なんだかおなかのあたりが、ふくらんでたりもします。

「おなかにクッションをひとつ入れてるんだよ。
 これでかんぺき☆」

その姿のあまりのおかしさに笑いそうになりながらも、
私はさらにたしなめます。

ねえねえ、そんな格好してると目立つし、
デモ隊の仲間だと思われるかも知れないわよ。
ポリスからも目をつけられて逮捕されちゃうかも。
こがっぱ、それでもいいの?

うんうんと首を縦にふる、こがっぱ。

この瞬間に、私はすべてを察しました。
こがっぱ、、、
野次馬根性で見物しにいきたいだけなのね。。。

けれど、彼の望みが叶えられることはありませんでした。
ディフェンス姿をかためたこがっぱは、
ふたりのお兄ちゃん達にみつかって、
ボクシングのスパーリング相手にされてしまったのです。
もちろん、ほとんど打たれる専門の。
とても、でかけるどころではありません。
日記 | 投稿者 dr.mana 21:38 | コメント(8)| トラックバック(0)

C'est Parfait !!(=これでかんぺき!)

kanpeki

☆その1

もらいものが重なるときってありますよね?
その週のこがっぱがそうでした。
日本から、腕時計の贈り物。

「いつもかっぱ♪
 かわいいかっぱ♪」

まるでテーマソングのような自作の唄が聞こえて、
こがっぱ、ご機嫌で登場。

ふと見ると、左腕に腕時計がふたつ。
なんだか重そうです。。。

「ねえねえ、こがっぱ。。。
 どうしてふたつ並べてしてるの?
 重くない?」

「こっちは防水、
 こっちはデザインが気にいったんだ。
 ふたつともしていれば、
 これでかんぺき☆」


☆その2

近所の路地にある小物屋さん。
置いてあるモノがかわいいので
私は時間があるといつも覗いています。

ある日、こがっぱと一緒に入ってみました。
ちょうど欲しかった手袋があります。
ひとつは黒にシルバーの模様。
もうひとつは同じデザインで黒にゴールドの模様。

「んーーーーーどっちにしようかな、、、」
こがっぱ、にやにやにや。

「ねぇ、どっちがママに似合うと思う??」

即座に右手に右手用シルバー片方、
左手に左手用ゴールド片方のそれをもち、、、

「こっちひとつとこっちひとつで、、、
 これでかんぺき☆」
日記 | 投稿者 dr.mana 23:40 | コメント(8)| トラックバック(0)

科学者☆こがっぱ

boul

かのアイザック・ニュートンが、
リンゴが木から落ちるのを見て『万有引力の法則』を
発見したという逸話は世界的に有名だ。
その話を広めたのはフランスの著名な哲学者であった
ヴォルテールだといわれているけれど、
その後になって生まれてきた様々な説の中には、
ニュートンが自分の発想を確かめるために
枝をつついて何度もリンゴを落としては考え込む姿を見て、
事情を知らない近所の人が「バカじゃないの?」と
嘲笑していたという本当が嘘か判らないような話もあり、
私は幼い頃、「おもしろいなぁ」と思ったものだった。

ある日の夕方、キッチンにやってきたこがっぱは、
おもむろに朝食のケロッグス用のボウルを取り出すと、
そこにお湯をなみなみ注いだ。

そして冷凍庫を開けて氷をひとつ入れると、
指でかき回し始めたのだった。
溶けていく氷、、、

、、、??
学校の理科の授業で何か習ったのかしら。

さらにまたひとつ氷を追加。
ゆびでくるくるくる、、、
こがっぱ、一人でにやにやにや。

そしてさらにまたひとつ氷を追加。
ゆびでくるくるくる、、、
こがっぱ、さらににやにやにや。

いったい何を考えてるのか、
こがっぱは何度も同じことを繰り返す。

ずいぶん冷たくなってきたんじゃないかしら、、、
こがっぱ、何をどうしたいのかな?

その時であった。

こがっぱは、いきなり前のめりになると、
無言でパシャッとボウルに顔をつけたのだ。

!?

「ぷはーーーーーーー!!」

数秒後に満足気な表情で顔をあげた、こがっぱ。

「あれ? 前髪がぬれちゃった」

こがっぱはひとことそういうと、
あっけにとられて見ている私なんかおかまいなしで、
いそいそと洗面所に向かっていったのだった。

、、、こがっぱ。
きっと顔の皮膚で温度の変化を感じ取りたかったのね。

こがっぱがアインシュタインのような科学者になりたい
という希望を持ってることを、私はよく知っている。
偉大な科学者になるためには、時にとっぴすぎて、
凡人には理解不能な実験も必要なのかも知れない。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 07:32 | コメント(7)| トラックバック(0)

こがっぱのお気に入り☆

funny-car

ある時、サロンでiMacに向かっていたこがっぱが、

「ママ、ネットの調子どうぉ??
 おもしろサイト見つけたから送るね」

と、妙にはずんだ声でいう。
こがっぱ、うれしそうにニヤニヤ。

私は経験で知っている。
こがっぱが果てしなく楽しそうな表情を浮かべてる、
しかも上目遣いに私を見る、
こういうシチュエーションでは、注意しなくてはいけない。

ほどなくしてすぐ隣にいるこがっぱ、
例のnaruto-man@le.boss.xxのアドレスから、、、
とあるHPのURLをメイルしてきた。
少しひるみながらそのHPにアクセスしてみると、、、

、、、???
、、、!!!!!!!!

私が呆然と固まっているのを
「なぜ?」というような意外そうな表情で眺めながら、
画面と一緒に声高らかに唱ってる、こがっぱ。

「Ahahahahahahaha♪」

「なぜ?」と問いたいのはこっちのほうだわ。
きっと今夜は眠れない、、、

そのHPはこちらですわ。

注1:Macの場合はサファリではなく
 エクスプローラーで開いてください。
注2:オフィスでクリックするときはボリュームにご注意を☆
注3:破壊的ではありますが、ウィルスではありません。
注4:フランス語でいろいろ尋ねられますが選択肢はありません。
 とにかく飽きるほどクリックしてください。

日記 | 投稿者 dr.mana 19:17 | コメント(9)| トラックバック(0)

もうひとつの迷作☆

tasto002

こがっぱは、、、
実は不条理かっぱ囲碁マンガのほかにも、
兄である“不死身龍”の要望(命令?)で
描いたと思われる
もうひとつのマンガの作者でもある。

ぱらぱらとめくってみる。
、、、ふぅーーーん。
チョコボールに手足が生えたような
ちょっとかわいらしいキャラが、
どういうわけか刀をさしている。
随分コマ割が細かいわねぇーーー。
ほっほぉーー。
これはコンバットものなんだわーー。

そして最後まで読み終えてページを閉じた私は、
最初のページのスミに、、、
スタッフ・クレジットを見つけた。

脚本:Kei
編集:Kei
作画:Kei
by:Kei
協力:Yu

脚本も編集も作画も協力も、、、まぁわかるわ。
でも、ねえねえ、、、こがっぱ。
『by kei』っていったい、、、、???
日記 | 投稿者 dr.mana 08:05 | コメント(8)| トラックバック(0)

続☆Bossになりたい

kogappunch

ある夕方、iMacのデスクトップ上に置いた
『kei le Boss』のフォルダの中を整理をしている、
こがっぱがいた。

そこにはfreeで獲得した、
こがっぱのメルアド一覧があった。

kappamus@xxxxxx.xxx
keikappa@xxxxx.xx
kappados@xxxxxxx.xx.xx

こがっぱたら、こんなにたくさん作っちゃって。
ちゃんと管理できているのかしら、、、
しかも、、、ぜんぶ“かっぱ”モノ。。。

にやにやしている、こがっぱ。

その中に、私は見つけてしまった。

その名も、、、

naruto-man@le.boss.xx

鳴門男@ザ・ボス. xx!!!!!

naruto-manっていうのはこがっぱの好きな
人気マンガにちなんだものなのは想像できるけど、
その字ヅラだけ見たらかなり男らしいわ。

やっぱり男らしいBossになりたいのね、こがっぱ。。。

そして、ついついさっきのこと。

珍しく上のお兄ちゃんふたり、
日夜抗争を繰り広げてる盆栽と不死身龍が
仲良くつるんで奥の院でゴソゴソモソモソ。
しばらくすると、盆栽のアジトでもある
メインのコドモ妖怪部屋から
聞き慣れた音が聞こえてくる。

パスパスパスパス♪

ん? これは、、、
パンチングボールの音だわ、、、?
盆栽と不死身龍はずっと奥の院のはずなのに
おかしいわね、、、?

ドアをあけてそーーーっと様子をうかがうと、、、

「えーーーーい!」
「とりゃーーーー!」

かけ声は立派なのに
パンチはパスパス♪ と軽いこがっぱ。

碁にばっかり興味あるように見せかけて、、、
ケンカに強いお兄ちゃん達がいないのを見計らって
パンチングボール相手に戦うお稽古。

やっぱり強いBossになりたいのね、こがっぱ。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 09:24 | コメント(9)| トラックバック(0)

パンチ☆ ……ングボールがやって来た日

ball

長男の盆栽と次男の不死身龍、
そしてこがっぱが日夜繰り広げる
ケンカの打開策として、
経験者から教えてもらったのが、、、

パンチングボール♪

なんでも思春期の男の子のありあまるエネルギーを
昇華(消化)させるのにいいらしい。

それが、わがコドモ妖怪屋敷に届いた日。。。

なんだかおとぼけなその風貌。
こんなんで果たしてケンカ解消という
壮大な目的が叶うのかしら、、、?

いえいえ、信じることが大切だわ。

盆栽と龍は、、、さっそく
子供部屋に設置したパンチングボールに
奇声をあげながら夢中になっている、、、

、、、あれ? こがっぱは???
さっきまでここにいたのに、、、
どこにいったのかしら?

こがっぱはそんなお兄ちゃんたちと
パンチングボールなんかには見むきもせず、
ひとり、サロンの床に座っていた。

静かに、そして真剣なまなざしで、
“ひとり囲碁”に没頭している。

この落ち着きっぷり、、、この背中とこの手つき、、、
やっぱりどうみても囲碁じいさんだわ。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 23:29 | コメント(8)| トラックバック(0)

☆水やりこがっぱ☆

mizuyari

朝、サロンのベランダにあるお花のお水やりを
こがっぱに頼みました。

ふんふんふん♪

鼻歌を歌いながら、、、
窓をあけてひとつひとつのお花に水をあげている、こがっぱ。

ふんふんふん♪

なぜだかご機嫌な、こがっぱ。
ひととおりお花にお水がいきわたったのか、
なぜだかうれしそうに、キッチンに向かっていきます。

ふんふんふん♪

ふと見ると、サロンのテーブルに
新顔のぬいぐるみ、kappadosが。。。
こがっぱもさっきまで
「ちょっとぶちゃいく、だけどkawaii」って
にやにやながめてたっけ。

ん? kappadosのすぐ横に水滴が、、、

、、、???

、、、もしや!!!

kappadosのやわらかなお皿は、、、
水でしっとり濡れてました。
日記 | 投稿者 dr.mana 21:33 | コメント(10)| トラックバック(0)

kappamanの謎☆

kappaman

こがっぱ作の例の不条理マンガには、
主人公のkeikappaとkappamusのほかに
何匹(何人?)かの河童が登場する。
それぞれそれなりに個性が強いのだけど、
中でもダントツなのは『kappaman』。

妖怪動物界囲碁会では、kappamanは
kappamusの最強のライバルという設定。
でもkappamusの囲碁祝賀会ぱーちぃには、
サプライズでかけつけるなどの
お茶目なところもあるようだ。

彼はマントを羽織るとジェット機並の速さで
空を飛ぶことができるそう。
superkappaman!
また、彼はちょっとニヒルな
白目がちな目の持ち主。

そしてさらなる特徴は
“ひな頭”であるということ。
普段はお皿で隠れてるけど、
それをとるとぽしゃぽしゃのひな頭が表れる。

「、、、ん? ねえねえ、こがっぱ。
 どうしてお皿がとれるわけ?? 河童なのに、、、」
「あのね、これはベレー帽なの

そうか、、、だからほかの河童達に比べて
お皿が盛り上がっていたわけね。
って、、、お皿じゃなくてベレー帽!?
河童がなぜお皿の代わりにベレー帽を、、、???

うーん。。。。
想像を絶する。こがっぱの頭の中。
私ももういいかげん慣れなくちゃだわ。
日記 | 投稿者 dr.mana 13:03 | コメント(5)| トラックバック(0)

こがっぱの語学力☆

7-3wake

こがっぱの最近のお楽しみ。
みなさんからいただいたコメントにお返事すること。
のんきな表情で、うれしそうににやにや笑いながら
キーボードをちゃかちゃか。。。

ところが先日、
こがっぱのあるコメントを見て
あまりの驚きに目をまんまるくした。

『ぼくはフランス語と日本語とイタリア語と
英語と河童語を話すんだ』

!!!
こがっぱったら、、、
挨拶くらいができればそれはもうその言語を話せる、
と思っているのに違いないわ。

それにしても
、、、河童語???
それはいったいどんな言葉?

でも、もうこればっかりはしょうがない。
私もいいかげん慣れなくちゃいけないわね。

そういえば、こがっぱ。
学校でちゃんと英語を習いはじめて、少なくとも2年。
わずか11歳で髪をピチッと7:3に分けた
英国貴族の留学生、エドワードともなかよしになったし、
去年の夏にはロンドン郊外で3週間ホームステイもしたっけ。
いったい、どれくらい英語ができるようになったのかしら、、、?

私は思いたって、
彼のアドレスに短いメイルを送ってみましたの。

Hello !
How are you ?

そして翌日、
こがっぱメイルのお返事が、、、

> Hello !
> How are you ?
I'm think, and you ?

あいむしんく、あんどゆぅ???

はぁぁぁーーーーーーーーーーー。
こがっぱ。。。

髪型だけエドワードのまねしても
ダメなんだってば、、、
日記 | 投稿者 dr.mana 02:59 | コメント(7)| トラックバック(0)

こがっぱオヤヂ☆

mimisen

ひとつ上の兄、
自称『不死身龍』ことdragonと一緒に
通称・奥の院に寝る、こがっぱ。
夜も更けて、そろそろ就寝の時刻の頃、、、
しゃがれてひくい歌声が聞こえてきた。

ん??
これはdragonの声だわ。
そろそろ遅い時間だし、注意しなくちゃ。

さっそく奥の院に向かった私。

扉をあけて、、、
いっちゃん先に目にはいってきた光景に固まった。

お兄ちゃんのベットの上で、
どこから見つけてきたのか
アイマスクと耳栓をして眠っている、こがっぱ。
しかもアイマスクが大きすぎて、
鼻栓になっている。

dragonの歌がうるさかったのねーーー。
でもさーーー。
こういうのって、、、
おじさんとかがするものじゃない??

この歳の男の子なら、
普通はかっこ悪くて使えないって思うはずよね。
なのにためらいなしにあっさり使っちゃう、こがっぱ。
わらける、、、

若干11歳。なのに、、、
オヤヂへの道一直線のこがっぱであった。
日記 | 投稿者 dr.mana 02:26 | コメント(4)| トラックバック(0)

河童の念仏踊り☆

odori001.jpg


ある時、サロンで仕事をしていると
廊下からなんだかどこかで
聞いたような音が近づいてくる。

シャンシャンシャンシャン♪

とんとんと、部屋の扉をたたく音。

続いて、こがっぱが両手を上にあげて
くるくる回りながら登場。

私の、、、オリエンタルダンス用の
音のなるフードを首に巻いて、
踊っている、こがっぱ、、、

あまりのことに呆然と固まっている私を
横目に見つつ、無言のまま、
またくるくる回りながら去っていった。

シャンシャンシャンシャン♪

、、、???
いったいなんだったのかしら。。。

そして先日、iMacでゲームをしながら、
私のふわふわマフラーを見つけた、こがっぱ。

いきなりそれをくるくる巻いて、
無言のまま回転椅子の上で両手をあげて踊り出した。
まるで河童の念仏踊り。。。

くせになったら困るので知らんぷりをしていたら、
私が見ていても見ていなくてもおかまいなしに、
いつまでも踊り続けてる。

、、、もしかしたら、
河童の世界の何かの宗教儀式なのかしら?
日記 | 投稿者 dr.mana 07:44 | コメント(6)| トラックバック(0)

il fait nuit !!(=もう、よる、だよん!)

kin-chan-band

さて、この写真は、、、
こがっぱ作の河童マンガの、とある1ページである。

いつものことだけど、私は思わずのけぞった。

こんなギャグ、フランスでは絶対に見ない。
まったく聞かない。
とてもじゃないけどありえない。

今となっては日本にだってない!!
きっと昭和40年代か50年代で終わってる。

さしずめ、、、
「きん、ちゃん、ばんど!」
「なんでそーなるの?」
「とびます・とびます・とびます!」

ご存じの方、
どのくらいいらっしゃるのかしら。。。

2歳半で日本を離れ、若干11歳の在仏こがっぱは、、、
いったいぜんたいいつどこで、
欽ちゃん系の古いギャグを知ったのか、、、?
おまけに最後のコマの甲羅には
どことなく哀愁すら漂ってるし。。。

謎が謎よぶ
「もう、よる、だよん!」
日記 | 投稿者 dr.mana 08:56 | コメント(7)| トラックバック(0)

ライバルあらわる☆

indian-pig

ある時、上から順に
盆栽、龍、こがっぱの3兄弟が、
くちぐちに動物を飼いたいといってきた。

しばらくのあいだ考えた結果、
“こころ”を育てるのにもいいかな、、、と思い、
私は彼らの希望を条件つきで叶えることにした。

自分たちで何から何までちゃんと世話をすると
約束するのなら飼いましょ。

で何にするの? ねこ? うさぎ? それともインコ?

「ううん、インドぶた」

いんどぶた、、、???
「ほら、いるでしょ。毛がいっぱいはえてるの」
「ちっちゃくて、まるいんだ。わかんないかなぁ」
、、、わかりません。

ペット屋にいくまで、奇々怪々いろんな動物の姿を、
思春期をむかえた上ふたりの表現力に不安をおぼえつつ、
いろいろ想像したのだった。

仏名インドぶた。
実はモルモットのことである。

さて、晴れてわがコドモ妖怪屋敷の住人となったインドぶた。
そこから先は話題をひとりじめ。

「名前はRonyにしよう」
「あーーー食べてる食べてるーー」
「おうちをつくってあげなくちゃ」
「ハンモックつくったら、のるかなーー??」
「ほんとにかわいーーー」
「ここの毛がかわいーーー」

声変わり中の低いしゃがれた声で、
「kawaii」「kawaii」を連発の兄たち。。。
それにまざって、こがっぱの言葉も聞こえてくる。

「かわいぃ??」

そりゃかわいいに決まってるじゃない。
インドぶたって聞いたときにはどうなるかと思ったけど、
この姿を見ちゃったら誰でもかわいいと思うわよ。
こがっぱもそう思うでしょ?

「かわいぃ? かっぱかわいぃ?」

私は耳をうたがった。
こがっぱ、あなた、、、
インドぶたをライバルだと思ってるのね。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 19:06 | コメント(15)| トラックバック(0)

ダブル・アタリ☆

double-atari

こがっぱの描く、河童マンガ、、、

今後、少しずつ
そのベールがはがされていくことになる、
この秘蔵のマンガは、、、

主人公は「フランス在住の河童、しかも中学一年生」で、
どういうわけか「囲碁の天才」。
河童と人間の美しい(? うぷぷ)友情物語(? きゃはは)、
そしてそれに並行して進むフランスと日本にまたがる
インターナショナル(?)な囲碁対戦の展開は、
ちょっとありえないほどの不条理に満ちていて、
こがっぱ自身は真剣に描いてるみたいだけど、
ページをめくるたびに読み手の空気がぶしゅっと抜ける脱力系。
でも、いったいどこでマンガの描き方を覚えたのか、
コマ割りや絵の配置、場面展開、芸の細かさなどには、
ちょっと非凡なモノがある……と思うのは気のせい……だわね。
こがっぱ、天才と紙一重かも。。。

その壮大なストーリー展開の中で、
河童と人間と類別不可能な動物がごちゃまぜの
「囲碁国際トーナメント大会」が
スタジアム(!)のような会場で行われるシーンがあって、
私はそこに描かれる真剣☆囲碁決戦の中で、
フランス語のセリフに混じったこんなコトバを発見した。

『ATARI !!』

、、、アタリ? なにこれ、こがっぱ?
「相手の石を取るときのコトバなんだよ」
、、、ふぅん。そんなのあるんだーーー。

そして再びマンガに目を戻し、次の瞬間、
、、、ん? 、、、こっこりはいったい?
私はおもわずのけぞった。

『DOUBLE ATARI !!』

妙ちきりんな日本語とフランス語のちゃんぽんに
私がすっかり脱力していると、、、
「これはふたつ石を取るときのコトバだよ」と、
ニヤニヤしながらヤケに誇らしげな、こがっぱ。。。

その瞬間、私はあることを思い出した。
あれは先日、私の両親が1ヶ月ほどパリに滞在し、
いよいよ帰国が迫ったときのこと。

私の母「ちょうどお洋服や靴のセールをやってるから、
 みんなに買ってあげるわね。みんな、何が欲しい?」
長男「僕はシャツとズボン」
次男「僕は靴が欲しい」
こがっぱ「、、、、、、、、、、、ゲーム」
私の母「はい。じゃ、keikappaはお留守番ね」

「買ってもらえない」うえに「お留守番」。
これってまさに『ダブル・アタリ』だわ。
思い出してみれば、こがっぱ、そんなことばかり。

世の中の道理と並行して違う道に生きるのは、
想像するより大変なことなのね。

強く生きるのよ、こがっぱ。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 14:52 | コメント(12)| トラックバック(0)

かっぱめし☆

kappameshi

ある日の夕食のこんだては、
パリでは貴重なニッポンの味。
牛の生姜焼き丼に
たまねぎとおじゃがのおみそ汁☆

「おいしい、おいしい」と生姜焼き丼だけぱくぱく
くち(くちばし?)に運んでいる、こがっぱ。

「keikappa、おみそ汁もおいしいから
一緒にいただきなさいね」と私がいうと、
にこにこにっこりうなづいて、、、

いきなりおみそ汁を牛丼の中に全部ぶっこんだこがっぱ!!!
まさにあっという間の出来事。

あまりのことに呆然とかたまってる私の前で
平然と究極のねこまんまならぬ
こがっぱまんまを「おいしい、おいしい」と食べている。

こがっぱ、、、
あなたの味覚ってどうなってるの?
日記 | 投稿者 dr.mana 08:44 | コメント(18)| トラックバック(0)

kei le Boss=Kei the Boss

boss01


お台所にいるとマメにやってくる、こがっぱ。
いそいそとサンドウィッチを作っている。
この子やるじゃん、、、と思ったら、
それをふたりのお兄ちゃんに献上しに、、、

サロンで仕事をしているとよく顔をだす、こがっぱ。
「ママ、お兄ちゃんが白い紙、欲しいって」
やっぱり今日も伝言パシリ役、、、

新品を買ってもらったわけでもないのに
一番の衣装持ちの、こがっぱ。
お兄ちゃんたちのおさがりを床に並べて、
選ぶのはいつも、、、あり得ない組み合わせ。

ある日、私は
こがっぱに譲ったiMacのデスクトップ上に
みなれないフォルダを見つけた。

そのタイトルは、、、
『kei le Boss』。

。。。
そっかぁ、こがっぱ、、、
きみはBossになりたいんだね。。。。
日記 | 投稿者 dr.mana 22:29 | コメント(7)| トラックバック(0)

囲碁じいさん☆

igo-kappa


ある朝、東京に住む母が
興奮して国際電話をしてきました。

「このまえ滞在してた時に
Keiの傑作写真が撮れたから
今度送るわねぇ。
本因坊の貫禄があるわよ」
「、、、??」

百聞は一見にしかず。。。
後日送られてきた写真を見て、
私はある事実をはっきり悟りました。

時としてこがっぱが背中をかがめて
手を腰の後ろのあたりに組むという、
パリではまず見かけないスタイルで
歩いているわけがわかったのです。

その碁盤をみる目つき、
あごの突き出し方、
にやけた不敵な口元、
余裕しゃくしゃくに垂れた手首、
慣れたふうにあぐらをかいて、、、
なにより11歳とは思えない
それらしくまるまった背中、、、

このこがっぱには、『光の碁』の
藤原佐為(ふじわらのさい)ならぬ、
囲碁じいさんがのりうつっているに違いないわ!!
日記 | 投稿者 dr.mana 09:17 | コメント(11)| トラックバック(0)

『シャンソン☆かっぱ』 by keikappa

chanson

ある時、それまでおとなしく
ノートになにかを書いていたと思ったら、
いきなり妙なふしまわしで
聞いたことのない歌を唄い出した、こがっぱ。

いったいなにかしら? と思ってたら、
ちょっと誇らしげにノートを見せようとする。
そこには“CHANSON KAPPA”
(=河童の唄)という題名で、
こんな歌詞が書かれていた。

 『かっぱ かっぱ いつもかっぱ♪
  かっぱ かっぱ かわいいかっぱ♪
  かっぱ かっぱ うれしいかっぱ♪
  かっぱ かっぱ おとぼけかっぱ♪

  かっぱかっぱむーす♪
  かっぱかっぱむーす♪
  かっぱ♪ KEI !』

ある時、スポーツ用品店で、
イタリアのブランド“KAPPA”の
バスケットシューズを見つけて、
買ってもらうことに成功した、こがっぱ。
一日中、にやにやにや。

そこで二番。

 『かっぱ かっぱ あさもかっぱ♪
  かっぱ かっぱ ひるもかっぱ♪
  かっぱ かっぱ よるもかっぱ♪
  かっぱ かっぱ くつもかっぱ♪

  かっぱかっぱむーす♪
  かっぱかっぱむーす♪
  かっぱ♪ KEI !』
日記 | 投稿者 dr.mana 13:53 | コメント(13)| トラックバック(0)

第十惑星

futa


朝元気よく
「いってきまーーーっす」と、こがっぱ。
足取り妙に軽快、、、

「あれ? こがっぱ、カバンは?」



土曜午後元気よく
「碁会所にいってきまーーす」と、こがっぱ。
なんだか背中が重そう、、、

「あれ? こがっぱ、学校のカバンしょってくの??」



くるくる回る洗濯機の前でたちつくす、こがっぱ。
「お財布、、、また、とるの忘れた、、、、、」



ゴミ捨てを頼めば、
そのまま学校までもっていくこともたびたびのこがっぱ。



「でか頭、、、」
河童のぬいぐるみにつぶやく、こがっぱ。
毎朝夕、どこで覚えたか小顔マッサージを施して
見事顔やせを成功させた、エステティシャンこがっぱ。


とにかく一緒に暮らしててもびっくりするくらいのおとぼけぶり。
いったい誰に似たのかしら、、、?
フランスではこういう人を比喩する時に
「彼は月に生きているから、、、」と
ちょっとロマンチックな言い回しがあったりするわけ。

こがっぱの場合はもっと遠く、冥王星の遙かその先、
「彼は第十惑星に生きているから、、、」に違いないわ。
日記 | 投稿者 dr.mana 19:25 | コメント(8)| トラックバック(0)

こがっぱ、イエローカードをもらう☆

id-card


ある日、学校から書類が届きましたの。

なになに?
『厳重注意勧告。イエローカード。
(!!!???)
Keiとその両親に告ぐ。
一学期間に、
給食カード(家に戻ってお昼を食べる生徒もいるため、
給食用カフェテリアでの認識用カードの事)の携帯不備6回。
今後は家庭でも要注意。
新学期は観察期間とする。』

観察期間? ぶわっっはっはっ。
学校からも観察されるこがっぱ!
なんて……、
笑っている場合じゃないわ。
給食カードごときで
私まで罰せられたらたまらん。
何が何でもこがっぱが
カード忘れるのを阻止しなくちゃ。

そこで考えたのが『首からIDカード』。

それにしても、
「給食カード」を得意げに下げ、
テレビ局のちびディレクター気取りのこがっぱ。

だめだめじゃーーん、
に気付かず、
友人たちにきっと自慢するに違いないわ。
日記 | 投稿者 dr.mana 08:57 | コメント(11)| トラックバック(0)

これが『こがっぱ』です

myroom


このブログの第1回目をアップするにあたって、
まずは観察対象である『こがっぱ』を
紹介しておかなければならないと思います。

ある寒い冬の朝。彼をおこしにいったときの事。
私はその光景のあまりの異様さに思わずたちすくみ、
しばし我を忘れたように見入ってしまい、
はたと気づいて踵を返して、
デジカメ持参で再登場。

こんなおかしなものを見過ごすわけにはいきません。

彼はなぜか自分のベッドではなく、
彼の兄のベッドと中庭に面した窓の隙間にある、
パリのアパルトマンではごく一般的な集中暖房の
幅30cmほどの温水パイプの上で、
器用にバランスをとりながら横たわっていました。

かたわらの窓の夜半過ぎの冷気がつらかったのか、
しっかと兄の掛け布団を横取りして。
そしたら今度は集中暖房の温水パイプの暑さにやられて、
きっとのぼせ上がったのでしょう。

……1回目が覚めたのなら、
どうして自分のベッドで眠らないのでしょうか、
このこがっぱったら。

やることなすこと不条理ばかり。
それがここに棲息する『こがっぱ』の最大の特徴です。

みなさん、どうかこの勇姿をとくと御覧ください。



日記 | 投稿者 dr.mana 02:15 | コメント(6)| トラックバック(0)
<<  2009年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近の記事
Twitterはじめ…
11/24 02:46
【観察人より】かっぱ…
11/01 04:49
おともだち☆
09/29 04:15
かっぱ作かっぱ☆
09/13 04:21
河童マスク☆
09/11 16:06
有田の久保田さん☆
09/07 00:56
月刊こがっぱ作品☆
09/01 02:35
こがっぱの日本滞在中…
08/15 01:15
鳥オルガン☆
07/21 02:28
かっぱのお皿ごはん☆
07/03 01:15
最近のコメント
かっぱ@ロスCAPP…
こがっぱ 02/08 09:39
南カリフォルニア在住…
かっぱ@ロス 02/08 02:42
しばらく更新してない…
みむ 12/28 15:21
twitterで#K…
こがっぱ 12/27 04:30
TJさんでは、今…
こがっぱ 11/25 00:32
Twitterでつぶ…
TJ 11/24 11:59
かっぱみたい。こ…
こがっぱ 11/11 05:04
まぎーさんへ…
こがっぱ 10/03 22:13
こがっぱくん。パ…
まぎー 10/03 20:16
TJのともだちは、へ…
TJ 09/30 02:18
ホビダス[趣味の総合サイト]